インスタグラム広告

インスタグラム広告の審査を通過するコツ

インスタグラム広告は、Facebook広告やTwitter広告に加えて、メジャーなSNS広告のうちの一つです。

ただし、同じSNS広告とはいえ、クリエイティブや広告文の審査基準は微妙に異なります。

もし、この審査基準を知らずにクリエイティブを作って審査に落ちてしまったら、クリエイティブを作った時間が少しもったいないと思いませんか?

せっかくクリエイティブを作るなら、あらかじめ審査基準を確認し、審査落ちしやすいクリエイティブや広告文の特徴を知っておいた方が、効率よくクリエイティブを作れるでしょう。

この記事では、これからインスタグラム広告のクリエイティブを作る人、クリエイティブを作ったけれど審査落ちしてしまった人のために、インスタグラム広告の審査を通過するコツを紹介します。

広告アカウントの無料分析''

インスタグラム広告の審査基準(ポリシー)とは

インスタグラム広告を出稿する際は、Facebookの「広告ポリシー」を基準に審査が行われます

この「広告ポリシー」には、どのような広告の内容が認められるかについての指針が掲載されているため、広告運用担当者なら一度目を通しておくと良いでしょう。

審査されるのは広告の画像だけではなく、テキスト、ターゲット設定、広告の配置に加え、広告のランディングページのコンテンツもチェックされますので、しっかり確認しておくことが必要です。

詳細はFacebookの「広告ポリシー」に記載されていますが、量がとても多いので概要をこちらでまとめておきます。広告として禁止されている内容は以下の通りです。

  • 違法な製品、サービス、またはアクティビティに寄与したり、それを促進または宣伝したりする広告
  • 人種、民族、肌の色、国籍、宗教、性別、性的指向、性同一性、家族構成、障がい、医学的状態、遺伝子状態などに基づく差別や差別の助長
  • タバコ製品や関連器具
  • 違法薬物、処方薬、娯楽のための麻薬
  • Facebookが独自の裁量で危険と判断するサプリメント
  • 武器や弾薬、爆発物
  • 成人向け商品やサービスの販売
    (家族計画や避妊に関する広告はOK。避妊具や避妊薬の広告では、商品の避妊効果に重点を置くこと。ターゲットは18歳以上に設定すること。)
  • ヌード、性的に刺激的な行為などの成人向けコンテンツ
  • 第三者の著作権、商標、プライバシー権、パブリシティ権などの個人的なまたは専有の権利を侵害するようなコンテンツ
  • 過度に暴力的なコンテンツ
  • 偽情報
  • 賛否の分かれる政治的または社会的問題を取り上げるコンテンツ
  • 機能しないランディングページに利用者を誘導すること
  • 不正行為や詐欺行為を行うことを可能にするように設計された製品やサービス
  • 使用前と使用後を含む画像や、期待できない、ありえない結果を含む画像の掲載
  • 給料日ローン、給料前のキャッシング、保釈保証サービスなどの短期ローン
  • マルチ商法

参考:https://www.facebook.com/policies/ads

インスタグラム広告の運用これまで様々な広告の運用をしてきたワンクルーズ。そのアカウント数は840以上。その中でインスタグラム広告に特化した事例も多数。多種多様なアカウントを運営してきたノウハウがあります。...

他にも、広告を出稿するにあたって制限されるコンテンツもあります。

たとえば、アルコールは宣伝できる国が決まっている、オンライン紹介サービスや薬局の広告は書面による許可を得た場合のみ認められる、といった内容です。

クレジットカードの申し込みや認定機関による金融サービスを宣伝する広告では、ランディングページ内に金利手数料、取引手数料、利率などの関連手数料や商品を提供する機関の住所を明示する必要があるなど、サービスによってはより細かな基準があるので注意しましょう。

また、Facebookの「コミュニティ規定」にも違反してはいけませんので、併せてこちらも確認しておくと良いですよ。

ちなみに、審査に落ちたからといって、何かペナルティがあるわけではないです。ですが、企業によっては広告の配信スケジュールが厳密に決まっているところもあるでしょう。

審査に落ちてしまうと、クリエイティブの修正や再提出からの承認までに時間がかかるため、配信スケジュールが押してしまう可能性もあります

そのため、できるだけ早く広告の配信ができるように、「広告ポリシー」を確認しておくことは大切です。

インスタグラム広告で審査落ちしやすいクリエイティブの特徴は?

インスタグラム広告の審査基準になっている「広告ポリシー」には、様々な基準が設けられていますが、審査落ちしやすいクリエイティブには以下のような特徴があります。

  • 肌の露出度が高い
  • 使用前と使用後を含む画像やありえない結果を含む画像の掲載
  • テキストが多すぎる
  • ランディングページが正常に機能していない
  • Facebookブランドを阻害するものを避ける

詳細を一つずつ説明していきますね。

肌の露出度が高い

インスタグラム広告では、ヌード写真や肌の露出度が高い写真はNGです。性行為の暗示や性的に挑発するポーズも使用できません。

性的な意味合いがなくても、体の個別の部位に焦点を当てることもNGですので気をつけましょう。

使用前と使用後を含む画像やありえない結果を含む画像の掲載

ダイエットや筋トレに関する商品でよくあるビフォーアフターの写真。インスタグラム広告では禁止されています。

他にも「1ヶ月で10kg痩せる」などありえない結果や誇張する表現も使えません

また、特定の体型の例を良い例としてあげたり、よくない例としてあげたりすることも、広告を見た人に不快な気持ちをさせてしまうためNGです。

テキストが多すぎる

広告画像内のテキストが多すぎるのも審査落ちの原因になります。このテキストには、画像内のテキストだけではなく文字ベースのロゴも含まれます

テキスト量の目安としては20%以内を目指しましょう。ただし、以下のものはテキストに含まれません。

  • 本やアルバムのカバー
  • ゲームのスクリンショット
  • イベントや映画のポスター
  • チャートやグラフ

画像内のテキスト量に不安がある場合は、画像をアップロードすると広告画像に含まれるテキストの量が測定される「テキストオーバーレイツール」を利用するのがおすすめです。

ランディングページが正常に機能していない

インスタグラム広告から自社サイトに誘導したいと考えている人は多いでしょう。広告の審査では、遷移先のランディングページも審査の対象となります。

たとえば、ランディングページがエラーページになっていたり、サイトが未完成だったりすると審査に落ちる可能性が高いです。

リンク先から離脱しようとしたときに、ポップアップで移動を妨げることも禁止されています。

インスタグラムのガイドラインを阻害している

インスタグラムのガイドラインでは、インスタグラム社の提携、後援、支持をほのめかすような方法で利用することを禁止しています。

たとえば、広告テキスト中の「Instagram」という名称を小文字始まりにしたり、古いロゴを使ったりしてはいけません。

自社製品やサービスと「Insta」や「gram」という言葉を組み合わせることも禁止されています。

インスタグラム広告で審査落ちしやすい広告文の特徴は?

続いて、インスタグラム広告で審査落ちしやすい広告文の特徴について紹介します。広告文というのは、画像内の部分ではなく、説明文を入力するフィールドのことです。

この広告文では、広告の対象である商品やサービスについて明記する必要があります。

反対に、個人の属性や特徴を明示すること、広告を見ている人が不快に感じる言葉、虚偽や誇張表現をすることはNGです。

たとえば、有料のコンテンツなのに無料で利用できるかのように表現すること、製品やサービスを使った効果を誇張していると判断された場合、審査落ちの対象となります。

インスタグラム広告で審査落ちを回避するポイントとは

インスタグラム広告で審査落ちを回避するために、とくに重要視しておくべきポイントを改めて以下にまとめました。

  1. 広告画像内のテキストは20%以下にする
  2. 肌の露出度が高い画像や性的なものがイメージできる画像は使用しない
  3. 使用前と使用後を含む画像やありえない結果を含む画像は掲載しない
  4. 差別用語や見ていて不快になる言葉を使わない
  5. 賛否の分かれる政治的または社会的問題は取り上げない
  6. 第三者の著作権、商標、プライバシー権、パブリシティ権などの個人的なまたは専有の権利を侵害しない
  7. インスタグラムのガイドラインを守る
  8. ランディングページを正常に機能させる

広告運用担当者としては違反をしているつもりはなくても、実は「広告ポリシー」や「ガイドライン」の禁止行為に触れていたということは実際あります。

また、広告の審査は年々厳しくなっており、「以前は大丈夫だったのに今回は落ちてしまった」という場合もあるので、しっかりと「広告ポリシー」を一通り把握して広告を作った上で、審査に提出しましょう。

インスタグラム広告の審査に落ちてしまったときの手続き方法

万一、インスタグラム広告の審査に落ちてしまっても、再提出できるので安心してください。

審査に落ちた場合は、広告アカウントに登録されているメールアドレス宛に、Facebookから詳細と理由を説明したメールが届きます

この内容をもとに、ポリシーに準拠した広告に編集して変更を保存しましょう。変更を保存すると、広告は審査に再提出されます。

ちなみに、広告を編集できない場合や、広告が承認されなかったのは間違いだと思われる場合は、[アカウントのクオリティ]で決定の見直しをリクエストできます。

まとめ

インスタグラム広告の審査を通過するコツについて紹介しました。

「自社の広告には当てはまらなそうだな」と思うかもしれませんが、インスタグラム広告の審査は、広告の画像、テキスト、ターゲット設定、広告の配置に加え、広告のランディングページのコンテンツにも及ぶので、何かしらで引っかかる可能性もあります。

審査プロセスは通常24時間以内に完了しますが、それ以上の時間がかかることもありますので、広告をできるだけ早く配信するためにも、「広告ポリシー」を意識しながらクリエイティブを作りましょう!

インスタグラム広告の運用方法を徹底解説
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラム広告の基礎理解

インスタグラム広告の運用

業界別の広告運用

 
 
インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

【企業様向け】「8月限定」先着10社様に10万円分の広告費をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「8月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら