インスタグラム広告

インスタグラムのプロアカウントとは?個人アカウントからの切替方法

Instagramを使って集客したい!

インスタを宣伝に使う方法はないかな、などとお悩みの皆さん。

プロアカウント(旧:ビジネスアカウント)』の切り替えは済んでいますか?

”無料”で使えるインスタグラム。お店や自社の製品、ブランドの集客や宣伝に使おうと考えている方も多いと思います。かんたんに始められるし、身近に使っている人もいて、便利ですよね。

でも実際は、うまく活用できている人ばかりではありません

最近、企業アカウントが増えていますが、プロアカウントではなく個人アカウントで運用している人もいて、思わず「おしい!」と感じることもチラホラ…。

集客・宣伝にインスタを使う際、プロアカウントを使う『メリット』はかなり大きいです。

今回は、意外と知らない(!?)Instagramプロアカウント(旧:ビジネスアカウント)の種類や導入のメリット・デメリット、個人アカウントからの切替方法をご紹介します。

インスタグラムのプロアカウントとは?

Instagramプロアカウント(旧:ビジネスアカウント)』とは、2019年7月から日本国内でも実装された機能で、インスタをビジネスに利用したい時や、自分自身や自分の作品を宣伝したい時に使うアカウントのことです。

プロアカウントに切り替えることで、プロフィール欄に『お問い合わせボタン』を設置できたり、『インスタグラムインサイト(分析ツール)』などの機能を使えたりするようになるため、多くの企業やインフルエンサーに愛用されています。

「プロアカウントへの切り替えやインスタグラムで広告を出稿したいけれど、どうすれべ良いか分からない」という方は、運用実績のあるプロに任せてみませんか?弊社にご依頼いただくにあたり、サービス内容に興味のある方はインスタグラム広告のサービスページをご覧ください。

プロアカウントの種類

プロアカウントには、①クリエイターアカウント②ビジネスアカウント2種類があります。

クリエイターアカウント … 著名人、アーティスト、インフルエンサー向け

ビジネスアカウント … 小売店、ブランド、組織向け

クリエイターアカウントとビジネスアカウントの違い

クリエイターアカウントビジネスアカウントでは、どちらを選択するかによって使える機能や表示方法が異なるので注意が必要です

アカウントの選択自体はそう難しくありません。たとえば、ハウスメーカーの宣伝をInstagramで行うなら、会社では「ビジネスアカウント」、営業個人では「クリエイターアカウント」を使うというように”組織”として使うのか、”個人”として使うのかによって選択すれば、ほぼ間違いないです。

ただ、ビジネス宣伝したい内容によっては「クリエイターアカウント(or ビジネスアカウント)を使った方が好都合~」ということもあります。

2つのアカウントの違いを事前にチェックしておきましょう。

≪クリエイターアカウントとビジネスアカウントの違い≫

1.ボタンやカテゴリの表示有無

2.カテゴリ(ビジネス7種類/クリエイター41種類)

3.ショッピング機能(ShopNow)を使えるか

4.DMの管理方法(フォルダ)

1.ボタンやカテゴリの『表示』有無

プロアカウントになると、プロフィール欄に、①電話やメール、住所、席予約などの『ボタン』を付けたり、②建築デザイナーといった『カテゴリ』を付けたりすることができます。

ただし、クリエイターで使えるボタンは「電話」「メール」のみなので、実店舗”への集客の場合は「住所」や「席予約」などのアクションボタンも設置できるビジネスアカウントがおすすめです

instagram

また、ビジネスの場合はカテゴリの表示が必須ですが、クリエイターの場合はカテゴリを非表示にすることもできます。カテゴリが表示されていなければ、個人アカウントと見た目が変わらないので、一見プロなのか個人なのか分からなくなるんです!

「あまり宣伝感を出したくない」「ビジネス利用していると気づかれたくない」という場合は、クリエイターアカウントを選んだ方が良いでしょう。

2.カテゴリ

クリエイターとビジネスでは、選択できる『カテゴリ』が違います。

クリエイターは以下のように個人向けのカテゴリ分けをしているので、組織(企業やブランド)で運用する場合は選びづらいかもしれません。ただ、クリエイターではカテゴリ表示の有無を任意で決定できるので、カテゴリを非表示にして使うのもひとつの手でしょう。

ビジネスアカウントのカテゴリ(7種)

個人ブログ、商品・サービス、芸術・技術、ミュージシャン・バンド、ショッピング・小売り、健康・美容、食料品店

クリエイターアカウントのカテゴリ(41種)

DJ、Fitness Trainer、アーティスト、インテリアデザインスタジオ、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、ゲーマー、ゲーム動画クリエイター、コメディアン、コンサートツアー、シェフ、ジャーナリスト、スポーツ選手、ダンサー、デザイナー、デジタルクリエイター、ニュース司会者、ファッションデザイナー、ファッションモデル、フィットネスモデル、ブロガー、プロデューサー、ミュージシャン・バンド、モチベーショナルスピーカー、ライター、映画の登場人物、映画監督、音楽家・ミュージシャン、科学者、監督・コーチ、起業家、建築デザイナー、公人・著名人、写真家・フォトグラファー、政治家、政治関係者、動画クリエイター、俳優、編集者、立候補者

3.ショッピング機能(ShopNow)を使えるか

2019年6月に実装された、インスタグラムのショッピング機能(ShopNow)

『ShopNow』を使えば、インスタ上で投稿した画像にECサイトへのリンクを直接貼れるので、売上アップが実現しやすくなりました。

このShopNow機能は、一部のクリエイターを除き、現在はビジネスアカウントでしか使用できないので、インスタグラムを使って商品を売りたい場合は『ビジネスアカウント』を選択すると良いでしょう

(※なお、インスタグラムはShopNow機能をクリエイターにも拡充すると発表していて、試験運用も開始されています。適宜、最新情報をチェックしてみてください。)

shopnow

4.DM(ダイレクトメッセージ)の管理方法

ビジネスアカウントとクリエイターアカウントの主な違い、最後の4つ目は”DM(ダイレクトメッセージ)の管理方法”です。

ビジネスでは、DMのフォルダが1つしかありませんが、クリエイターでは「メイン」と「一般」2種類のDMフォルダを使うことができます

2つフォルダがあると、①「メイン」を仕事用、②「一般」をプライベート用と使い分けられるので、便利ですよね!

DMのやり取りが多い人”や”アカウントをプライベートでも使いたい人”は、クリエイターアカウントを選ぶと良いかもしれません。

instagram_dm

上記の4つの違いを理解した上で、『ビジネスアカウント』か『クリエイターアカウント』かを選ぶようにしましょう。

プロアカウント導入のメリット

なお、有名な企業のアカウントはほとんど『Instagramプロアカウント』を導入しています。プロアカウントにすることで得られるメリットが大きいからです。

≪Instagramプロアカウント導入のメリット≫

1.プロフィール欄に「連絡先ボタン」を追加できる。(メールや電話など)

2.Instagramインサイト(分析ツール)を使えるようになる。

3.Instagram広告を簡単に出稿できる。

4.クリエイタースタジオを使って予約投稿できるようになる。

①プロフィール欄に連絡先ボタンを追加できれば、お問い合わせや資料請求、予約獲得につながりやすいですし、②インサイトを使って分析を行うことで、「どんな投稿が反響が高いか」や「狙ったターゲットに情報が届いているか」を客観的に見ることができます。

さらに、クリエイタースタジオ(PCから使用)を使えば、これまで難しかった『予約投稿』ができるようになるので、運用の手間が省ける可能性もあります。

これらの理由から、個人アカウントからプロアカウントに切り替えるメリットは大きいのです。

creatorstudio

(出典:クリエイタースタジオ

プロアカウントに切り替えて集客を成功させたいなら、プロにお任せしてしまった方がコスパ良く運用できるかもしれません。弊社では多くのお客様に運用をお任せいただいておりますので、気になる方はお客様の声も見てみてくださいね!

プロアカウント導入のデメリット

1点だけ、プロアカウントに切り替えることで生じる『デメリット』もあります。

プロアカウントの場合、投稿内容を全ユーザーに知ってもらうことが前提となるので、アカウントを『非公開(鍵アカ)』にできません

ただし、アカウントをプロアカウントから個人アカウントに戻せば非公開にできます。非公開にしたい場合は、以下の手順で変更しましょう。

補足:プロアカウントから個人アカウントに戻す方法

  1. プロフィール画面右上の「メニューボタン」をタップ。
  2. 「設定」→「アカウント」を選択する。
  3. 「個人用アカウントに切り替える」をタップで完了。

プロアカウントへの切り替え方法

では最後に、個人アカウントからプロアカウントへ切り替える手順をご紹介します。操作はとてもかんたんです。

まず、①プロフィール画面右上の「メニューボタン」をタップ。

②「設定」から「アカウント」を選択します。

instagram

③一番下の「プロアカウントに切り替える」をタップ。

④「クリエイター」か「ビジネス」かを選択します。

proaccount

1.クリエイターアカウントの場合

「次へ」→「カテゴリ」を選び、「カテゴリラベルを表示するか」を選択後、「完了」をタップすれば終了です。

 categorylabel

2.ビジネスアカウントの場合

ビジネスアカウントの場合は、まず「Facebookページをリンク」するかを選択します。(※以前はFacebookページを持っていることがビジネスアカウント利用の条件でしたが、現在はFacebookページが無くても利用可能です。)

「カテゴリ」を選び、「連絡先ボタン(メール・電話・住所)」を使うか選択すれば完了です。

actionbutton

まとめ

1.インスタグラムのプロアカウント(旧:ビジネスアカウント)は、インスタを集客や宣伝に使う際に役立つ機能。

2.プロアカウントを使うことで、申し込みの導線を増やしたり、フォロワーの分析ツールが使えるようになったり、予約投稿ができるようになったりと、多くの導入メリットが期待できる

3.クリエイター』と『ビジネス』の2種類があって、どちらを選択するかで使える機能や表示方法が異なる。

4.個人アカウントから簡単に切り替えできる。

このように、Instagramプロアカウントをうまく活用することで、集客チャンスを大幅に拡大させられる可能性があります。まだ切り替えていない人は、ぜひこの機会に試してみてください。みなさまのプロモーションがうまくいくことを願っています!

インスタグラム広告の運用方法を徹底解説

ワンクルーズのInstagram広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
「これまで獲得出来なかった層の新規顧客を獲得したい」
「今かけている広告宣伝費全体の効率をあげたい」
「サービスや商品のストーリーをもっとユーザーに知ってほしい」
という場合は、Instagram広告を始めるタイミングかもしれません。

10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください。契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラム広告の基礎理解

インスタグラム広告の運用

業界別の広告運用

インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら