Facebookによる集客

Facebook広告10種類とその特徴を解説!

今や多くの企業が取り入れているFacebook広告。日本ではFacebookの月間アクティブユーザー数が2,600万人(2019年時点)いる上に、ターゲティングの精度が高いという理由から、多くの企業がプロモーションで利用しています。

出稿作業自体は難しくありませんが、より効果的な広告運用を行うためには、あなたの会社の製品やサービスの特徴にあった広告フォーマットを使ってのアプローチが必要です。

しかし、Facebook広告に取り組んだばかりの担当者にとっては、「どんなフォーマットが自社に合うのか」「そもそもフォーマットにはどんな種類があり、どんな特徴があるのかが分からない」と感じているのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するために、この記事ではFacebook広告の種類と特徴について解説します。

「Facebook広告の出し方は分かったけれど、より自社にあった広告を出したい!」と思うなら、ぜひFacebook広告の種類と特徴をマスターして使い分けてみましょう!

Facebook広告とは

Facebook広告とは、以下の4つのプラットフォームに配信できる広告のことです。

  • Facebook(Facebook)
  • Messenger(メッセンジャー)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Audience Network(オーディエンスネットワーク)

Facebookだけでも、全世界で23億人以上、日本で2,600万人以上(2019年時点)の月間ユーザーがいるSNSなので、多くのユーザーにアプローチできます。

また、Facebookは登録時に年齢や性別、住所などユーザーの個人情報を詳しく入力する必要があり、さらにユーザーのいいねやシェアした投稿などがデータとして蓄積されているため、これらを利用して詳細なターゲティングが可能です。

他にも、広告の配置を自動配置か手動配置で選ぶことができます

自動配置ではFacebookの配信システムが予算を最大限に活用し、最もパフォーマンスが高くなる可能性が高い配置で広告を出稿してくれるので、Facebook広告初心者でも簡単に取り組みやすいです。

とは言っても、より成果を出すためにはデータを分析したり、フェイスブック広告でできることを知ったりすることが重要ですので、まずはこの記事ではFacebook広告の掲載面や種類、特徴について知っていきましょう。

Facebook広告の掲載面は

Facebook広告で掲載できる広告をプラットフォームごとに紹介します。

Facebook(フェイスブック)

Facebookで広告が表示される箇所は以下の3つです。

  • フィード…ユーザーのタイムラインに表示
  • 右側広告枠…PCのタイムラインの右側にある広告枠に表示
  • ストーリー…Facebookのストーリー

Messenger(メッセンジャー)

Messengerでは、以下の2つの場所に広告が表示されます。

  • Messenger受信箱…受信箱のスレッドとスレッドの間に表示
  • Messengerストーリーズ…受信箱のストーリーズに表示

Instagram(インスタグラム)

Instagramでは、以下3つの場所に広告を配信できます。

  • フィード…ユーザーのタイムラインに表示
  • ストーリーズ…ストーリーズとストーリーズの間に表示
  • 発見タブ…虫眼鏡のアイコンをタップすると表示される、インスタ側が推薦する投稿の表示画面

Audience Network(オーディエンスネットワーク)

Audience Networkのアプリやウェブサイトに、バナー広告やネイティブ広告、インストリーム動画などの広告表示が可能です。アプリやウェブサイトによって、広告を表示できる場所は変わります。

Facebookの広告の種類と特徴

Facebookで出稿できる広告は、広告主の製品やサービスをより魅力的にアピールしたり、様々なターゲットに配信できるように、10種類の広告フォーマットがあります。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • スライドショー広告
  • カルーセル広告
  • キャンバス広告
  • コレクション広告
  • ダイナミック広告
  • リード獲得広告
  • クーポン広告
  • イベント広告

写真広告

一番メジャーな広告で、「写真(画像)1枚+テキスト」からなる広告フォーマットです。

写真広告は通常のフィード投稿のように写真とテキストだけを用意すればいいので、他の広告フォーマットに比べて比較的簡単に出稿作業ができます。

また、Facebookのリサーチでは、ユニークトラフィックの促進においては、一連の写真のみの広告は他の広告フォーマットより効果が高いことがわかっています。

そのため、Facebookで広告を出すのが初めてという人にもおすすめです。

(参考:Facebook for Business 写真広告

動画広告

その名の通り動画を使った広告で、フィードやストーリーズで表示されます。写真広告と比較すると、商品の特徴を分かりやすく紹介したり、動きと音声でユーザーの注目を惹きつけたりできます

動画は作成済みの動画をアップロードするか、広告マネージャで動画作成キットを使って動画を作成することが可能です。

(参考:Facebook for Business 動画広告

スライドショー広告

スライドショー広告は、3〜10枚の写真をスライドショー形式で表示できる広告です。

動画のようにストーリー性を持たせられる上に、動画ほど作成に手間がかからないので、写真広告と動画広告のいいとこ取りとも言えるでしょう。

また、スライドショー広告が使用するデータ量は動画の5分の1しかかかりません。そのため、接続速度が遅いユーザーや古いデバイスを使用しているユーザー向けにも見てもらえるというメリットがあります。

画像1枚ごとに1つのメリットを紹介する形式にしたり、手順を一つ一つ説明する形式にしたり様々な使い方ができるのも特徴です。

(参考:Facebook for Business スライドショー広告

カルーセル広告

カルーセル広告は、2〜10個の写真や動画を利用できる広告フォーマットです。

複数の商品を紹介したり、 1つの製品を多角的に見せたりと、次の写真や動画へ進むたびにブランドのストーリーが展開するようにデザインできます。

また、それぞれの写真や動画に異なるリンクやコールトゥアクションボタンを設定できるのも大きな特徴です。

他にも、各写真(動画)のパフォーマンスに基づいてカルーセル画像の順番を最適化するような機能もあるので、順番にこだわりがない場合はぜひ使ってみてください。

(参考:Facebook for Business カルーセル広告

キャンバス広告

キャンバス広告は、ユーザーが広告をクリックした後にフルスクリーンの画面が立ち上がりLPのようなフォーマットを表示できる広告フォーマットです。

広告をクリックした後に遷移先のウェブサイトがモバイルに最適化されていなかったり、読み込みに時間がかかったりということは、多くの人が経験したことがあると思います。

キャンバス広告はこれらの問題点を解決し、広告からスムーズに外部リンクへ誘導させることが可能です。

(参考:Facebook for Business キャンバス広告

コレクション広告

コレクション広告とは、画像または動画のメインビジュアルの下に商品画像をカタログのように4枚並べられる広告フォーマットです。

ユーザーは店舗に行かなくても、広告をクリックすればウェブサイトやアプリに遷移して商品の詳細を画像や動画で確認できます。読み込み時間も早いので、商品の発見から購入までストレスフリーで体験できるのがメリットです。

(参考:Facebook for Business コレクション広告

ダイナミック広告

ダイナミック広告とは、ユーザーのサイト閲覧履歴や行動履歴をもとに、過去に見たけど買わなかった商品や関連する商品を表示できる広告フォーマットです。

それぞれのユーザーの興味関心にあった広告を自動で表示できるので、高い効果が期待できます

リード獲得広告

リード獲得広告とは、“ユーザーのリード情報を獲得すること”を目的とした広告フォーマットです。

広告をクリックすると、外部リンクへ遷移せずにFacebook内で設定したフォームが開かれ、ユーザーの情報(名前やアドレスなど)を入力する画面になります。

フォームを送信すると登録が完了するので、すべて広告内で完結させることが可能です。また、Facebook上に登録されている情報は自動入力機能が適用されるため、入力の手間で離脱するユーザーを防ぐこともできます。

この広告フォーマットを使う目的としては、お問い合わせや資料請求、メルマガの登録など様々です。

クーポン広告

クーポン広告とは、Facebook上で発行できるクーポンを使ってウェブサイトや実店舗でのショッピングをユーザーに促せる広告フォーマットです。

ユーザーがクーポンを保存すると、後で使用できるようにブックマークに保存されます。

新規顧客にも既存顧客にも効果的ですし、「◯周年記念イベント」「新規オープン」など、イベントやタイミングに合わせてアプローチするとユーザーの目を引きやすいです。

イベント広告

イベント広告は、イベント集客に効果的な広告フォーマットです。

イベントを宣伝することで、イベントの認知度を高めたり、イベントへの参加を促したりできます。

他にも、イベントに関心を持ちそうなユーザーにリーチしたり、過去に関心を示したり類似のイベントに参加したりしたことがあるユーザーにリターゲットできるので、チケット販売数を増やすことが可能です。

まとめ

Facebookの広告の種類とその特徴について解説しました。

Facebookの広告フォーマットは10種類もあるので、どれを使おうか悩んでしまうと思います。

そんなときは、まずは準備が比較的簡単でどの製品やサービスにも適している写真広告からはじめていきましょう!

慣れてきたら、自社の製品やサービスにあった広告フォーマットを見つけるために、色々な広告フォーマットを試してみてくださいね。

インターネット広告運用のご相談はこちら

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら