インスタグラム広告

【2021年版】インスタグラム広告の支払い方法とトラブル対処法

「インスタグラム広告を使いたいけど、支払い方法がわからない……」
「どんな決済方法が使えるのか知りたい」
「なぜか広告費の支払いに失敗した! 対処法を知りたい」

Facebookが提供するインスタグラム(Instagram、インスタ)広告は、ウェブマーケティングにおいて主流のSNS広告の一つです。

インスタグラムアカウント不要でFacebook広告との同時出稿が可能ですので、「Facebook広告との併用を考えている」という人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インスタグラム広告の導入を検討している人に向けて、広告費の支払い方法について解説します。

不適切な設定により支払いに失敗すると、広告の配信停止など業務に大きな支障が出る可能性があります。

支払いの失敗をしたときの対処法についても紹介しているので、すでにインスタグラム広告の運用を開始した人も必見です!

「支払いに失敗して広告が止まった経験があるので不安……」という場合は、インスタグラム広告のプロに運用を任せてみてはいかがでしょうか。弊社のインスタグラム広告の運用サービスは少額予算で利用できるので、ぜひ検討してみてください。

インスタグラム広告の支払い方法は2種類

インスタグラム広告における広告費の支払い方法には、下記の2通りがあります。

  1. 自動決済
  2. 手動決済

自動決済

自動決済は、請求単位額にもとづいて請求が行われる方式の支払い方法です。ほとんどの決済方法において自動決済が採用されています。

インスタグラム広告で自動決済を利用するときは、「請求単位額」と呼ばれる広告費の請求基準となる金額の設定が必要です。たとえば請求単位額を800円に設定した場合、広告費が800円に達するごとに自動的に請求が行われます。

請求単位額に満たない金額については、請求日にあらためて請求されます。請求単位額が800円で広告費の総額が1,000円の場合、請求単位額である800円分は事前に請求され、残りの200円分は請求日に請求が行われる仕組みです。

手動決済

手動決済とは、事前に広告アカウントのプリペイド残高へ入金しておく方式の支払い方法です。自動決済とは異なり請求単位額の設定はなく、最大1日に1回、かかった広告費がプリペイド残高から引き落とされます。

手動決済は特定の支払い方法に限り利用可能です。手動決済が行える支払い方法はアカウントで設定した地域によって異なり、日本のアカウントで手動決済が可能なのはオンライン銀行振込のみです。

インスタ広告の決済方法

日本においてインスタグラム広告で選択できる広告費の決済方法は、Facebook広告と共通です。具体的には下記の4つの決済方法から選べます

  1. PayPal
  2. クレジットカード
  3. デビットカード
  4. オンライン銀行振込

PayPal、クレジットカード、デビットカードで利用できる決済方法は自動決済です。上記のうち手動決済が利用可能なのはオンライン銀行振込のみですので、手動決済を行う場合はこちらを利用してください。

「そもそもどうやって広告費が決まるのか知らない」という人は、インスタグラム広告の課金方式について説明しているこちらの記事も参考にしてみてください。

▶︎ インスタグラム広告の費用の相場はいくら?費用対効果は高い?

インスタグラム広告では、Facebook広告で使用中の決済方法を支払いに用いることが可能です。Facebook広告で使える支払い方法について知りたい人は、詳しく解説している下記の記事をお読みください。

▶︎ 【2021年版】Facebook広告で使える支払い方法とは?

決済履歴や請求金額を確認する方法

インスタグラム広告において、決済履歴や請求金額を確認するには以下の2通りの方法があります。

  1. Facebook広告アカウントを利用する方法
  2. インスタグラムアプリを利用する方法

以下でそれぞれの確認方法について解説します。

Facebook広告アカウントを利用する方法

Facebook広告の同時出稿機能を用いてインスタグラム広告を出稿する場合、Facebook広告アカウントから決済履歴や請求金額を確認します。ビジネスマネージャを利用する場合、以下の手順でこれらの確認画面を開くことができます。

  1. ビジネスマネージャにアクセスし、左側メニューの「すべてのツール」を開く
  2. 「請求」を選ぶと「支払いアクティビティ」画面が表示される
  3. 表示したい決済履歴の期間やアカウントをプルダウンメニューから設定する

決済履歴は画面の下部に表示されています。金額や使用した支払い方法が確認できるほか、決済ステータスで支払いが失敗していないか調べることが可能です。

広告アカウント名の右側に表示されている未払い残高は、次回の請求金額を表しています。近くに配置されている「今すぐ支払う」ボタンを押すと、請求日を待たずに未払い残高分の支払いを行えます。

インスタグラムアプリを利用する方法

インスタグラム広告単体で利用する場合、インスタグラムアプリから請求金額および決済履歴を確認できます。

  1. アプリを起動する
  2. 右上のメニューアイコンを押し、「設定」を開く
  3. 設定画面から「広告の支払い」を選ぶ
  4. 「支払い」画面が表示されるので、決済履歴と請求金額を確認する

設定画面から「広告の支払い」にアクセスする手順は、登録したプロアカウントのタイプによって若干異なります。クリエイターを選んだ場合は「クリエイター」からアクセス可能です。

インスタグラム広告における広告費の請求金額には「現在の残高」が該当します。決済履歴を見るときは「支払いアクティビティ」画面に移動してください。

広告費の支払いができない場合の対処法とは

インスタグラム広告やFacebook広告では、設定ミスなどの原因により「広告費の支払いができない」といったトラブルが発生することがあります。

少しの作業で解決できる場合も多いので、以下で紹介する対処法を覚えておきましょう。

支払い方法の設定が適切か確認する

利用したい決済方法が支払い方法として設定されているか再確認しましょう。

Facebookページとインスタグラム広告アカウントをリンクしている場合、Facebook広告と共通の支払い方法を選ぶことができます。この場合、Facebook広告アカウントにおける支払い設定の変更がインスタグラム広告の設定にも適用されてしまうケースがあるのです。

支払い失敗の直前にFacebook広告の支払い方法を変更していた場合、変更前の設定に戻して様子を見てみてください。

Facebookページとリンクできているか確認する

インスタグラム広告でFacebook広告と共通の支払い方法を選ぶには、Facebookページとのリンクが必要です。「支払い方法がそもそも追加できない」という場合、Facebookページとのリンクを実施したか確認しましょう。

リンクを行えるのはFacebookページの管理者のみですので、広告主のアカウントのうち管理権限が付与されているものを使用して作業してください。

有効なカードを登録する

クレジットカード、デビットカードを支払い方法として使用する場合、有効なカードを登録しましょう。

たとえばカードの利用可能残高が請求額未満の場合、カード側のシステムでエラーが生じるため支払いができません。また、有効期限が切れている場合もカードが利用できないため、広告費の支払いに失敗します。

今すぐ支払いを行う必要があれば、有効なカードを追加登録するのが確実です。

インスタグラム広告の請求単位額を低くする

自動決済に設定すると請求単位額にもとづいて請求が行われるため、請求単位額を減らすことで支払いが行える可能性があります

クレジットカードのシステムとして、一度の取引における上限額が設定されていることがあります。支払い回数を減らす目的で請求単位額を高くしているのであれば、こちらを低めに設定することで上限額によるエラーを回避可能です。

カード会社やFacebookに問い合わせる

上記の対策を講じてもエラーが解消されない場合、カード会社やFacebookのサポートデスクに問い合わせましょう。

登録情報の間違いがないのにどうしても支払いがうまくいかないときは、カードやインスタグラム広告のシステム側でトラブルが生じた可能性もあります。また、カードやFacebookのセキュリティ機能により不正利用として認識されているケースもあるでしょう。

とくに数日間だけのキャンペーンなど一日の配信停止によって深刻な影響を受ける場合、自力での解決にこだわりすぎず、早めに連絡するのがおすすめです。

Facebookでの問い合わせ方法は下記から詳細を確認できます。

▶︎ Facebookで困ったらヘルプセンター!電話やチャットはなし

「支払いに失敗するときの対処法はわかったけど、とっさに対応できる気がしない……」という場合、運用からトラブル対応までプロに任せてしまえば問題ありません。少額予算から利用できるインスタグラム広告の運用サービスをぜひお試しください。

まとめ

本記事では、インスタグラム広告の支払い方法について、主に以下のポイントを説明しました。

  1. インスタグラム広告の支払い方法
  2. インスタ広告の決済方法
  3. 決済履歴や請求金額を確認する方法
  4. 広告の支払いができない場合の対処法

インスタグラム広告における広告費の支払いでは、FacebookページをリンクすることでFacebook広告に登録した支払い方法をそのまま利用できます

広告費の支払いに失敗すると、インスタグラム広告の配信停止やアカウント停止といった最悪の事態につながりかねません。Facebook広告を併用している場合、Facebook広告で実績のある支払い方法を選ぶと支払い失敗のリスクを抑えられるのでおすすめです。

インスタグラム広告の運用方法を徹底解説

ワンクルーズのInstagram広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
「これまで獲得出来なかった層の新規顧客を獲得したい」
「今かけている広告宣伝費全体の効率をあげたい」
「サービスや商品のストーリーをもっとユーザーに知ってほしい」
という場合は、Instagram広告を始めるタイミングかもしれません。

10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください。契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラム広告の基礎理解

インスタグラム広告の運用

業界別の広告運用

インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら