Facebookによる集客

Facebook広告の特徴とは?ターゲティングのコツを解説【2021年版】

正確なターゲティングと、詳細なターゲットの属性が設定可能で人気のFacebook広告。ですがそれに伴い設定が難しく、こんな経験があるユーザーも多いでしょう。

「ターゲットの設定方法が難しくてわからない」
「広告の反応が悪いのでターゲット設定のコツが知りたい」

そこで本記事では、Facebook広告の特徴やターゲティングの種類と設定方法について紹介します。

ターゲティング設定のコツについても紹介しているので、最後まで読めばあなたのFacebook広告の目的に合ったターゲティング設定ができるようになりますよ!

最適な設定でFacebook広告を有効活用し、売上増加や集客力アップにつなげましょう。

「Facebook広告を運用しているけれど、忙しくて分析や改善に手が回らない…」という担当者は、一度弊社にご相談いただけませんか?興味のある方は、Facebook広告の運用サービスページもご覧ください。

Facebook広告の特徴

Facebook広告の大きな特徴として、広告のカスタマイズ性および高いターゲティング精度が挙げられます

Facebook広告では、各ユーザーのプロフィール情報やいいね・シェアした投稿の内容にもとづき配信先を自動で調整することが可能です。ユーザーが実名で利用していることもあり、精度の高いターゲティングが実現できます。

また、Facebook広告ではターゲットとするユーザーの興味関心や行動、広告のフォーマットなど、非常に細かい部分まで設定可能です。しかしこのような自由度の高さが、「どう設定すればいいのか」と迷ってしまう原因でもあります。

本記事ではカスタマイズ可能な設定のうち、ターゲットに関する項目に絞って解説します。下記の記事もあわせてご覧ください。

(メリット・デメリットを知りたい人向け)
Facebook広告を使った集客のメリットとデメリットとは

(広告のフォーマットや種類を知りたい人向け)
Facebook広告10種類とその特徴を解説!

Facebook広告はどのような構造になっているのか

Facebook広告は、下記の4階層からなります。

  1. 広告アカウント
  2. 広告キャンペーン
  3. 広告セット
  4. 広告

①広告アカウント

広告キャンペーンを管理するためのアカウントです。広告アカウントは複数持つこともでき、ビジネスマネージャを利用するとアカウントの増設・一括管理が可能です。

②広告キャンペーン

キャンペーンを行う目的を管理する階層です。ウェブサイトへのアクセスやブランド認知度の向上など、自社のビジネスに合った目的を選択します。

③広告セット

ターゲットの設定や広告を表示させる配置・予算など、広告の運用方法を定めるのに用いられる階層です。こちらで設定する「オーディエンス」、すなわちターゲットとして扱うユーザー群がターゲティングを成功させる上で重要になります。

④広告

広告そのもののデザインを決定する階層です。広告フォーマット、クリエイティブと呼ばれる広告用の画像・動画、テキストなど、広告の素材となる要素を設定します。

Facebook広告のターゲティングの種類

こちらではFacebook広告におけるターゲティングの種類について説明します。

Facebook広告は広告セット内で設定したオーディエンスをもとに配信されます。ターゲティングを最適化するには、オーディエンス設定を避けて通れません。

コアオーディエンス

コアオーディエンスは、広告セットで決めるターゲットの基本事項のことです。以下の情報を設定できます。

  1. 地域
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 詳細ターゲット設定
  5. 言語
  6. つながり

詳細ターゲット設定には、利用者層、興味・関心、行動の3点が含まれます。こちらを活用すれば「子供がいる人」「特定の職業に就いている人」など、よりピンポイントで広告を出稿可能です。

下記に詳細ターゲット設定で選択できるカテゴリー一覧をまとめました(2021年4月20日現在)。広告をこれから作成しようとしている人は、目的のジャンルがあるかチェックしてみてください。

<利用者層>

  1. 学歴:学歴、専攻など
  2. ファイナンス:収入
  3. ライフイベント:最近転居した、就職・転職など
  4. 子供がいる人:父親/母親
  5. 交際:交際ステータス
  6. 仕事:勤務先、業界など

<興味・関心>

  1. スポーツ・アウトドア:アウトドア活動、スポーツ
  2. テクノロジー:コンピューター、家電・エレクトロニクス
  3. ビジネス、業界:エンジニアリング、デザインなど
  4. フィットネス・ウェルネス:ウェイトトレーニング、エクササイズなど
  5. レジャー施設:ゲーム、ライブイベントなど
  6. 家族と交際関係:ウェディング、子育てなど
  7. 買い物・ファッション:ショッピング、美容など
  8. 趣味・アクティビティ:アート・音楽、ペットなど
  9. 食品・飲料品:お酒、クッキングなど

<行動>

  1. Soccer:サッカーファン、サッカーファンの友達など
  2. その他のカテゴリ:マーケティングAPI開発者、近日予定のイベントに興味あり
  3. デジタルアクティビティ:Facebook Gamingにアクセスした人、Facebook page adminsなど
  4. モバイルデバイスユーザー:Android、ネットワーク接続など
  5. モバイルデバイスユーザー/デバイスの使用期間:10~12ヵ月、1ヵ月未満など
  6. 政治(米国):リベラル(保守)のコンテンツでアクションを実行する可能性が高い人など
  7. 旅行:よく旅行する人、旅行から帰ってきて1週間以内であると思われる人など
  8. 海外在住者:元海外駐在者・米国、海外在住など
  9. 消費者の分類:UAE、インドなど
  10. 記念日:記念日(61~90日以内)
  11. 購入行動:アクションを実行したカスタマー

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスは、既存顧客や特定の行動を取ったユーザーで構成されるオーディエンスです。メールマガジン登録者などの顧客リスト・ウェブサイトのトラフィック・Facebookページへのアクション(いいねやシェア)から作成できます。

「サイトを見た人」「アプリをダウンロードした人」などを対象にできるため、リターゲティング向きの機能といえます。カスタムオーディエンスに蓄積された顧客データを使って後述の類似オーディエンスを作成できるため、顧客の新規開拓にも有効です。

類似オーディエンス

作成したカスタムオーディエンスや顧客リストをはじめ、あるオーディエンスと性質が近いユーザーをターゲットに設定できる機能が類似オーディエンスです。

「商品を買った人」のカスタムオーディエンスを情報ソースとすれば、商品を購入してくれる可能性が高い見込み客に向けて広告を出稿できます。

リスト数が少ないと作成できなかったり、正確なターゲティングが行えなかったりする点には注意が必要です。Facebook公式ヘルプページでは、1,000~50,000人規模を推奨しています。

ターゲティングの設定方法とコツとは

Facebook広告では、オーディエンスの設定がターゲティング成功のカギであることを説明しました。ただ、オーディエンスの設定は若干複雑でFacebook広告の難所になっており、つまずく人も多いです。

ここではターゲティングの効果的な設定方法・コツを、オーディエンスの種類ごとに解説します。

設定方法・コツ1)コアオーディエンス編

コアオーディエンスで設定するのは、地域や年齢・言語などターゲットにしたいユーザー群の基本情報です。年齢などでユーザーを絞り込むのは限界がありますので、細かい属性まで指定できる詳細ターゲット設定を活用しましょう。

効率よくターゲティングを行うには、ターゲットに近い属性を選ぶことはもちろん、オーディエンス設定の広さも考えなければなりません。

たとえば「スポーツに興味のある20~21歳男性」と絞り込みすぎると、広告を配信できるユーザーが極端に少なくなってしまいます。

逆に「20~60歳男性」のように広すぎると顧客が20代なのか60代なのかといった点が判断できず、成果が出ていても次のターゲティングにあまり活かせません

設定の編集画面には、現在の条件における配信対象ユーザー数およびオーディエンス設定の広さの目安が表示されます。とくにデータのない初回や「どう設定をしていいかわからない」という場合は、こちらを見つつ適正な範囲になるように調整するとよいでしょう。

設定方法・コツ2)カスタムオーディエンス編

カスタムオーディエンスは、前述の通り既存顧客リストや製品・サービスに対して特定の行動を行った人から設定します。条件の異なるオーディエンスを複数作成しておくと、比較検討による詳細な顧客データ分析が可能です。

作成に利用できるデータ・アクションは以下の通りです。

  1. 顧客リスト
  2. ウェブサイト
  3. アプリアクティビティ
  4. オフラインアクティビティ
  5. Facebook・Instagramでのアクション

すでにビジネスを展開しているなら、顧客リストを情報ソースにするのが有効です。サービスの登録者リストなどのCSVファイルを読み込ませたり手動で入力したりしてオーディエンスを作成します。

実際にサービスを利用した人をもとに作成するため、濃い顧客が獲得しやすいでしょう。

ウェブサイトにおけるアクションを利用するのも、カスタムオーディエンス作成で主流の手法です。Facebookピクセルと呼ばれるコードをサイトに埋め込んでおくと、そのサイトやページを見たユーザーの情報が記録されてオーディエンスが作成されていきます。

商品販売を目的とするのであれば、購入後に表示されるページにFacebookピクセルを設置しておくと、コンバージョンした人で構成される濃いユーザー群を作れます。

アプリアクティビティは、ダウンロードや起動などアプリに関連するアクションを計測して作成するオーディエンスです。購入額の上位何%までを対象にするか設定できるので、ヘビーユーザーとライトユーザーに分けてアプローチすることもできます。

アプリを広めたり販売したりするためのキャンペーンで役立つ作成方法です。

実店舗に来てくれた人や電話で問い合わせをくれた人を対象にしたい場合は、オフラインアクティビティを選択しましょう。

オフラインイベントのデータは自分で直接アップロードするほか、カスタマーシステムを連携してアップロードできます。Facebook広告向けに提供されているのは販売時点情報管理(POS)、顧客関係管理(CRM)などです。

FacebookやInstagram上のアクション(エンゲージメント)にもとづいて設定することも可能です。「Facebookページにアクセスした人」「投稿動画を再生した人」など、あなたのビジネスに興味を持っている可能性が高い人を対象に作成できます。

Facebookページに力を入れており多くのフォロワーがいる、投稿したコンテンツが豊富にあるといった場合はこちらもおすすめです。

設定方法・コツ3)類似オーディエンス編

類似オーディエンスで設定することは下記の通りです。

  1. 情報ソース:カスタムオーディエンスまたはページなど
  2. 地域
  3. オーディエンスサイズ

情報ソースや地域は広告目的によって自ずと決まってくるはずなので、重要なのはオーディエンスサイズの設定範囲です。オーディエンスサイズは1~10%の間で設定することができ、低く設定するほど情報ソースと類似度が高いユーザーに広告を配信できます。

最適なオーディエンスサイズは実際に出稿しないと分からないため、サイズを変えた複数の類似オーディエンスを作成して広告効果を比較するとよいでしょう。その場合は個別ではなく一括で作成しないと対象ユーザーが重複してしまう点に注意が必要です。

「Facebook広告のターゲティングについて相談してみたい」という方は、ぜひお気軽にご連絡ください。お任せいただく場合については料金プランページをご覧ください。

まとめ

本記事では、下記の点について紹介しました。

  1. Facebook広告の特徴
  2. Facebook広告のターゲティングの種類
  3. Facebook広告のターゲティングの設定方法とコツ

Facebook広告のターゲティングでは、広告目的に合ったオーディエンスの設定が重要です。たとえば絵画教室の宣伝で配信対象をスポーツ好きのユーザーに設定しても、効率が悪くなるでしょう。

どれほど優れたクリエイティブやコピーを用意しても、そもそも顧客になり得ないユーザーに配信してしまうと広告を打つ意味がありません。本記事で学んだ設定方法を実践して適切なターゲティングを行い、Facebook広告を効果的に使いましょう。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら