Facebook(集客)

Facebookの企業アカウント(Facebookページ)とは?

「Facebookの企業アカウントを作ってみたい! 」
「でも個人アカウントと何が違うんだろう? 」
「作っただけじゃ意味がないし、せっかくならうまく運用したいな」

Facebookでの情報発信でビジネスを展開するなら、ビジネス用に特化したアカウントである企業アカウント(Facebookページ)は必須のツールです。

そこで本記事では企業アカウント(Facebookページ)について、概要や運用のポイントなどを解説します。

個人アカウントとの違いや運用事例も紹介していますので、「これから企業アカウントを活用していきたい」という場合は必見です!

企業アカウント(Facebookページ)の運用方法を身につけ、Facebookでの新規顧客獲得につなげましょう!

「企業アカウントなんて作ったこともないし、自分に運用できるかな……」とお悩みの方は、一度Facebook広告のプロに相談してみてはいかがでしょうか。まずはFacebook広告の運用サービスページからサービス内容の確認だけでもぜひしてみてください。

Facebookの企業アカウントとは

Facebookの企業アカウントとは、ビジネス向けに用意されているFacebookアカウントで、いわゆる「Facebookページ」のことを指します。2013年以前は「ビジネスアカウント」と呼ばれていました。

企業アカウント(Facebookページ)は、Facebookにおける企業やブランドのホームページのようなものです。個人アカウントさえあれば無料で作成できます。

後述するように広告配信やインサイト機能が使えるなど、システムや機能面で個人アカウントと異なる特徴を持っています。

Facebookの企業アカウントと個人アカウントの違い

企業アカウント(Facebookページ)を開設すると、ビジネス向けの便利機能が多数利用できます。具体的には、個人アカウントでは実現できなかった以下のようなことが可能です。

  1. 複数ユーザーによるアカウント管理
  2. 予約投稿機能の利用
  3. 広告の配信
  4. 複数アカウントの所持
  5. インサイトの確認
  6. 役割・権限の割り振り

複数ユーザーでアカウントにログインできたり、管理権限をユーザーごとに割り振れたりするため、個人ではなくチームでの管理を検討している場合は開設して損はありません。

また、FacebookやInstagramに広告を出稿する機能およびインサイト機能は、個人アカウントには搭載されていない機能です。

有料広告を出稿する予定があるなら企業アカウント(Facebookページ)を作る必要があります。

下記の記事では、企業アカウント(Facebookページ)について作成方法から個人アカウントとの違いまで、初心者でもわかるように詳しく解説しています。

「まずはアカウントの作り方が知りたい」「アカウントの特徴を一つ一つ比べながら確認したい」という人は、こちらもご覧ください。

Facebookページ(ビジネスアカウント)の作り方!初心者でも簡単

Facebookの企業アカウントで集客は可能か

前述の通り、企業アカウント(Facebookページ)にはビジネス向けの機能が多数搭載されているので、効果的に使えば集客用のツールとして大いに役立ちます。

高品質なコンテンツを投稿してユーザーから「いいね! 」やフォローしてもらえた場合、そのユーザーに自社のコンテンツを届けやすくなります。

また、「シェア」されるとほかのユーザーにもコンテンツが表示されるため、フォロワー以外のユーザーも集客可能です。

ほかにも、Facebookページでは広告配信機能を用いてFacebookに広告を出稿できます。

こちらは有料のサービスですが、Facebook広告は看板広告やテレビCMと比べてターゲティングの精度が高く、企業から個人事業主まで幅広く利用されています。

Facebookの企業アカウント運用のポイント

企業アカウント(Facebookページ)は集客ツールとしても優秀であることをお伝えしました。しかし、運用のポイントを押さえていないと集客効果が半減してしまうこともあります。

企業アカウント(Facebookページ)運用のポイントを5つ紹介しますので、「もっとFacebookページを活用したい! 」という場合は必見です。

ポイント1)ターゲット層の決定

企業アカウント(Facebookページ)を運用する上で必ず行っておきたいのが、配信ターゲット層となるユーザー群の決定です。

たとえば、同じ「化粧品好きのユーザー」でも、20代女性と40代女性では投げかけるべき言葉や抱える悩み、おすすめする商品・サービスなどがまったくの別物になるでしょう。

ターゲット層がある程度定まっていないと発信内容がぶれてしまい、ファンの獲得につながりにくくなります。

ポイント2)発信内容の工夫

自社の新商品・サービスについての紹介や業界の豆知識など、ターゲットとなるユーザーが喜んでくれそうな情報を選んで発信するのが大切です。

Facebookの仕様上、フォローしたり「いいね! 」したユーザーには企業アカウント(Facebookページ)の投稿したコンテンツが配信されやすくなります。

有益な情報や思わず人に見せたくなる面白いコンテンツを投稿していけば、フォロワーや「いいね! 」の獲得につながり、より多くのユーザーに投稿を見てもらえるでしょう。

ポイント3)インサイトの活用

Facebookページでは個人アカウントと異なり、「インサイト」と呼ばれるデータ解析機能が利用できます。

インサイト機能では、投稿・ページ自体・広告に対するユーザーのエンゲージメントや広告パフォーマンスを確認できます。

ユーザーの反応のよさを数値にもとづいて判断できるので、Facebookページの運用や広告内容の改善に役立ちます。

ポイント4)運用体制の整備

企業アカウント(Facebookページ)の運用では、ページ管理権限の割り振りや人手の確保など、運用体制の整備も欠かせません。とくに複数人の担当者でFacebookページを管理する場合は、管理者の追加など権限の割り振りを忘れずに行っておきましょう。

管理者権限の設定や広告配信は権限を持っていないと使えない機能ですので、適切な権限を持っていないユーザーがチーム内にいると作業がスムーズに行えません。

また、管理者を複数人設定しておけば1人がアカウント停止措置を受けても運用を続けられるので、リスク管理に役立ちます。

ポイント5)投稿をトップに固定

Facebookページで投稿したコンテンツについては、「トップに固定」を利用して目立たせることが可能です。

「トップに固定」をすれば、Facebookページの投稿一覧で指定したコンテンツを最初に表示できます。

新商品やサービスの情報など大事なお知らせをトップに固定すれば、ページを訪問したユーザーの目に留まりやすくなるでしょう。

「Facebookページ運用のポイントはなんとなくつかめたけど、実際やるとなると難しそう……」そんな悩めるSNS運用担当者の方は、慣れるまでFacebook広告のプロに運用を任せてみてはいかがでしょうか。運用代行サービスについて詳しく知りたい方は、Facebook広告の運用サービスページを読んでみてください。

Facebookの企業アカウントの運用事例

これまで、Facebookの企業アカウント(Facebookページ)を使いこなせば、ビジネスにおいて大きな助けとなることを説明しました。

「そんなに効果が出るものなの? 」と思った方のために、Facebookの企業アカウント(Facebookページ)を実際に有効活用している事例を3つ紹介します。

運用事例1)東京ディズニーリゾート

・東京ディズニーリゾート 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/tdr.jp/

唯一無二の世界観でファンを魅了し続けている「東京ディズニーリゾート」は、企業アカウント(Facebookページ)を活用している企業の1つです。

フォロワー数は112万人超え(2021年5月15日現在)で、驚異的な人数のファンを獲得しています。

発信内容はディズニーホテルや東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの運営情報やイベント・新商品のPR情報が中心です。

また、新商品の開発秘話やディズニーホテルに関するクイズなど、濃いファンも楽しめるような公式記事の紹介も行っています。

投稿したコンテンツは毎回のように「いいね! 」数千件、「シェア」数十~百件ほど獲得しており、ファンの満足度が高い運用事例といえるでしょう。

運用事例2)JAPAN AIRLINES (JAL)

・JAPAN AIRLINES (JAL) 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/jal.japan/

言わずと知れた航空会社のJAPAN AIRLINES(JAL)も、Facebookページを効果的に使っています。東京ディズニーリゾートを超える198万人以上からフォローされているため、Facebookページ運用のよい見本となるでしょう。

JALのFacebookページ運用の特徴は、なんといってもユーザーとの距離の近さです。

これだけのフォロワーを抱えながらコメントの返信率は非常に高いなど、ユーザーを大切にする運用方針がフォロワーのファン化に成功した一因と考えられます。

Facebookページの投稿には各空港および支店のスタッフの名前が記載されており、人間味や暖かさを感じられる点が魅力的です。

もちろん投稿内容も、サービス内容や新企画などJAL利用者が興味を持ちそうな情報が盛り込まれています。

運用事例3)スターバックス コーヒー ジャパン Starbucks

・スターバックス コーヒー ジャパン Starbucks
https://www.facebook.com/StarbucksJapan

コーヒーストアであるスターバックスコーヒー ジャパンのFacebookページは、フォロワー数120万人を達成している人気アカウントです(2021年5月15日現在)。

Facebookが提供する「ショップ」ツールを用いて、Facebookページから簡単に公式オンラインストアに飛べる工夫がなされています。

このように、投稿を見て「その商品・サービスがほしい! 」と思ったユーザーを逃さない仕組みを作ることで、Facebookページを効率よく売上アップに利用しています。

投稿については、投稿文が短い点、おしゃれな写真や動画をふんだんに使用している点が特徴的です。

企業の投稿でありがちな文字がびっしりの投稿よりも洗練された印象があり、ユーザーが気軽に読めるようになっています。

まとめ

本記事では、Facebookの企業アカウント(Facebookページ)について以下の内容を説明しました。

  1. Facebookの企業アカウントの概要
  2. Facebookの企業アカウントと個人アカウントの違い
  3. Facebookの企業アカウントでの集客
  4. Facebookの企業アカウント運用のポイント
  5. Facebookの企業アカウントの運用事例

Facebookの企業アカウント(Facebookページ)にはビジネスに役立つ便利な機能がいくつも備わっているため、正しく使えば集客において強力なツールとなります

ただし、Facebookページの運用では最低限押さえておくべきポイントが存在し、これを知らないと発信内容がどんなによくても伸び悩んでしまう可能性があ流でしょう

あなたのビジネスを最短距離で加速させるためにも、本記事で学んだ運用のポイントをぜひ実践してみてください。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら