インスタグラム広告

インスタグラム広告で支持されるクリエイティブのポイントとは

国内の月間アクティブユーザーが3,300万人を誇るインスタグラムは、企業の広告を出稿するプラットフォームとしても人気を得ています。

しかし、SNSでの広告出稿は当たり前のようになってきているため、インスタグラムでもただ広告を出すだけでは成果に繋がりにくいのが現状です。

そのため、インスタグラムで広告を出稿する際には、ユーザーが思わず目を止めてしまうようなクリエイティブを作ることが他社との差別化のために必要と言えます。

ですが、「他社と差別化できて効果もあるクリエイティブってどうやって作るの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

この記事では、「効果的なクリエイティブの作り方を知りたい」と考えている人のために、インスタグラム広告のクリエイティブを作るときのポイントをまとめました。

広告アカウントの無料分析''

インスタグラム広告におけるクリエイティブの役割

インスタグラム広告のクリエイティブとは、広告そのものを指します。

クリエイティブの役割は、自社の認知拡大やユーザーのフィード(タイムライン)に広告を表示して商品ページやサービスページへとタップまたはスワイプしてもらうことで、自社サイトへ誘導することです。

インスタグラムかつ広告というと、クリエイティブはおしゃれでハイクオリティなものが必要だと考える人もいるかもしれません。

ですが、近年のインスタグラム広告におけるクリエイティブは、洗練されているものというよりは、日常の一コマを切り取ったものや遊び心があるものが、効果が高い傾向にあります。

というのも、数年前は一般ユーザーのインスタグラムも、いわゆる”インスタ映え”するおしゃれな投稿が人気でした。

ですが、昨今では”気軽な投稿で自分の日常にも取り入れられそう”レベルの投稿が人気を集めやすくなっています。

そのため、一般ユーザーの投稿に紛れて表示されるインスタグラム広告も、ハイクオリティすぎるといかにもな広告感が出てしまうのです。

クリエイティブの第一関門は、ユーザーに嫌がられずに関心を引き寄せることが大事ですので、昨今の流れに乗って洗練されすぎない一般ユーザーの投稿に馴染むクリエイティブを意識しましょう。

インスタグラム広告の運用これまで様々な広告の運用をしてきたワンクルーズ。そのアカウント数は840以上。その中でインスタグラム広告に特化した事例も多数。多種多様なアカウントを運営してきたノウハウがあります。...

クリエイティブ作成時のポイント

インスタグラム広告のクリエイティブは、大きく以下の3つに分けられます。

  1. ストーリー
  2. 投稿(画像)
  3. 投稿(動画)

それぞれのクリエイティブによって、作るときのポイントが多少異なりますので、一つずつクリエイティブ作成時のポイントを紹介していきます。

ストーリーの場合

フォーマット

  • 画像のアスペクト比:9:16
  • 画像の枚数:10枚まで
  • 動画の長さ:1〜15秒
  • 最大サイズ:画像→30MB、動画→4GB
  • 画像、動画のファイル形式:jpg、png、gif、MP4、MOV
  • 推奨サイズ:1,080×1,920px
  • 最小解像度:600×1,067px

クリエイティブ作成時のポイント

ストーリーズ広告は、一般ユーザーのストーリーの合間に差し込まれる広告です。クリエイティブを作成するときには、以下のポイントを参考にしてみてください。

  1. 洗練されすぎていないカジュアルな写真
    ストーリーは24時間で投稿が消えるという特徴があるため、通常の投稿よりも気軽に投稿するユーザーが多いです。そのため、ストーリーズ広告のクリエイティブも美しすぎない方が馴染みます。
  2. スワイプアップで次のアクションを促す
    ストーリーズ広告のクリエイティブでは、次のアクションを促すボタン(コールトゥアクション)が色々と用意されています。たとえば、「詳しくはこちら」「お問い合わせ」「購入する」など全部で10種類以上のボタンが用意されていますので、目的に合わせて使いましょう。
  3. プロフィールアイコンの表示
    アカウント自体の認知を拡大したいときには、プロフィールアイコンへ矢印を向けて「公式アカウントはこちら」「他の投稿はこちら」などの文字を表示すると効果的です。
  4. 企業名や商品名、サービス名をPRしすぎない
    企業名や商品名、サービス名をPRしすぎると広告感が出てしまい、ユーザーに嫌がられてしまう可能性があります。後半に紹介するといった工夫をしましょう。
  5. 絵文字やスタンプで一般ユーザー感を演出
    ストーリーは絵文字やスタンプが豊富で、多くの一般ユーザーに使われています。この絵文字やスタンプを使うことで、広告感を打ち消し、日常の一コマ感を演出できます。

投稿(画像)の場合

フォーマット

  • 画像のアスペクト比:正方形(1:1)を推奨
    ※横長(1.91:1)と縦長(4:5)も可
  • 最大サイズ:30MB
  • 画像、動画のファイル形式:jpg、png
  • 最大解像度:1,936×1,936px
  • 最小解像度:正方形(600×600px)、横長(600×315px)、縦長(600×750px)

クリエイティブ作成時のポイント

画像(写真)広告は、一般ユーザーのフィードに表示される広告です。クリエイティブを作成するときには、以下のポイントを参考にすると効果的です。

  1. 広告感を出さない
    まるで雑誌の一面のような写真よりも、日常の一部のような写真の方がユーザーのフィードに違和感を与えません。
  2. コールトゥアクションを利用する
    「詳しくはこちら」「お問い合わせ」「購入する」など全部で10種類以上のボタンが用意されていますので、目的に合わせて使いましょう。
  3. 写真が複数枚あるときは、次の写真を見るアクションを促す
    写真広告はカルーセル広告にすれば、写真を2〜10枚アップできます。人によっては2枚目以降も写真があることに気づかないこともあるので、矢印を表示するなど2枚目へ促す工夫をしましょう。

投稿(動画)の場合

フォーマット

  • 画像のアスペクト比:正方形(1:1)、横長(1.91:1)、縦長(4:5)
  • 動画の長さ:1〜60秒
  • 最大サイズ:4GB
  • 画像、動画のファイル形式:MP4またはMOVを推奨(ほとんどのファイルが可能)
  • 最大解像度:1,936×1,936px
  • 最小解像度:正方形(600×600px)、横長(600×315px)、縦長(600×750px)

クリエイティブ作成時のポイント

動画広告は、写真広告と同様に一般ユーザーのフィードに表示される広告です。ストーリーズ広告や写真広告と重なる点もありますが、以下にクリエイティブを作成する際のコツをまとめました。

  1. ストーリーのある動画を作る
    動画広告は、ユーザーの目を一瞬止めても3秒以内に見るのをやめてしまう人が多いです。そのため、3秒以内にユーザーの興味・関心をぐっと引き寄せることが重要です。大切なのは「ユーザーが自分ごととして見たくなる情報を盛り込んでいるか」。3秒先も見たくなるストーリーを作りましょう。
  2. コールトゥアクションを利用する
    動画を見た後にしてほしいアクションをわかりやすくするために、「詳しくはこちら」「お問い合わせ」「購入する」などのボタン(コールトゥアクション)を利用しましょう。

インスタグラム広告のクリエイティブ成功事例とは

インスタグラム広告のクリエイティブを作成するポイントについて解説しましたが、「実際に成功しているクリエイティブが見たい!」と思われている方もいるでしょう。

そこで、こちらでは実際のクリエイティブ成功事例をまとめました。

成功事例①:楽天学割

「楽天学割」は、15~25歳の学生なら無料で登録できるサービスです。

会員登録者を増やすためにストーリーズ広告を利用した結果、新規会員獲得増加率(前月比)が338%、クリック単価削減(前月比)が56%になりました。

クリエイティブは、ストーリーズ内で違和感が出ないように広告訴求を抑えたオーガニックに近いクリエイティブを作成。

また、ターゲットとする若年層の日常的なシーンを想起させるビジュアルを制作するために、カメラではなくスマホで撮影しました。

参考:https://business.instagram.com/success/rakuten-japan/

成功事例②:ニフティ不動産

「ニフティ不動産」は有名不動産サイト掲載の賃貸物件や購入物件から、豊富な条件でまとめて検索できる不動産情報サイトです。

アプリインストール数の増加を目的としてストーリーズで動画広告を出稿した結果、アプリインストール数が23%増加しました。

ユーザーがタップしたくなるようなスピード感のある動画の作成により、より多くの内観イメージをユーザーに紹介

また、スタンプを配置することで、よりユーザーのオーガニック投稿に近い構成でのクリエイティブアピールをしました。

参考:https://business.instagram.com/success/nifty-lifestyle/

成功事例③:J&Co. Jewellery

J&Co. Jewelleryは、スターリングシルバー製ジュエリーを専門とする、種類豊富なモダンテイストのジュエリーを販売するブランドです。

フォロワー数5万人達成を記念したオンラインセール開催時に、Instagramストーリーズに動画広告と写真広告を掲載した結果、総売上の58%を生み出しました

具体的には、FacebookニュースフィードとInstagramフィードへの広告配信に加え、ストーリーズで動画広告を掲載。ブランドのジュエリーの魅力的な画像と一緒に割引コードを掲載しました。

広告のターゲットは、ジュエリー、アパレル、アクセサリーに特に興味を持つ、米国在住の18歳以上の女性。コンバージョンを最適化して、購入する可能性の高い女性に広告を配信しました。

参考:https://business.instagram.com/success/j-co-jewellery/

まとめ

インスタグラム広告で効果的なクリエイティブの作成ポイントや成功事例について解説しました。

「インスタグラム広告を出したいけど、どんなクリエイティブを作ればいいか分からない」という方は、ぜひ今回のポイントを意識しながらクリエイティブを作成してみてくださいね!

また、クリエイティブはいくつか作ってA/Bテストをするのもおすすめです。自社にとってより効果のあるクリエイティブを試行錯誤しながら見つけていきましょう!

インスタグラム広告の運用方法を徹底解説
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラム広告の基礎理解

インスタグラム広告の運用

業界別の広告運用

 
 
インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

【企業様向け】「8月限定」先着10社様に10万円分の広告費をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「8月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら