Facebook(集客)

Facebook広告を活用するコツとは? 成功事例5選も紹介!

Facebook広告はターゲティング精度が高かったり、広告を配信できるユーザー数が多かったりなど、マーケティングにおいて優れた特徴を持つ広告です。

しかし、なにも考えずにFacebook広告を出稿していると、これらのメリットが最大限発揮されません。成果を上げたいなら、工夫や分析が必要です。

「Facebook広告を出稿しても一向にコンバージョンが発生しない……」
「ほかの企業はどうやってFacebook広告を活用しているんだろう? 」

そんな人に向けて、本記事ではFacebook広告で成功した事例と、事例を分析して見えてきたFacebook広告で成功するためのポイントについて解説します。

クリエイティブ作成に役立つツールの紹介もしますので、運用担当者の方は必見です!

「Facebook広告を何度作り直しても反応率が悪い」という課題を抱えているなら、Facebook広告のプロに相談してみてはいかがでしょうか。こちらのFacebook広告の運用サービスでは、Facebook広告の運用ノウハウを持つ弊社があなたのビジネスをサポートします。

Facebook広告を活用する目的とは

Facebook広告を使用する目的は、一般的に次の3カテゴリーに大別されます。

  1. 認知度
  2. 検討機会
  3. コンバージョン

Facebook広告のシンプルな使い方としては、商品・サービスまたはブランドの認知度の向上が挙げられます。Facebook広告で設定できる項目のうち、「ブランドの認知度アップ」「リーチ」に該当する目的です。

またFacebook広告は、自社商品・サービスを紹介するページや投稿に誘導し、ユーザーに検討機会を作ってもらう目的でも使用されます。任意のウェブサイトや投稿などのURLに誘導する「トラフィック」や、「いいね! 」やシェアをしてもらうための「エンゲージメント」などの目的が代表的です。

そのほか商品・サービスの購入・利用を促進するために用いられることも多いです。ウェブサイト上のユーザーの行動を促進させる「コンバージョン」、ECサイトのカタログを掲載する「カタログ販売」などがこちらに含まれます。

Facebookページでは、従業員を募集するために求人投稿を自社ページに投稿することが可能です。こちらの求人投稿をFacebook広告で宣伝し、採用に活用している企業も存在します。

Facebook広告を活用した企業事例

実際に企業が成果をあげたFacebook広告の活用事例を5つ紹介します。

事例1)音楽・エンターテインメント

・Deezer 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/DeezerJP/?brand_redir=173259534981#

1つ目の企業は、音楽ストリーミングアプリの宣伝にFacebook広告を活用している「Deezer」です。

  1. 目的:自社アプリのインストール促進
  2. 使用した広告タイプ・機能:カルーセル広告

Deezerが出稿したのは、複数画像を1つの広告で表示できる広告フォーマット「カルーセル広告」を用いたアプリ機能を紹介する広告です。カルーセル広告は従来タイプ(単一画像)の広告より広告効果が高い傾向があり、こちらの導入によって同社はインストール単価を通常時の4割まで抑えることに成功しました。

事例2)衣料品

・BAI*白媽媽 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/BAIMOMO/#

Facebook広告を活用している企業の2つ目は、女性向け衣料品のECサイトを展開する「BAI*白媽媽」です。

  1. 目的:自社サイトへの流入増加
  2. 使用した広告タイプ・機能:カルーセル広告

カルーセル広告の特徴を活かして自社商品の画像を何枚も並べることで、Facebook広告を商品カタログのように利用しています。従来タイプ(単一画像)の広告を出稿したときと比べ、カルーセル広告ではクリックが3倍・クリック単価が3割減と大きく改善しました。

事例3)旅行

・アイスランド航空 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/Icelandair?ref=fbb_success

3企業目は、アイスランド・米国・ヨーロッパに路線を持つ航空会社の「アイスランド航空」です。

  1. 目的:フライト検索の促進(クリーブランド発便)
  2. 使用した広告タイプ・機能:カルーセル広告、写真広告、スライドショー広告

アイスランド航空は広告キャンペーンを複数作成して、「キャンペーン予算の最適化」機能を活用しました。

こちらの機能を使うと広告効果の高いキャンペーンに優先的に予算を回す設定になるため、自動でFacebook広告の最適化がかかります。その結果、目的であったフライト検索が7割以上増加しただけでなく、フライト検索の単価が半分以下に低減しました。

事例4)教育

・ワールド・ファミリー 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/WorldFamilyKK?ref=fbb_success#

「ワールド・ファミリー」は、主に幼児対象の英語教材を販売している教育系の企業です。

  1. 目的:新規顧客の開拓、ブランド認知度の向上
  2. 使用した広告タイプ・機能:写真広告、動画広告

同社は主力の「ディズニー英語システム」を宣伝するため、抽選キャンペーンを企画してFacebook広告経由で特設サイトへの誘導を行いました。オーディエンス作成やキャンペーン予算最適化などの機能も併用したところ、ウェブサイトからのコンバージョンを2倍以上増やすことに成功しています。

事例5)自動車

・メルセデス・ベンツ日本 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/mercedesbenz.jp?ref=fbb_success#

自動車業界で有名なメルセデス・ベンツ日本も、Facebook広告をマーケティングに利用している企業の1つです。

  1. 目的:販売している中古車への問い合わせ増加
  2. 使用した広告タイプ・機能:自動車インベントリー広告、ダイナミック広告

「自動車インベントリー広告」とは、モデルや年式などの情報をあらかじめFacebook上に取り込むことで、リアルタイムの在庫・価格情報が反映される広告です。更新の手間が減るだけでなくユーザーの閲覧履歴やエリア情報と照らし合わせて最適化できるため、ターゲティングの精度向上も期待できます。

メルセデス・ベンツ日本ではこちらの広告タイプを導入後、コンバージョン率(中古車検索結果ページ閲覧率)が3倍にまで跳ね上がりました。

Facebook広告を成功させるためのポイントとは

続いて、Facebook広告を成功させるためのポイントを3つ解説します。

ポイント1)ターゲット層を設定する

Facebook広告のターゲットとするユーザー層をあらかじめ想定し、「どうしたらそのユーザーたちに見てもらえるか」を考えるのが大切です。

配色や画像・動画の雰囲気など、クリエイティブを構成する要素はターゲット層に合わせて決めなければなりません。たとえば男性用カミソリの広告でピンク地のかわいらしいデザインにすると、ターゲット層である男性ユーザーの一部はクリックに抵抗を感じるでしょう。

ターゲット層が定まっておらず的外れなクリエイティブを作成してしまうと、「これは自分向きの商品じゃない」とユーザーから敬遠されてしまう可能性が高くなります。

ポイント2)クリエイティブにこだわり抜く

Facebook広告を見たときにまず目に入るため、クリエイティブを作り込むのは重要なポイントです。

「たった30日」というように数字を入れたり、入れる文字数を抑えてメッセージを強調したりするなど、ユーザーが思わず見てしまうような工夫を凝らしましょう

ただし、Facebook広告のポリシー違反になるとそもそも出稿できないため、虚偽の内容や過激すぎる表現は避けなければなりません。

ポイント3)目的に合った広告フォーマット・機能を使う

Facebook広告で成功するには、広告目的やクリエイティブに応じて適切な広告フォーマット・機能を使い分けるのが有効です。

多数の商品を並べたいならカルーセル広告、自動車販売なら自動車インベントリー広告など、メリットをうまく活用できそうな広告フォーマットを選んでください。

どんな広告がターゲット層に刺さるのかイメージできない場合は、複数パターンの広告を作成しましょう。キャンペーン予算の最適化を利用して広告同士を比較したり、オーディエンス作成で最適化をかけたりすると効果的です。

Facebook広告のアイデアを見つけられるツール紹介

「ほかの成功事例も知りたい! 」「使われている画像やテキストなどを見たい」という方に向けて、ここではFacebook広告の参考例を探せるツールについて紹介します。

本記事ではFacebook広告に特化したツールのみを扱いますが、「Pinterest」などの画像投稿サイトや画像素材集を活用するのもおすすめです。

ツール1)広告ライブラリ

広告ライブラリ」とは、実際にいまInstagramおよびFacebookで配信されているアクティブな広告をキーワードまたは企業名から検索できる無料のツールです。

Facebook広告は全ユーザー共通ではなく、「いいね! 」などのアクティビティやプロフィールにもとづいてそれぞれのユーザーに最適化されたものが配信されています。

そのため、ライバルが出稿しているFacebook広告を調査しようとしても、ターゲットから外れているアカウントではその広告を見ることができません。

「広告ライブラリ」を用いるとアカウントの属性に関係なくすべての広告を検索できるため、競合分析を行いたい場合などに役立ちます。また、フィルター機能で配信先プラットフォームなどの絞り込みも可能です。

使い方については以下の記事で詳しく説明してますので、こちらもあわせてお読みください。

Facebook広告ライブラリとは?使い方と活用方法

ツール2)Facebook広告の成功事例(Facebook for Business)

Facebook広告の成功事例(Facebook for Business)Facebookを用いたマーケティングの成功事例を検索できるサービスで、こちらも広告ライブラリと同じくFacebook公式から無償提供されています。

この成功事例集の大きな特徴は、「どんな目的で広告を出稿したか」「どの広告フォーマットを利用したか」などがレポートとしてまとめられている点です。コンバージョン率や費用対効果が何%改善したという数値まで載っているので、フォーマットの決定などに参考になるでしょう。

「広告ライブラリ」と同様にキーワード検索ができるほか、フィルター機能を用いると事業規模や業種、地域など条件別に検索可能です。

ツール3)Facebook広告集めました。

Facebook広告集めました。」は、ウェブ広告代理店のアドスクエア株式会社が運営するサービスです。その名の通り出稿実績のあるFacebook広告を集めて検索データベース化したもので、デザインやテキストの参考にしたいFacebook広告を探すことができます

「広告ライブラリ」では現在配信されていないFacebook広告は閲覧できなかったのに対して、「Facebook集めました。」では数年前など過去の広告も紹介されています。前者と後者を併用することで、好みのFacebook広告事例が見つかりやすくなるでしょう。

ただし、Facebook広告の出稿審査は年々厳しくなる傾向があるため、画像やテキストを参考にするときは表現に問題がないかよく確認しておくことが重要です。

Facebook広告運用歴が短い場合は、「Facebook広告事例を見てもどうやって自社広告に活かせばいいかわからない」という方もいるでしょう。弊社ではFacebook広告運用をプロに依頼できるFacebook広告の運用サービスを提供していますので、お困りであればぜひ活用してください。

まとめ

本記事では、「Facebook広告の活用」というテーマで主に以下について解説しました。

  1. Facebook広告の出稿目的
  2. 企業によるFacebook広告の成功事例
  3. Facebook広告を成功させるポイント
  4. Facebook広告のアイデア探しに役立つツール

Facebook広告はFacebookのユーザー数の多さもあり、アプリを含めた商品・サービスの認知度やコンバージョン率アップにうってつけのSNS広告です。

本記事で紹介したように、Facebook広告の機能や特徴をうまく利用してビジネスの拡大・促進を成功させたという事例は無数にあります。

とはいえ、「Facebook広告を使い始めたばかり」という場合、自社ビジネスに活用できるアイデアはすぐに浮かんでくるものではありません。

なんとなく「これでいいだろう」と作成したFacebook広告を出稿してしまうと、「ユーザーに反応すらしてもらえなかった」といった悲惨な結果にもなり得ます。

そこで最初はFacebook広告の運用をプロに任せ、成功のヒントを掴んでから自社で運用してみるのがおすすめです。

弊社でもFacebook広告の運用代行サービスを提供していますので、利用を検討している方は下記ページをご覧ください。

Facebook広告の運用サービス

Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら