Facebookによる集客

Facebook広告の料金の目安は?課金の種類や設定方法

「Facebook広告を出稿したいけど、予算はいくら必要なの?」

「1クリックの相場はいくらくらい?」

初めてFacebook広告に取り組む運用担当者は、このような疑問を持つことと思います。

結論から言うと、Facebook広告は最低100円から出稿可能です。

とは言っても、広告は配信できれば良いというものではないですし、より早く成果を出すためにはある程度広告費をかけることも必要となります。

この記事では、これからFacebook広告を出稿するなら知っておきたいFacebookの広告費の目安や料金の課金形態、設定方法について解説しますのでぜひご覧ください。

Facebookの広告費の目安はあるのか

Facebookの広告費は1クリック100〜200円ですが、最初は1日1,000円の月3万円で様子を見るのがおおすすめです。

なぜなら、予算が少なすぎると効果を検証するのにとても時間がかかってしまいますし、逆に予算が多くてもコスパが悪くなる可能性があるので、最初から予算を費やすのは得策ではありません。

また、業界や商材によってクリック単価も変わってくるので、最初はクリック単価がどれくらいなのか様子を見ることが大切です。

「まずは使い方を知りたい」「どんな機能があるのか手を使って学びたい」ということであれば、まずは1日300円といった少額で運用してみるのも良いでしょう。

Facebook広告は運用を続けていると、過去の配信履歴を分析してどんどん効率の良い配信になっていきます。

予算を絞りすぎると分析が進まないのである程度の広告費はかけたいところですが、一番大事なのは“費用対効果が合うか”ということですので、自社製品やサービスの金額との兼ね合いを見ながら進めていきましょう。

適切な広告費を見つける方法とは

業界や商材によってクリック単価が変わるとはいえ、広告を出稿する前でも以下の3つの方法である程度広告費の予測を立てたり、適切な広告費を見つけたりすることができます

  • 広告作成画面でシミュレーションをする
  • 広告ライブラリで競合他社の情報を探る
  • 広告代理店に運用をお願いする

これら3つの具体的な手順を見ていきましょう。

広告作成画面でシミュレーションをする

まずは、広告作成画面でシミュレーションをする方法についての紹介です。

Facebook広告では広告作成画面でターゲットオーディエンスや広告の掲載期間などを設定すると、以下の内容をシミュレーションすることができます。

  • 1日の推定リーチ数
  • 1日の推定クリック数
  • 1日の予算
  • 合計予算

オーディエンスの設定が広すぎると、シミュレーションで「オーディエンス設定がかなり広いです」といったアドバイスももらえるので、ターゲットに合わせてオーディエンスの設定を変えながら予算を確認してみましょう。

広告ライブラリを使う

続いて、Facebookが提供している広告ライブラリを利用する方法について紹介します。

広告ライブラリとは、Instagramを含むFacebookのアプリとサービス全体で掲載されている広告について検索したり、情報を見たりできる機能です。

たとえば、「転職」というキーワードで検索すると色々な企業の広告が表示されるのですが、その中の一つの「概要詳細を見る」をクリックすると以下のような画面が見られます。

同業他社で自社より先に広告を出稿している企業が、どれくらいの費用を使ってどれくらいの人数にリーチしているか、他にもどんなCTAを使っているのかなどをチェックできるので、参考にしてみると良いでしょう。

広告代理店に運用をお願いする

広告代理店にFacebook広告の運用をお願いすることで、無駄なお金をかけないという考え方もできます。

もちろん広告代理店に運用をお願いすれば、運用代行の手数料相場として最低3〜5万円はかかることが多いですが、運用のノウハウや経験があるので初心者が0から運用するよりは早く成果が見込める可能性が高いです。

また、自社で運用する場合の人件費も削減できるので、そういったことを踏まえると自社で運用するよりも結果的に適切な広告費におさまるというふうにも考えられます。

Facebook広告の課金方法

Facebook広告を出稿するなら、Facebookで広告を出したときにどのタイミングでお金がかかるのかという仕組みを知っておきましょう。

Facebook広告の課金方法のメインは「クリック課金」と「インプレッション課金」ですが、他にも以下のようにアプリのインストールや動画の再生などに対する課金方式もあるので、それぞれについて紹介していきます。

Facebookの課金方法
  • クリック課金(CPC)
  • インプレッション課金(CPM)
  • アプリのインストール(CPI)
  • 動画の再生(CPV)
  • 投稿に対する「いいね!」

クリック課金(CPC)

クリック課金はCPC(Cost Per Click)とも呼ばれ、配信した広告がクリックされるたびに課金される方式のことです。

逆に言えば、クリックされない限りはどれだけ広告が表示されようと課金されません。いわば成功報酬型の課金方式とも言えるでしょう。

配信された広告がどれくらいのユーザーに興味を持ってもらえたのか分析しやすいというメリットもあります。

ただし、オークション制となっているので、1クリックの単価は常に変動するのが注意点です。また、競合他社が多いとクリック単価が高くなる傾向があるので、コストが増加する可能性もあるということを覚えておきましょう。

インプレッション課金(CPM)

インプレッション課金はCPM(Cost Per Mille)とも呼ばれ、広告がクリックされた回数に限らず、広告が1,000回表示されるごとに課金される方式のことです。

広告をクリックしてもらうことよりも、ブランドの認知拡大としてできるだけ広告を見てもらいたい場合には、この表示回数(インプレッション)を基準としたインプレッション課金が向いています。

アプリのインストール(CPI)

広告からアプリがインストールされると課金されます。

動画の再生(CPV)

広告の動画が15秒以上再生された場合に課金されます。もともと15秒未満の動画の場合は、動画が最後まで再生されると課金されます。

投稿に対する「いいね!」

投稿ページが「いいね!」を獲得すると課金されます。

広告費の設定方法について

続いて、広告費の具体的な設定方法の紹介です。

Facebook広告の構造は、大枠から「キャンペーン(広告の目的を設定)」→「広告セット(予算と期間・ターゲティング・配置)」→「広告」と3つの層から成り立っています。

それぞれの層で予算を設定することができ、設定自体は広告マネージャから可能です。

キャンペーンの予算設定

キャンペーンの予算設定とは、キャンペーンごとに設定できる予算のことです。この予算を設定することで、効率的に予算が消化されるように最適化されます。

キャンペーンの予算設定では、以下のどちらかを設定しましょう。

  • 1日の予算:設定したキャンペーンで支払われる1日の平均予算額
  • 通算予算:設定したキャンペーンで支払われる広告掲載期間全体の予算額

広告セットの予算設定

広告セットでは広告セットごとの予算を設定できます。キャンペーンの予算を上限にそれぞれの広告セットに掲載期間と最大消化金額または最小消化金額を設定することで、より効率の良い配信と分析が可能です。

入札単価の上限

入札単価はFacebookの方で最適化してくれますが、自分で設定したい場合には入札単価の上限を決めることも可能です。

入札単価の上限を決めないと、予算内を上限に入札単価が高くなる可能性があるので、結果的にCPCやCPAが高くなり費用対効果が悪くなってしまうこともあります。そのため、運用に慣れてきたら入札単価を設定することも考えてみましょう。

入札単価は以下の3種類から設定できます。

  • 平均目標達成単価上限
  • 入札上限単価
  • ターゲット単価

平均目標達成単価上限

入札の平均単価に上限を設ける設定です。入札価格自体には上限は設定されず、最終的に設定した入札の平均単価になるようにFacebookが自動配信してくれます。

入札上限単価

入札上限単価を設定すると、その金額より高い価格では入札されません。

平均目標達成単価上限が最終的な入札単価の平均になるのに対して、入札上限単価の場合は最終的には設定した上限単価より安くなります。

ターゲット単価

ターゲット単価は、設定した入札単価に近づけて入札してくれる設定です。

入札単価が高くなりそうな場合は入札単価に近づけてくれて良いのですが、入札単価が低くなりそうな場合でも設定した単価に近づくように調整がされてしてしまいます。

まとめ

Facebook広告の広告費の目安や課金形式、設定方法について解説しました。

Facebookの広告費は、キャンペーンや広告セットで予算を設定することで、うっかり広告費を使い過ぎてしまうことを防げますし、広告を出稿した後に分析するのにも役立ちます。

配信の目的に合わせて課金方式を設定すれば、効率よく運用できて高いコストパフォーマンスも見込めるでしょう。

最初から完璧な運用はできませんので、継続して運用しながらPDCAを回してみてくださいね。

「自社での運用は難しそう…」「相談したいことがある」というようなときには、ぜひ弊社ワンクルーズにお気軽にご相談ください!

Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら