SNSによる集客

法人向け!インスタライブを活用して集客してみよう!モデルハウス見学会の事例あり!

現在、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務に変更、学校の特別休校など様々な対策がされています。

在宅時間も増え、SNSを活用する機会も増えたのではないでしょうか?

Instagram社によると3月11日〜3月17日と3月18日〜3月24日の7日間を比較した結果、全世界でインスタライブを視聴するアカウント数が50%増加していたそうです。

本日は、インスタライブの活用方法と、企業での活用事例を紹介したいと思います。

広告アカウントの無料分析''

新型コロナによるInstagramの動き

Instagramではユーザー発信を中心に、3つの特徴的な動向があるようです。

Instagram3つの動向(主にユーザー視点)

  1. ライブ配信の増加
  2. 「おうち時間」「今日の感謝」スタンプの活用
  3. 時間を潰せるコンテンツの増加

以前からのInstagramの特徴であるユーザー参加型のコンテンツがこの状況下においてさらなる増加傾向にあります。また、これまでよりも時間がある人が増え「おうち時間」の活用する人が増えています。

そんな中で時間をかけて体験するコンテンツが大きく台頭。チャレンジ投稿やバトン投稿は、その顕著な例と言えます。

インスタライブ配信とは

インスタライブ配信とは、その名の通り、インスタグラムを利用したライブ配信機能のことです。

自身のフォロワーに対してリアルタイムで動画を配信したり、フォローした人の配信を視聴したりすることができます。

また、リアルタイムで見れなかった人にも24時間限定で動画を公開することが可能です。

インスタグラムを利用している人であれば、誰でも気軽に配信ライブを行えることから若者を中心に人気の機能となりました。

芸能人やモデル、ユーチューバーなどが多く利用していることから、企業でもインスタライブを利用するところが急増しています。

2020年4月からインスタライブがPCブラウザー対応。

今後はパソコンで作業中に視聴したい配信が開始した場合も、スマートフォンやタブレットを持ち出す必要はありません。

※PCでのンスタライブは視聴するだけにとどまり、ウェブカメラを用いた配信には対応していません。

インスタライブの配信方法

インスタライブは、Instagramを利用している人なら誰でも配信することができます

トップ画面を右にスライドすると、ストーリーの投稿画面になります。

画面の下の「ライブ」というボタンを押すと配信画面になります。

次に「ライブ配信を開始」というボタンを押すとインスタライブ配信がスタートされます。

インスタライブ配信が始まると自身のフォロワーに対し、ライブ配信の通知が送られるようになっているので告知の必要はありません。

インスタライブ配信を終了する場合は、右上の「終了する」というボタンを押せば終了できます。

インスタライブ配信に使える機能

インスタライブ配信中は、いくつか使える機能があります。

ただ動画を流すだけでなく、視聴者とコミュニケーションを楽しむことができるのが人気の理由です。

視聴者へのコメント機能

コメントを入力することができます。

画面下の「コメントする」という囲いに文字を入力して使います。

友達にシェア

自身が配信しているインスタライブをフォロワーにシェアできます。

 

画面下の紙飛行機のマークを押すと、友達やグループを選択をして送信することができます。

見て欲しい人がいる場合や、話の話題の人へ使われることが多い機能です。

送信先アカウント一覧が表示されます。

シェアしたいユーザーの右側にチェックを入れて、画面の下にある「送信」をタップします。

これでインスタライブをシェアすることができます。

ゲストを呼ぼう

自身のライブを視聴している人に、ゲストとして参加してもらうことができます。

画面の絵文字が2つ重なっているマークを押すと、ゲストを選ぶ画面になります。

ゲストとして誰かと配信を開始すると、相手のフォロワーは誰でもライブを見れる状態となります。

顔の加工

ライブ配信中に写っている人の顔を加工することができます。

画面下の「絵文字のマーク」を押すと、下に加工ができるアイコンが出てくるようになっています。アイコンを選ぶことで、様々な加工をすることができます。

カメラの切替

配信中にも、内カメラと外カメラを切り替えることができます。

画面下の「矢印のマーク」を押して切り替えをします。

見せたいものによって上手に切り替え機能を活用しましょう。

視聴者の確認方法

ライブ配信中、画面の右上にある「目のアイコン」をタップする事で、今放送を視聴しているユーザーを確認する事が出来ます。

上の画像の様に、現在リアルタイムで放送を視聴してる人のユーザー名が表示されます。

※この確認が出来るのは、放送主だけです。

ビジネス活用メリット

ライブ配信には、編集済みの動画配信にはないメリットがあります。

見ている人が同じ時間を共有しているという感覚を持ちやすいため、身近に感じ親近感を覚えるといった効果が期待できるのです。

ユーザーとの距離を縮める目的で利用するのにふさわしいPR手段と言えます。

また、ライブ配信の魅力は編集の手間が必要ないことです。

録画した動画はそのままでは配信できず、見やすく効果の高い動画に仕上げるためにはどうしても編集する必要が生じ、この時間的コストはかなりのものになります。

ライブ配信の場合は、この編集作業が不要なので、スピーディに配信を実行できるというメリットがあります。

インスタライブでのモデルハウス見学会

とある住宅メーカー様のインスタライブ見学会に参加させて頂きました。

初めてインスタライブでの見学会に参加したのですが、平日にも関わらず視聴者が50人オーバーでした。

スタッフさんの説明も分かりやすく想像以上に良かったです。

事前準備は入念に

15:00からスタート予定とのことで始まりましたがスタッフさんの声が聞こえない…

お客様のコメントで気づき、インスタライブはいったん終了。

15:00スタートの予定が15:30スタートになりました。

インスタライブを配信する際は同僚にお客さん役になってもらい、テストを行ってから本番に挑みましょう。

インスタライブ 見学会のイメージ

20畳のLDK

キッチン

和室

和室のステップに関する質問にも分かりやすく対応

ウッドデッキ

お風呂

子供部屋

寝室(7畳)

とてもオシャレな雰囲気でした!

勾配天井で高級感がありました。

収納室

屋上のスカイガーデン

スカイガーデンはオシャレでとても良かったです。

まとめ

平日にも関わらず、50人程のユーザーが視聴されてました。

スタッフさんの案内も分かりやすく、気づいたら最後まで見てしまっていました。

住宅メーカーさんもこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

その他の企業インスタライブ活用方法

先ほど、モデルハウス見学会の様子をお伝えしましたが、色んな場面で活用することが可能です。

SNSのライブ配信の利用用途や事例をご紹介します。

発表やお知らせ、案内をする

新しい企画や新商品イベントなどの発表をライブ配信で行います。

テキストのみで発表するよりも、担当者の表情を見せながら声を届けることで、よりフォロワーに伝わりやすくなるでしょう。

イベント中継

イベント会場に来られないフォロワーも、インスタライブを通して一緒に参加することができます。

都市と地方など全国各地を簡単に繋ぐことができる手段として、参加型のイベントの開催は人気があります。

また、定期的にイベントワークショップを開催している企業では、その様子をインスタライブ配信しています。

三越伊勢丹様「英国店」の例

三越伊勢丹様が、昨年10月30日~11月4日に開催された催事「英国展」のインスタライブを実施しました。

リアルタイム視聴者数は目標5000人に対して170%を達成、フォロワー数の増加を示すデータの”波形”はライブ配信前後の3日間で平常時の2.9倍に急上昇。

また、英国展の情報サイトのPV数は、前年比約120%となりました。

(参照:https://mag.sendenkaigi.com/hansoku/202004/idea-techniques/018482.php

セミナーや勉強会

セミナーや勉強会をライブ配信するという使い方もできます。

無料セミナーの配信にも使えますし、配信先を限定して有料セミナーとすることも可能です。

配信プラットフォームによっては、ライブ配信終了後、配信した内容が録画データとして残るものもあります。

録画データはコンテンツとして二次利用することもできるので、少ない手間で多くの効果が期待できます。

インタビュー・取材風景

従来であれば、作成に手間がかかりすぎて実現不可能だったことがSNSライブ配信で可能になります。

インタビューや取材風景は最終的には編集して別のコンテンツとしてリリースすることが主な目的です。

取材の様子をライブ配信することで、レア感のある特別なコンテンツが一本増えることになります。

SNSサービスによっては、登録しているユーザーだけがライブ配信を視聴できるものがあります。

この機能を活用し登録者だけに配信」と特別感を演出すれば、ファン獲得やファンの満足度向上に貢献するでしょう。

ライブ配信をキラーコンテンツとして登録ユーザーを増やし、集めたユーザー向けに限定品を販売するなど、ビジネスで活用する方法は多々あります。

最後に

インスタライブを利用すると、企業やブランドのファンとリアルタイムのコミュニケーションがとりやすくなります。

うまく活用できれば、企業やブランドのファンをさらに増やすことも可能です。

スマートフォンひとつで簡単に始められますので、配信方法を覚えておきましょう。

ABOUT ME
アバター
テッキー
新人マーケターのテッキー。 横浜在住。 トレーニングを辞め、 飲み会が増えた結果1年で10キロ増えた男。。。 今年は運用知識と筋肉を両方鍛えるのが目標!!
インターネット広告運用のご相談はこちら

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

メールでのご連絡電話でのご連絡