Facebook(集客)

Facebook広告のカルーセル広告とは?作成方法や運用のポイント

「Facebook広告を出稿したいけど、フォーマットはどれを選べばいいんだろう」
「よくおすすめされるカルーセル広告を使ってみたいな」

Facebook広告では、写真一枚だけの一般的なタイプからカルーセル広告のような特殊なタイプまでさまざまな広告フォーマットが利用できます。

写真やリンクを複数指定できる「カルーセル広告」はとくに人気な広告フォーマットの1つなので、気になっている運用担当者の方も多いでしょう。

ですが、いかに広告効果の優れたフォーマットといえど、出稿する広告に合っていなければコンバージョン発生につながりません。

そこで本記事では、カルーセル広告の概要や特徴、作成方法について解説します。

カルーセル広告の持つ広告効果を最大限利用し、あなたのビジネスを加速させましょう!

「カルーセル広告以外にもたくさんフォーマットがあるし、どれが最適かなんてわからない……」と不安を感じていませんか? もしお困りなら、Facebook広告の運用実績が豊富な弊社が広告運用をサポートします。少しでも興味のある方は、弊社の運用サービスの内容について紹介しているFacebook広告の運用サービスページをご覧ください。

カルーセル広告とは

カルーセル広告とは、1つの広告内で複数の画像・動画を表示できる形式(カルーセル形式)の広告フォーマットを指します。画像や動画を組み合わせて利用できるため、複数の商品・サービスを紹介するのに適しています。

カルーセル広告は、1つの画像のみを使用した従来タイプの画像広告と比較して広告効果が高いのが特徴的です。Facebookの公式記事によると、カルーセル広告を導入し、従来タイプの広告からコンバージョンやクリックの単価を50%以上カットできた企業もあるとのこと。

また、画像・動画一つ一つに違ったリンク先を指定できる点もカルーセル広告の大きな特徴です。

「ほかのフォーマットにはどんな特徴があるんだろう」と気になった方は、Facebook広告の種類について解説した以下の記事もあわせてお読みください。

Facebook広告10種類とその特徴を解説!

Facebookのカルーセル広告の配信先はどこか

Facebookのカルーセル広告では、下記8パターンの広告を出稿できます。

  1. Facebookニュースフィード
  2. Facebook Marketplace
  3. Facebook動画フィード
  4. Facebook右側広告枠
  5. Facebookストーリーズ
  6. Facebook検索結果
  7. Facebookインスタント記事
  8. Facebookインストリーム動画

※出典:Facebook公式ヘルプページ

カルーセル広告の作成時に選択した「目的」により、利用できる配信先は異なります。

たとえば、インストリーム動画は「コンバージョン」「アプリのインストール」などの目的で配信可能ですが、「トラフィック」「リーチ」などに設定すると配信できません。配信先をよく検討してから選びましょう。

Facebookのカルーセル広告の作成方法

Facebookのカルーセル広告を作る方法は、主に以下の2通りです。

  1. 広告マネージャを利用する方法
  2. Facebookページを利用する方法

本記事ではカルーセル広告を作成したことがない人向けに、広告マネージャを使った作成方法について紹介します。広告マネージャからは、下記の手順でカルーセル広告を出稿可能です。

  1. 広告マネージャにアクセスし、「作成」ボタンを押す
  2. カルーセル広告の出稿目的を選び、「次へ」ボタンを押す
  3. 「広告キャンペーン」内の「キャンペーン詳細」や「キャンペーン予算の最適化」などを任意で設定し、「次へ」ボタンを押す
  4. 「予算と掲載期間」や「配置」など「広告セット」内の設定を行い、「次へ」ボタンを押す
  5. 「広告」内の「広告に表示する名前」で任意のFacebookページを選ぶ
  6. 「広告設定」で「カルーセル」を選ぶ
  7. カルーセルカードの「画像」「見出し」「ウェブサイトのURL」などを設定する
  8. カルーセルカードを追加する場合は「+」ボタンを押し、同様に「画像」等を設定する
  9. プレビューを見て問題なければ「公開」ボタンを押し、広告を出稿する

カルーセルカードが表示される順番を固定したい場合は、「広告」内の「一番パフォーマンスが高いカードを自動的に最初に表示」機能を無効化してください。

上記の通り、カルーセル広告を作成する手順は、従来タイプと基本的に変わりません。通常の広告と大きく異なるのは、「広告設定」で「カルーセル」を選択する点、カルーセルカードごとに画像やリンク先の設定が必要な点です。

一般的なFacebook広告の作成方法については以下の記事で解説していますので、「一度もFacebook広告を出稿したことがない」という方はまずこちらをお読みください。

Facebook広告の使い方や出稿手順を5ステップで解説!初心者でも簡単

「どうしてもFacebookページから出稿したい! 」という場合は、下記のFacebook公式ヘルプページに詳細が記載されていますので参考にしてください。

ページからカルーセル広告を作成する(Facebook公式ヘルプページ)

Facebookのカルーセル広告のクリエイティブの仕様とは

Facebookのカルーセル広告として出稿できるクリエイティブの仕様について、Facebook公式から公開されている情報をもとに以下の表にまとめました。

カルーセル広告を作成する前に、あなたの作りたいクリエイティブがこちらの仕様に合っているか確認してみてください。

項目 仕様
カルーセルカードの最小数 2
カルーセルカードの最大数 10
アスペクト比の推奨値 1:1
比率許容誤差(アスペクト比) 3%(Facebookのみ)
解像度の推奨値 1080×1080ピクセル
対応ファイル形式(画像) JPG、PNG
最大ファイルサイズ(画像) 30MB
動画の長さ 240分以内(推奨:15秒)
対応ファイル形式(動画) 3G2、3GP、3GPP、ASF、AVI、DAT、DIVX、DV、F4V、FLV、GIF、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV、MP4、MPE、MPEG、MPEG4、MPG、MTS、NSV、OGM、OGV、QT、TOD、TS、VOB、WMV(推奨:GIF、MOV、MP4)
最大ファイルサイズ(動画) 4GB

※出典:Facebook公式ヘルプページ,動画フォーマット

上記はFacebook、Audience Network、Messengerの3媒体に出稿する場合の仕様です。Instagramに出稿する場合のみクリエイティブの仕様が異なりますので、Facebookとの同時出稿を検討しているのであれば注意しておきましょう。

カルーセル広告はどのような場面で有効か?

カルーセル広告の概要や特徴についてはすでにお伝えしましたが、「結局どんな場面で使えるの? 」と思った方もいるでしょう。

その疑問を解消するために、以下でカルーセル広告のおすすめ用途を3つ紹介します。

ケース1)複数のリンク先に誘導する

カルーセル広告では、作成したカルーセルカードごとに異なるリンク先を指定できます。そのため、複数の商品・サービスを一覧表示してそれぞれの購入ページに誘導するなど、カタログやショーケースのような使い方が可能です。

1つの商品・サービスに反応しなかったとしても別のもので興味を引けるため、幅広いユーザーにアプローチできます。

ケース2)商品・サービスを多角的に紹介する

カルーセル広告は複数のものだけではなく、1つの商品・サービスについて詳しく紹介する用途にも適しています

たとえば低価格・高品質・高機能という特徴を持つプリンターを宣伝する場合、従来タイプの広告ではいずれか1つのメリットのみを訴求に用いる場合が多いでしょう。

しかしカルーセル広告を用いると、1つ目のカルーセルカードでは低価格、2つ目では高品質を強調するなど、商品・サービスの訴求軸を同一の広告内で使い分けることが可能です。

ケース3)連続性・流れを作り出す

カルーセル広告では複数の画像・動画を1つの広告で使えるため、連続性や流れを作りだしてユーザーの興味を惹きつけられます

具体的には、ストーリー仕立てのカルーセル広告を作成してユーザーを感動させたり、商品・サービスの特徴とともに使い方を説明したりなどです。

Facebookでカルーセル広告を運用する際のポイント

ここまで読めば、Facebookのカルーセル広告がどんなものなのか、またどういった用途に適しているのかわかったはずです。

続いて、カルーセル広告を運用するにあたって意識すべきポイントを紹介します。

ポイント1)設定可能なすべての項目を活用する

Facebookのカルーセル広告では、最大10個まで使用できる画像・動画に加えて「説明」「コールトゥアクション」などさまざまな項目を設定可能です。

画像・動画など基本的な要素だけでなくほかの部分も適切に設定することで、コンバージョン率のさらなる改善につながるでしょう。

とくに「コールトゥアクション」はおろそかにしがちな項目ですので、商品の購入を勧める広告で「お問い合わせ」ボタンになっているなどの不備がないか確認が必要です。

ポイント2)反応率のよいカルーセルカードを利用する

ユーザーの反応率が抜きん出ているカルーセルカードがあれば、そちらを目立つ位置に表示させたり、逆に反応の悪いものを外したりしてみましょう。

広告マネージャで「一番パフォーマンスが高いカードを自動的に最初に表示」を有効化すると、パフォーマンスの優れたカルーセルカードが自動で1枚目に表示されます

ただし、勝手に表示順が変わってしまう仕様のため、商品・サービスの使い方説明など順番が大切な場合にはこの機能は使用できません。

ポイント3)カルーセルカードに合ったリンク先を設定する

カルーセル広告では複数のリンク先を指定できるため、カルーセルカードの内容に応じた適切なページにユーザーを誘導しましょう

冷蔵庫の画像を使用したカルーセルカードならその冷蔵庫の販売ページに誘導するなど、広告を見たユーザーにとって違和感のないページに設定しておくのが原則です。

上記の例で商品数が少ない場合、該当の冷蔵庫だけでなく取り扱っている冷蔵庫が一覧で表示されるカテゴリーページをリンク先に設定しても構いません。

「カルーセル広告をうまく活用したいけど、いいアイデアが思い浮かばない」という場合には、一度Facebook広告のプロに運用を任せてみると新たな発見があるでしょう。弊社ではプロが運用を代行するFacebook広告の運用サービスを提供していますので、まずはサービス内容をチェックしてみてください。

まとめ

本記事ではFacebook広告におけるカルーセル広告について、以下を中心に解説しました。

  1. Facebook広告のカルーセル広告の概要
  2. Facebook広告のカルーセル広告の配信先
  3. Facebook広告のカルーセル広告の作成方法
  4. カルーセル広告のクリエイティブ仕様と特徴
  5. カルーセル広告運用のポイント

カルーセル広告では、複数のクリエイティブおよびリンク先を指定可能です。訴求軸の異なるさまざまな広告を1つの広告として出稿できるので、広告が刺さるユーザー層を広げられるでしょう。

どんなに商品・サービスがよくても、それを必要と思ってもらえなければコンバージョンは発生しません。

カルーセル広告であなたの商品・サービスを多様な側面から見せ、より多くのユーザーに興味を持ってもらいましょう。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら