インスタグラムによる集客

インスタグラムで人気の企業アカウントランキング!その特徴は?

今や多くの企業がアカウントを持っているインスタグラム。

このインスタグラムで多くのフォロワーを獲得している企業は、どこの企業だと思いますか?

この記事では、インスタグラムのフォロワー数のランキングが見られる「Social Insight」を参考に、インスタグラムで人気の企業アカウントランキングベスト20(※)を紹介しています。
(※2020年6月19日時点の国内企業ランキング)

また、ランキングだけではなく、フォロワー数が多い企業アカウントの特徴やいいね数の多い投稿の特徴なども分析してみました

「インスタグラムのフォロワーを増やしたい!」「いいねを増やすためにはどんな投稿をすればいいの?」とお悩みなら、ぜひこちらのランキングと分析を参考にしてくださいね!

広告アカウントの無料分析''
Contents
  1. インスタグラム企業アカウントランキング(フォロワー数順)
  2. フォロワー数が多いアカウントの共通点とは
  3. 企業アカウントでいいね数の多い投稿の特徴
  4. インスタグラム企業アカウント運営の注意点

インスタグラム企業アカウントランキング(フォロワー数順)

早速、インスタグラムの企業アカウントランキングを紹介します。ランキングは、業種関係なくフォロワー数が多い順です。

1位:Tasty Japan(@Tasty Japan)フォロワー数 667.3万人

映えある1位は、米国のウェブメディア『BuzzFeed(バズフィード)』が運営する料理動画メディア「Tasty(テイスティ)」の日本版である「Tasty Japan」。なんと、667.3万人のフォロワーがいます。

料理動画というと、この後のランキングにも登場するクラシルやデリッシュキッチンも有名ですが、両社ともフォロワー数は約300万人なので(これでもかなり多い)、その2倍です。

「見て幸せ、作って楽しい」がテーマの料理動画なのですが、ケーキの断面や色鮮やかな料理のアップ画面は食欲をそそられるだけでなく、アートとしても魅了されます

本当に「見ているだけでこんなにも幸せになれるのか!」と、気づいたらいくつもの動画を見てしまっているのが「Tasty Japan」の魅力です。

2位:Nissan(@Nissan)フォロワー数 541.5万人

惜しくも2位に輝いたのは、誰もが知っている自動車メーカーの「日産」。日産はグローバルアカウントと日本向けのアカウント(@nissanjapan)があり、こちらはフォロワー数541.5万人のグローバルアカウントです。

「自動車メーカーのアカウントが2位なのはちょっと意外だな」と思うかもしれませんが、そう思った方はぜひアカウントを覗いてみてください。

車好きでなくても、とにかくカッコイイ写真に魅了されてしまいます。

車の全体部分を載せたり、ライトやハンドルだけだったりと、ユーザーを飽きさせない写真の撮り方に工夫を感じるアカウントです。

3位:Honda(@honda)フォロワー数 419.2万人

続いて3位も自動車メーカーの「ホンダ」です。フォロワー数は419.2万人。日産同様にグローバルアカウントで、世界中にファンがいます。

日産は通常の車の写真が多かったのに対して、ホンダは写真に文字入れをしていたり、イラストの投稿があったりするのが特徴的です。

インスタグラム広告の運用これまで様々な広告の運用をしてきたワンクルーズ。そのアカウント数は840以上。その中でインスタグラム広告に特化した事例も多数。多種多様なアカウントを運営してきたノウハウがあります。...

4位:pokemon(@pokemon)フォロワー数 328.4万人

4位は世界的にもブームとなったポケモンのグローバルアカウント「ポケモン」で、フォロワーは328.4万人です。

フィギュアやアニメ、ゲームの一部を動画としてアップしており、毎回コメントは数百件から千件を超えることもあります。

5位: kurashiru(@kurashiru)フォロワー数 303.3万人

「きちんとおいしく作れる」をコンセプトに、簡単でおいしく作れるレシピ動画を毎日配信している「kurashiru(クラシル)」。国内のレシピ動画としては1位で、フォロワーは303.3万人です。

1位の「Tasty Japan」はデザートのレシピ動画も多いですが、「kurashiru」ではほとんどの投稿がご飯系のレシピとなっています。

そのため、「今日の晩御飯は何を作ろう?」と毎日の献立の参考にフォローしている人が多いと考えられます。

6位:デリッシュキッチン(@delishkitchen.tv)フォロワー数 299.5万人

簡単おかずや時短レシピを毎日投稿している「デリッシュキッチン」。投稿数もフォロワー数もクラシルと近いです。

「デリッシュキッチン」もクラシルと同じように、毎日の献立の参考になるようなレシピ動画が多く、フォロワーも主婦や一人暮らしのアカウントが目立ちます

クラシルよりも「デリッシュキッチン」の方が、投稿動画に装飾・文字入れしているのが特徴的です。

7位:スターバックス公式(@starbucks_j)フォロワー数 265.4万人

外食業界のインスタグラムアカウントで長年1位に君臨している「スターバックス」。新作のフラペチーノやおうちスターバックスのアイディアで、スタバファンやカフェ好きなユーザーを楽しませてくれています。

8位:東京ディズニーリゾート(@tokyodisneyresort_official)フォロワー数 263.4万人

東京ディズニーリゾートのアカウントでは、かわいいディズニーキャクター達や映えるディズニーリゾートの写真が投稿されていて、ディズニーリゾートに行きたくなってしまう投稿ばかりです。

9位:UNIQLO ユニクロ(@uniqlo)フォロワー数 233.2万人

グローバルアカウントのため、世界中からフォローされておりテキストも英文です。投稿によっては商品をタップするとウェブサイトにとんでそのまま買い物ができる導線になっています。

10位:MUJI無印良品(@muji_global)フォロワー数 231.9万人

生活雑貨の1位は、「部屋の雑貨はほとんど無印!」という熱狂的なファンも多い無印良品。商品の紹介だけでなく、ライフスタイルの提案をしてくれる投稿が多いのも、フォロワーが多い理由かもしれません。

11位:A BATHING APE®(@bape_japan)フォロワー数 222.8万人

1993年に創業された裏原宿アパレルブランドの「A BATHING APE」。ユニクロ同様にテキストは英語で、海外ユーザーも情報を仕入れられるようになっています。商品をタップするとウェブサイトでそのまま買い物できるのも同様です。

12位:テイストメイドジャパン(@tastemade_japan)フォロワー数 210万人

LA初のライフスタイルメディア「テイストメイド」の日本版「テイストメイドジャパン」。食・旅・ホームをテーマにエンターテインメント性の高い動画を配信しています。

13位:Toyota USA(@toyotausa)フォロワー数 191.9万人

トヨタは他にも日本向けの@toyota_jpyやグローバルアカウントの@toyotaがあるのですが、USA向けアカウントが一番フォロワーが多いです。

14位:ダイソー公式アカウント(@daiso_official)フォロワー数 146.5万人

100円とは思えない商品力で次々にヒット商品を生み出す「ダイソー」。そんなダイソーの投稿は、説明文を読まなくても、写真内の文字や装飾で商品のメリットがとても分かりやすく書かれている点が特徴です。

15位:ヤマハ×モンスターエナジー(@yamahamotogp)フォロワー数 144.8万人

10年以上提携関係を結んでいるヤマハとモンスターエナジーのアカウントです。モンスターエナジーのロゴが描かれたバイクで走る臨場感のある写真は、目を見張るものがあります。

16位:TOYO TIRES(@toyotires)フォロワー数 134万人

タイヤ製品を販売している「TOYO TIRES(トーヨータイヤ)」。タイヤが主役になっている車の写真の投稿が多いのですが、どれもカッコよく魅力的な写真です。

17位:Sony Mobile(@sonyxperia)フォロワー数 125.7万人

ソニーのスマートフォン「xperia」のグローバルアカウント。スマートフォンという商品だけがテーマなのに、どれもCMのような高いクオリティの動画投稿が多く、「ユーザーを飽きさせない」という意気込みを感じます

18位:GU ジーユー(@gu_global)フォロワー数 117.5万人

ユニクロと兄弟ブランドの「GU」もベスト20にランクイン。ユニクロが商品のみの写真を多く載せているのに対して、「GU」はモデルがGUの服を着用している写真が多いです。

19位:3COINS スリーコインズ(@3coins_official)フォロワー数 117.1万人

300円を中心としたアイテムを販売している3COINS。毎週新商品やおすすめアイテムを紹介しているので、トレンドを追いたいフォロワーも多いです。

20位:C CHANNEL-Art&Study(@cchannel_artandstudy)フォロワー数 108.4万人

女性向け動画メディア「C CHANNEL」のクラフト動画「C CHANNEL-Art&Study」。乙女心がくすぐられるかわいらしい数々のハンドメイド作品動画は、他にはない魅力があります。

フォロワー数が多いアカウントの共通点とは

インスタグラムで人気の国内企業アカウントベスト20をまとめた結果、フォロワー数が多いアカウントには、以下のような共通点がありました。

  • 毎日1投稿以上
  • インスタ映えする写真
  • 有益な情報を発信している

ほとんどのアカウントが、毎日1投稿以上の投稿をしています。インスタグラムユーザーのうち、60%は毎日利用しているというデータもあるので、毎日の投稿はフォロワーにとっても一つの楽しみとなるのでしょう。
(出所:https://blog.hubspot.jp/instagram-stats

そのため、毎日何投稿もするのは嫌がられる可能性が高いですが、フォロワーを増やしたいのであれば、露出を広げるためにも毎日1投稿は必須と言えそうです。

また、企業が運営しているだけあり、写真や動画はクオリティが高いです。しかしながら、個人のアカウントでもクオリティの高い写真を投稿しているアカウントは多くあります。

最新のスマートフォンのカメラとアプリを駆使すれば、かなりクオリティの高い写真を作れますので、まずは色々試してみましょう。

有益な情報の発信は、これからインスタグラムを始めるならば必須です。インスタグラムでは、すでにあらゆる情報が発信されていますので、似た商品やサービスの紹介はすでにあると思っていて間違いないでしょう。

ですが、その商品やサービスが「ユーザーの生活をどう豊かにするのか」を提案することが運用担当者様の腕の見せ所です。フォロワーの獲得に繋がるところですので、ぜひ意識して投稿してみてくださいね。

企業アカウントでいいね数の多い投稿の特徴

企業アカウントでいいね数の多い投稿には、ユーザーの「知りたかった」「気になっていた」「こんなの欲しかった」というような潜在ニーズを満たしてくれるような特徴があります。

たとえば料理レシピの場合、写真はアップで「人気」「ヘルシー」「10分以内」といった文字入れがされている投稿に「いいね」が多くついていました。

「人気」と見れば「何が人気なんだろう?」と気になりますし、日頃から「痩せたい」「短時間で料理が作れるようになりたい」と思っている人にとっては、「ヘルシー」「10分以内」という言葉が響くのも分かりますよね。

季節に合わせた商品や最近ならおうち時間が増えた人に向けた商品への「いいね」も多いので、そのときの季節や時事に合わせた商品紹介もおすすめです。

インスタグラム企業アカウント運営の注意点

インスタグラムで企業アカウントを運営する場合は、炎上に気をつけ、ユーザーにとって関係のない情報は投稿しないようにしましょう。

無意識でも差別用語を使ってしまったり、人を傷つけるような内容の投稿をしたりしてしまうと、炎上して企業としての信用を失ってしまいます

他にも、有益ではない情報が多いと、せっかくファンになってくれたフォロワーにフォローを解除されてしまうこともあるでしょう。

インスタグラムで投稿する際は、今一度投稿内容を見直して、「本当にユーザーのためになるのか」を考えてから投稿することが大切です。

インスタグラムの運用やインスタグラム広告の出稿についてお悩みがある場合は、一度ご相談くださいね。

インスタグラム広告の運用これまで様々な広告の運用をしてきたワンクルーズ。そのアカウント数は840以上。その中でインスタグラム広告に特化した事例も多数。多種多様なアカウントを運営してきたノウハウがあります。...

 

 

インスタグラムによる集客を徹底解説
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラムの運用テクニック

業界別の集客

 
 
インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら