Facebook(集客)

Facebook広告のカスタムオーディエンスの種類と設定方法

Facebook広告にはオーディエンスを設定することで、広告内容に興味のあるユーザーに最適かつ効果的な宣伝ができるシステムがあります。

その中でもカスタムオーディエンスはFacebook広告を運用していく上でマストな仕組みであり、理解するとCV率を高めることが可能です。

今回は、Facebook広告のカスタムオーディエンスについて、種類や設定方法を紹介します。

Facebook広告を打ち出している方やこれから検討している方は、ぜひ参考にしてください。

「Facebook広告のCV率を高めたいけど、方法も分からないし分析したり改善したりする時間もない…」という方は、いっそのことプロに任せてみては?弊社では少額予算から広告を出稿できます。まずはFacebook広告の運用サービスページをご覧ください。

Facebook広告のオーディエンスの仕組み

Facebook広告のオーディエンスは、Facebookに登録してある情報をもとに関連性の高い広告を流す仕組みです。

例えば、地域を絞って広告を配信したい場合、Facebookに登録、またはアップロードしてハッシュ化(暗号化)されたカスタマーリスト情報の中でも指定した地域のユーザーにのみ配信をするなどです。

オーディエンスは大きく分けて、コアオーディエンス・カスタムオーディエンス・類似オーディエンスの3種類あります。

今回はカスタムオーディエンスについて解説するので、コアオーディエンス・類似オーディエンスについては以下に簡単にまとめるだけに留めておきます。

 ・コアオーディエンス
Facebookの登録情報などを利用し、位置・興味・関心などのデータからターゲットとなるユーザーを指定する。

・類似オーディエンス
既存顧客と類似した特徴を持つユーザーをターゲティングする。ソースとなるオーディエンスを指定すると、Facebookが共通した特徴・関心を持つユーザーを見つけて広告を配信する。

Facebook広告のカスタムオーディエンスとは?

Facebookのカスタムオーディエンスは簡単にいうと、すでに何らかの接点をもつ顧客のデータとFacebookのデータを活用し、CTRやCVRを高める手法です。

カスタムオーディエンスはコアオーディエンスや類似オーディエンスよりも母数が減る反面、より興味・関心のあるユーザーに広告を打ち出せるため、通常広告よりも費用対効果が期待できます

カスタムオーディエンスには種類があり、主に以下の5つです。

  • カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス
  • ウェブサイトカスタムオーディエンス
  • エンゲージメントカスタムオーディエンス
  • モバイルアプリカスタムオーディエンス
  • オフラインアクティビティカスタムオーディエンス

では、それぞれのカスタムオーディエンスについて詳しく解説します。

カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス

自社で見込顧客のメールアドレスや電話番号などの情報を保有している場合、Facebookにアップロードすることで、広告の配信対象にできます

セミナーやメルマガなどで獲得した情報をカスタマーリストとしてまとめる必要がありますが、一度自社に興味を持ったことのあるユーザーなので、より効果的にアプローチ可能です。

ただし、

  • カスタマーリスト内の顧客がFacebookを使用している
  • 登録情報がFacebookのアカウントと紐づいている

この2つの条件をクリアする必要があります。

ウェブサイトカスタムオーディエンス

Facebookピクセルと呼ばれるコードを設置したサイトに訪れたFacebookユーザーを対象にするウェブサイトカスタムオーディエンスもあります。

  • サイトに訪れたユーザー
  • サイト内のある特定のページに訪れたユーザー
  • サイトに訪れた日から一定期間アクセスしていないユーザー

などの条件付けでターゲティングを行い、広告配信が可能です。

ウェブサイトカスタムオーディエンスはFacebookピクセルの設置が必須条件なので、サイト内にコードを埋め込まなくてはいけません。

エンゲージメントカスタムオーディエンス

自社のFacebookやInstagramに対して、動画の再生やシェア、コメント、リード獲得フォームやキャンパス表示のアクションを行ったユーザーに広告を配信する方法もあります。

一見、ウェブサイトカスタムオーディエンスと属性は似ているように見えますが、若干異なるので注意が必要です。

ウェブサイトカスタムオーディエンスはFacebookピクセルを設置したサイトへ訪れたユーザーへアプローチします。

一方、エンゲージメントカスタムオーディエンスはFacebook内でアクションを行ったユーザーに対するものです。

両者の違いについて理解しておきましょう。

モバイルアプリカスタムオーディエンス

Facebook SDKを利用し、自社のアプリ・ゲームなどでプレイや購入などの特定のアクションを起こしたユーザーに対して広告を配信する方法がモバイルアプリカスタムオーディエンスです。

特定のアクションはプレイ・購入に限らず、アプリ・ゲームをダウンロードしているが利用していない日数が◯日経過しているなどのユーザーも対象にできます。

スマホの普及に伴いアプリの使用が当たり前の現代では、モバイルアプリカスタムオーディエンスも有効的な広告配信方法です。

オフラインアクティビティカスタムオーディエンス

オフラインアクティビティは、実際の店舗に訪れた、あるいは電話をするなどのリアルでアクションを行ったユーザーに対して広告配信するオーディエンスです。

オフラインアクティビティカスタムオーディエンスを使用するにはFacebookのオフラインイベントセットの作成をする必要があります。

オフライン上での接点を利用するので、その他のカスタムオーディエンスよりもボリュームが出にくい点はデメリットです。

カスタムオーディエンスの設定方法

ここでは、オフラインを除く4種類のカスタムオーディエンスの設定方法について解説します。

希望しているカスタムオーディエンスの設定に行き詰まっている方は参考にしてください。

カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンスの設定方法

カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンスの場合、まずはメールアドレスや電話番号などの情報をまとめたCSVまたはTXTファイルを用意します。

その後、オーディエンスの設定画面から、「カスタムオーディエンスの作成→自分のソースを使用内のカスタマーリスト」までクリックしましょう。

クリック後、顧客リストの準備と表示されますが、そのまま「次へ」をクリックしてください。

リストを見ると、カスタマーバリューについての設定項目が表示されます。

もし、顧客ごとに設定金額を設定しているなら「はい」、設定しないなら「いいえ」を選んで「次へ」をクリックしてください。

顧客リストを追加のページが開きますので、「CSVまたはTXTの形式でリストを追加」の項目に先ほど用意したCSVまたはTXTファイルを添付して設定は完了です。

カスタムオーディエンスにわかりやすく名前をつけておくと、オーディエンスの指定の際に見つけやすいのでおすすめです。

ウェブサイトカスタムオーディエンスの設定方法

ウェブサイトカスタムを利用する前に、サイトやアプリにFacebookピクセルの設置を忘れないようにしておきましょう

Facebookピクセルの設置を前提とし、「カスタムオーディエンスの作成→自分のソースを使用→ウェブサイト」の順でクリックしてください。

その後、細かな条件を設定する項目があるので、該当する箇所を選べばウェブサイトカスタムオーディエンスの作成完了です。

エンゲージメントカスタムオーディエンスの設定方法

エンゲージメントカスタムオーディエンスは「カスタムオーディエンスの作成→Facebookのソースを使用→該当するエンゲージメントタイプ」を選択してください。

該当するエンゲージメントタイプで条件を指定すればオーディエンスの作成完了なので、広告セットのターゲット設定のカスタムオーディエンスから指定可能です。

モバイルアプリカスタムオーディエンスの設定方法

モバイルアプリカスタムオーディエンスを設定する場合、アプリの登録やFacebookのSDKを設定しておく必要があります

設定後、「カスタムオーディエンスの作成→自分のソースを使用→アプリアクティビティ」の順にクリックしてください。

エンゲージメントタイプ同様に条件指定があるので、該当する項目を設定すればオーディエンス作成完了です。

カスタムオーディエンスの設定時に出てくるエラー

カスタムオーディエンスの設定時に

  1. ◯の中に!マーク
  2. △の中に!マーク
  3.  チェックマーク

の3種類が表示されることがあります。

1のマークが表示された場合、Facebook上でデータが正しく判断されていない可能性があります。

2のマークが表示された場合、フォーマット形式が異なっている、あるいはフォーマットの記号・数字の相違により表示されるものです。

3のマークはデータが正常に判断された際に出るものなので、エラーではありません。

ファイル形式はCSVやTXTが好ましいです。

また、フォーマットの記号・数字の相違については、例えば誕生日の年月日をしてする記号が違うなどがよくあります。

例:誕生日のリストにDD/MM/YYYYとDD-MM-YYYYが混在しているなど

表示されるエラーによって間違った内容が判断しやすいため、今一度該当する箇所を確認してみましょう。

うまくカスタムオーディエンスを使えそうですか?もし難しそうだと感じたら、お気軽に弊社までご相談ください。弊社は少額予算で広告を出稿できますので、興味のある方はまずはFacebook広告の運用サービスページをご覧ください。

まとめ

今回はFacebook広告のカスタムオーディエンスの種類や設定方法について解説しました。

カスタムオーディエンスは難しい設定を必要とせず、上手く活用すればCTR・CVRを高めることが可能です。

ユーザー数が絞られるデメリットはあるものの、ユーザーのニーズに合った広告配信ができるのは、企業側としてもメリットが大きくなります。

上手くカスタムオーディエンスを用いて、効果的なマーケティングをしていきましょう。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズのFacebook広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

Facebook社から成功事例として紹介された実績のあるワンクルーズでは、Facebook以外にも規模や業種を問わず、1,000を超えるアカウントの広告運用実績があります。
契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら