インスタグラム広告

初めてでも出来るインスタグラム広告の出し方

Twitter広告やFacebook広告といったSNS広告の利用が広まってきた中、新たに定番化してきたインスタグラム広告。

そんなインスタグラムは、国内のアクティブアカウントが2019年6月時点で3,300万人を超えており、さらに詳細なターゲティングが可能なため、広告の出稿先としてとても魅力的です。

そのため、「うちの会社もインスタグラム広告に挑戦してみたいなぁ」と思っているweb担当者も多いのではないでしょうか?

とは言っても、「インスタグラム広告の出し方を知りたいけど、初心者でも自社で運用できるのかな…?」という不安もあるかと思います。

この記事では、そんな不安を解決するために、インスタグラム広告を出すメリットや出し方について、広告運用初心者でも分かるように丁寧に解説しました

広告アカウントの無料分析''

インスタグラム広告を出すメリットは?

インスタグラムは日本人の約3.5人に1人(※)は利用しているSNSなので、多くの人にリーチできる点で広告を出すのにもってこいのSNSです。
(※:https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html掲載の人口推計からアクティブアカウント3,300万を割ったもの)

しかし、インスタグラム広告のメリットは利用者数の多さだけにとどまらず、以下の6つのメリットがあります。

  1. 詳細なターゲティングができる
  2. 情報収集ツールとして利用している層にアプローチできる
  3. 広告感の少ない広告が出せる
  4. 視覚に訴えやすい
  5. 海外ユーザーにもアプローチできる
  6. 配信したい広告によって料金を変えられる

それぞれのメリットについて、もう少し詳しく解説します。

メリット①:詳細なターゲティングができる

インスタグラム広告は、Facebook広告と同様にインスタグラムユーザーのFacebook情報をもとにターゲティングができます。

驚きなのが、このターゲティングは以下のような細かい設定ができるんです。

  1. ユーザー属性ターゲティング
    →年齢・エリア・性別・属性(学歴、仕事、誕生日、子供の有無など)
  2. インタレストターゲティング
    →買い物・フィットネス・趣味・記念日・旅行など、ユーザーが「いいね!」したページやアクティビティーをもとにターゲティング
  3. カスタムオーディエンス
    →あなたの保有している顧客データをもとに、既存客のみの配信設定や既存客を除外しての配信が可能
  4. 類似オーディエンス
    →カスタムオーディエンスに類似するユーザーに配信が可能

上記のターゲティング設定をすれば、あなたの会社の商品やサービスに、より興味を持ちそうな見込み客にアプローチできます

そのため、不特定多数の人に広告を出すよりも費用対効果の良い結果を得られるでしょう。

メリット②:情報収集ツールとして利用している層にアプローチできる

インスタグラムを情報収集ツールとして活用している人は、非常に多いです。

たとえば、「Hanayume(ハナユメ)」が結婚式の情報収集方法を調査したところ、挙式した人のうち、8割以上がInstagramを利用して結婚式の情報を収集していたというデータが得られました。
(出所:https://www.a-tm.co.jp/news/marketing-16366/

また、インスタグラムの全世界ユーザーの8割が、自分から企業アカウントをフォローしているといったデータもあります。
(出所:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/04/news068.html

これらのことから、企業アカウントが情報発信することは、情報収集ツールとして利用している多くの層にもアプローチできると言えるでしょう。

メリット③:広告感の少ない広告が出せる

インスタグラム広告は、写真や動画の広告を出せますが、広告感が少ないのが大きなメリットです。

と言うのも、インスタグラムの広告は、インスタグラム利用者がフォローしている人の投稿に紛れて表示されるため、違和感があまりありません。

広告にはあんまり良いイメージをもたない層も、クリエイティブな写真広告や動画広告なら思わず見てしてしまうというのもインスタグラムの魅力と言えるでしょう。

メリット④:視覚に訴えやすい

インスタグラム広告では、写真を複数枚載せられるカルーセル広告やフルスクリーンのストーリーズ広告などがあり、紙媒体の広告と比較すると視覚に訴えやすいです。

一方で、「うちの会社が売りたいものは、とくにインスタ映えしなそうだな…」と思うかもしれません。

ですが、あなたの会社の商品やサービスを利用しているシーンを複数の写真や動画に落とし込んでストーリーを作ることで、ユーザーに響きやすい広告が作れますよ。

メリット⑤:海外ユーザーにもアプローチできる

インスタグラムのアカウント数は、世界で10億を超えています。(2020年6月時点)
(出所:https://business.instagram.com/

そのため、インバウンドビジネスで海外ユーザーに商品やサービスをアピールしたい場合、インスタグラムは広告を出すプラットフォームとしてとても優秀です。

また、写真や動画がメインなため、言語のハードルが低いのもメリットと言えます。

海外ユーザーにアプローチするときは、英語やアプローチしたい国の言語でのハッシュタグも忘れずに追記しましょう

メリット⑥:課金方式が4種類あるため、目的ごとに課金方法を変えられる

インスタグラム広告の課金方式は、以下の4種類あります。

  1. CPM課金
    →広告が1,000回表示されるごとに課金される
  2. CPC課金
    →広告がクリックされると課金される
  3. CPI課金
    →アプリがインストールされると課金される
  4. CPV課金
    →動画が10秒以上再生されると課金される

広告の目的に合った課金方式を選ぶことで、より費用対効果の良い広告の出し方ができます。

雑誌やフリーペーパー、チラシなどの紙媒体の広告ですと費用対効果が分かりにくいですが、インスタグラム広告はクリック数やクリック単価などがデータとして取得できるのもメリットです。

インスタグラム広告の運用ノウハウと運用事例を公開インスタグラム広告とは、インスタグラムユーザーに最低100円から出稿できる広告のことです。 インスタグラムの国内のアクティブアカウ...

インスタグラム広告を出す際のポイント

インスタグラム広告を出す際には、以下のポイントが大切です。

  • 広告を出す目的を整理する
  • 広告に使用する画像ルールを守る
  • テキストやハッシュタグを決める

広告を出す前にこれらのポイントについて理解することは、広告の効果を早く出すことに繋がります。

それぞれについて詳しく解説しますので、見ていきましょう。

広告を出す目的は?

広告を出す前に、まずは広告を出す目的を考えてみましょう。なぜなら、目的を明確にしないと、広告の内容や配信の仕方を間違えてしまう可能性が高いからです。

あなたの会社がインスタグラム広告を出す目的はなんですか?

  • 商品の認知拡大?
  • ネットからのお申し込み?
  • 実店舗への誘導?

これらを明確にした上で、広告に使用する画像や配信方法を検討してみましょう。

広告に使用する画像はどうする?

インスタグラム広告に使用する画像は、広告の形式によって異なります。

以下に広告の種類ごとの規定をまとめましたので、画像を作るときに活用してくださいね。

写真
広告
動画
広告
カルーセル
広告
フォーマット 正方形(1:1)を推奨
※横長(1.91:1)と縦長(4:5)も可
・正方形(1:1)
・横長(1.91:1)
・縦長(4:5)
正方形(1:1)
説明文の
文字数
125文字以内を推奨
※2,200文字まで可
画像の
枚数
2〜10枚
動画の
長さ
1〜60秒
ファイル
形式
jpg、png MP4またはMOVを推奨
(ほとんどのファイルが可能)
jpg、png
最大
サイズ
30MB 4GB 画像1枚につき30MB 
最大
解像度
1,936×1,936px 1,936×1,936px 推奨サイズ1,080×1,080px 
最小
解像度
・正方形(600×600px)
・横長(600×315px)
・縦長(600×750px)
・正方形(600×600px)
・横長(600×315px)
・縦長(600×750px)
600×600px
ストーリーズ
広告
コレクション
広告
フォーマット 縦長フルスクリーン(9:16) ・正方形(1:1)
・横長(16:9)
説明文の
文字数
125文字以内を推奨
※2,200文字まで可
見出しの文字数
→25文字以内を推奨
説明文の文字数
→90文字以内を推奨
画像の
枚数
3枚まで
動画の
長さ
1〜15秒 1〜60秒
ファイル
形式
jpg、png、gif、MP4、MOV MP4またはMOVを推奨
(ほとんどのファイルが可能)
最大
サイズ
画像→30MB
動画→4GB
4GB
推奨サイズ 1,080×1,920px 500×500px
最小
解像度
600×1,067px 500×500px

インスタグラム広告の画像や動画の写真は、テキスト要素を20%以内に収める必要があります。

テキストが多いとリーチできる数が制限されてしまったり、広告の承認が下りなかったりしますので、気をつけましょう。

Facebookが提供しているテキストオーバーレイツールを利用すれば、広告画像に含まれるテキストの量が測定できます。

テキスト要素が20%以内に収まっているか不安なときは、ぜひ使ってみてくださいね。

テキストやハッシュタグの決め方は?

インスタグラム広告は写真も大事ですが、テキストやハッシュタグのつけ方もとても大事です。

テキストは投稿写真の下に表示される説明文のことです。日記のような内容ではなく、投稿に載せた商品やサービスを使うと読者がどのようなメリットや価値を得られるかを書きましょう。

ハッシュタグは説明文に入力する「#○○」のことで、TwitterやFacebookなどでも利用されています。

インスタグラムでは、共通の趣味をもつユーザーを探したり、商品の口コミを探したりするのに、このハッシュタグを活用して情報収集をする人が多いです。

また、インスタグラムにはアカウントだけでなく、ハッシュタグをフォローする機能もあるため、ハッシュタグの付け方が命と言っても過言ではありません。

ハッシュタグは30個までつけられて好きな単語を選べますが、あんまり多いと説明文が見にくくなってしまうので、関連の深いハッシュタグを10個ほどつけましょう

インスタグラム広告の出し方を順番に解説

インスタグラム広告のメリットや広告を出すときのポイントが分かったところで、早速インスタグラムで広告を出してみましょう。

2012年にFacebookがインスタグラムを買収した後、二つのプラットフォームが統合されたため、インスタグラム広告の設定はFacebookから行います。

自社のFacebookアカウントが必要ですので、このFacebookアカウントの作成からインスタグラム広告の掲載までの以下の流れを順番に解説しますね。

インスタグラム広告の出し方
  1. 自社のFacebookアカウントを作成
  2. Facebookとインスタグラムのアカウントを連携
  3. 広告アカウントの作成
  4. 広告の入稿・掲載

自社のFacebookアカウントを作成

自社のFacebookアカウントがない方は、まずはFacebookアカウントを作成しましょう。

  1. こちらをクリックして、アカウント作成ページへ飛びます。
  2. 「ページを作成」画面で「ビジネスまたはブランド」を選択します。
  3. 氏名・メールアドレス・パスワード・誕生日・性別情報を入力して「アカウント登録」をタップすれば完了です。

インスタグラム広告は、Facebookページのみでも出せますが、Facebookビジネスマネージャーで管理したほうが便利です。

なぜなら、複数のFacebookアカウントを一括管理できたり、社内の人間に権限を付与できたりするからです。この機会にFacebookビジネスマネージャーの設定もしておきましょう。

設定方法は以下の通りです。

  1. こちらをクリックして、アカウント作成ページへ飛びます。
  2. 「ビジネスおよびアカウントの名前」「あなたの名前」「仕事用のメールアドレス」を入力します。
  3. 入力したら「次へ」を押し、次のページで「完了」をクリックしたらアカウントが完成です。

Facebookビジネスマネージャーのアカウントを開設したら、Facebookページを紐付けます。紐付けの方法は以下の通りです。

  1. Facebookビジネスマネージャーのアカウントにログインし、右上の「ビジネス設定」をクリックします。
  2. 左の「アカウント」から「Facebookページ」をクリックします。
  3. 画面の真ん中上部に、青色の「+追加」ボタンがあるので、こちらをクリックします。
  4. 自分のFacebookページのURLを入力して、「ページ追加」ボタンを押して完了です。

Facebookとインスタグラムのアカウントを連携

続いて、Facebookとインスタグラムのアカウントを連携させましょう。手順は以下の通りです。

  1. Facebookビジネスマネージャーを開きます。
  2. ページの左側にある「ビジネス設定」→「Instagramアカウント」の順にクリックします。
  3. 「新しいInstagramアカウントを取得」をクリックします。
  4. ユーザーネームとパスワードを追加し、「次へ」をクリックします。
  5. 複数の広告アカウントを承認してInstagramアカウントを利用するには、各広告アカウントの横にあるボックスにチェックを入れて「変更を保存」をクリックします。

広告アカウントの作成

Facebookとインスタグラムのアカウントを連携させたら、広告アカウントを作成しましょう。

まず、Facebookビジネスマネージャーの右上にある「ビジネス設定」をクリックします。

次に、以下の写真の①〜④を順番にクリックします。

最後に、広告アカウントIDを入力して「広告アカウントを追加」をクリックすれば完成です。

広告の基本設定

いよいよ広告の入稿です。広告の入稿には大きく以下の3ステップがあります。

  1. キャンペーンの設定
  2. 広告セットの設定
  3. 広告の作成

それぞれのステップで設定作業がありますので、順番に手順を解説します。

①キャンペーンの設定

最初に、Facebook for businessを開き、「広告を作成」ボタンを押します。以下の画面になるので、マーケティングの目的を選びます。

この目的を設定すると自動最適化機能が働き、一番効果的な配信方法で広告を配信してくれます

そのため、「自社がなんのためにインスタ広告を出稿するのか」といったゴールを整理した上で正確に設定することが大切です。

インスタグラム広告では、以下を目的に設定することが多いので、あなたの会社が目的としているゴールに合わせて参考にしてもらえればと思います。

  • ブランド認知度アップ
    →関心を示しそうな人にリーチして認知度をアップしたい場合
  • リーチ
    →より多くの人に広告を届けたい場合
  • トラフィック
    →ウェブサイトやアプリなど広告からのリンク先に誘導したい場合
  • コンバージョン
    →商品購入や会員登録などのアクションをしてもらいたい場合
  • アプリのインストール
    →アプリをインストールしてもらいたい場合
  • 動画の再生数アップ
    →より多くのユーザーに動画を見てもらいたい場合

マーケティングの目的をクリックして下にスクロールすると、以下の画面になります。キャンペーン名を入力して、「広告アカウントを設定」ボタンを押してください。

今後、色々なキャンペーンを作った際に分かりやすくするために、日付や商品名などを入れたり、キャンペーン名の入力ルールを作っておくと、後々管理が楽になりますよ。

②広告セットの設定

広告の目的を設定したら、次に「誰に対してどこに配信するか」「予算・掲載期間」など広告の中身を決めていきます。

手順は以下の通りです。

  1. オーディエンスの設定(誰に配信するか)
  2. 広告の配置を設定(どこに配信するか)
  3. 予算・掲載期間を設定

それぞれの設定の仕方を分かりやすくお伝えします。

1.オーディエンスの設定(誰に配信するか)

左の項目の「オーディエンス」をクリックすると、オーディエンス作成画面になります。

入力項目は7つあり、設定すると右側にリーチできる推定人数が表示されます。

ターゲティングを絞りすぎるとリーチできる人数が減りすぎてしまうため、広告の効果を測るためにも、最低でも1万人以上のボリュームにしておきましょう

2.広告の配置を設定(どこに配信するか)

続いて広告の配置を設定しますので、左の項目から「配置」を選んでください。

デフォルトでは自動配置になっていますが、そうするとFacebookやMessengerにも広告が配信される設定になっています。

インスタグラムだけに広告を出すなら「手動配置」を選び、Instagram以外のチェックを外しましょう。

3.予算・掲載期間を設定

広告にかける予算と広告を掲載する期間を設定します。

①広告配信への最適化
効率的に多くの結果が得られるように、以下の3つから選べます。

  • リンクのクリック
     →少ない予算でサイトのリンクのクリック数がより多くなるように配信したい場合
  • インプレッション
     →ターゲット層に含まれる人にできるだけ多く広告を配信したい場合
  • リーチ
     →できるだけ多くのターゲットに広告を配信したい場合

②入札コントロール(任意)
入札単価の上限を設定したい場合に入力します。設定しない場合は、Facebookの広告システムが予算を全額消化して、結果を最大限に高めることを目指します。

③予算と掲載期間
予算は1日単位または掲載期間単位で設定できます。予算を1日単位にした場合、「今日から継続的に掲載する」こともできますし、「開始日と終了日を設定」することもできます。

「通算予算」を選択した場合は、開始と終了の日時を設定してください。

インスタグラム広告の費用の相場はいくら?費用対効果は高い?「インスタグラム広告は高い?」「実際の費用対効果は?」 「そもそも、インスタ広告の相場がわからない…」 そんな疑問やお悩みは...

④フリークエンシーキャップ
同じ人に再度広告を表示するまでに、最低何日間の期間を置くかを入力することで、同じ人に広告が配信される頻度を制限できます。

⑤課金対象
選択したマーケティングの目的によって、インプレッションやアクションなどのオプションが表示されます。

⑥広告スケジュール
予算で「通算予算」を選択すると、特定の時間や曜日を選んで広告を配信することが可能です。

⑦配置タイプ
配置タイプは「標準(推奨)」か「スピード」を選択できます。「予算を消化してもいいから、できるだけ早く成果を得たい」場合は、「スピード」を選びましょう。

「スピード」を選んだ場合は、入札単価を設定する必要があります。

広告の作成

広告を作成して掲載するために、以下の手順を行います。

  1. アイデンティティ欄から広告を選択
  2. 画像または動画など形式の選択
  3. 画像または動画をアップロード
  4. テキストの設定

それぞれの選択方法や設定方法を解説します。

1.アイデンティティ欄から広告を選択
Facebookビジネスマネージャーの「広告」→「アイデンティティ」を選び、広告として掲載するFacebookページを設定し、掲載するアカウントはInstagramを選択します。

2.画像または動画など形式の選択
広告の形式を決めます。2枚以上の画像や動画を使用したい場合は「カルーセル」、1枚の画像や動画を使用したい場合は「1件の画像または動画」を選択してください。

3.画像または動画をアップロード
続いて、「メディア」で画像や動画をアップロードします。

赤枠の「メディアを追加」をクリックするとアップロード画面になりますので、広告に使いたい画像や動画をこちらからアップロードしましょう。

おしゃれなテンプレートを使うこともできますので、興味がある方は「新しいテンプレートをお試しください」をクリックしてチェックしてみてください。

4.テキストの設定
テキストの設定が終われば、広告の作成は完了です。

①メインテキスト
メインテキストは、写真や動画の下に表示される説明文のことです。2,200文字まで記載は可能ですが、長すぎても読んでもらえないので、推奨されている125文字以内に収めるとよいでしょう。

②ウェブサイトのURLを追加
広告から誘導したいウェブサイトがある場合は「ウェブサイトURLを追加」にチェックを入れ、そのURLを入力します。

③コールトゥアクション
コールトゥアクションは、広告のリンク先に合わせて以下のような文言(ボタン)を選べます。

  • ボタンなし
  • 予約リクエスト
  • 保存する
  • メニューを見る
  • 購入する
  • 登録する
  • フォローする
  • 他の動画を見る
  • 詳しくはこちら
  • 申し込む
  • 予約する
  • 今すぐ電話
  • お問い合わせ

以上の設定が終わったら、画面右下の緑色の「実行する」ボタンを押せば広告の掲載がスタートします。

まとめ

初めてインスタグラム広告を出稿する方向けに、インスタグラム広告のメリットや広告の出し方を解説しました。

一見「難しそう」と思うかもしれませんが、解説通りに一つ一つ設定していけば大丈夫ですし、下書き保存もできます。

この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね。

インスタグラム広告の運用方法を徹底解説
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラム広告の基礎理解

インスタグラム広告の運用

業界別の広告運用

 
 
インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら