SNSによる集客

YouTubeノウハウを大公開!ホーム画面に動画を表示させる事で再生数UP!

こんにちは、テッキーです。

YouTubeを視聴することは、日常生活の一部といえるほど浸透しつつありますね。

こうした時代の流れに応じて、YouTubeは企業のPR戦略にも重要な集客チャネルとなってきています。

YouTubeについての記事は沢山ありますが、再生回数の伸ばし方を他とは違った方向からお伝えしたいと思います。

下記で悩んでいる方は是非、最後まで読んでください!

  • YouTubeに動画をUPしても再生回数が中々伸びないと悩んでいる
  • これからYouTubeを活用しようと思っている
広告アカウントの無料分析''

1.YouTubeの動画に関する基本用語

まずは、YouTubeで重要な用語を5つ紹介します。

取り急ぎ、これだけ理解すれば問題なしです!

1-1.ブラウジング機能

YouTubeを開いた時にホーム画面に表示される動画を「ブラウジング機能」と言います。

(PC表示)

(スマホ表示)

1-2.関連動画

視聴中に横に表示される動画を「関連動画」と呼びます。

(PC表示)

(スマホ表示)

1-3.インプレッション

動画のサムネイルが表示されることを「インプレッション」と呼びます。

ユーザーの端末画面に1回動画のサムネイルが表示されたらインプレッション数が1となります。

1-4.CTR

「CTR」とは動画のサムネイルが表示された時にクリックされる確率のことです。

1-5.視聴者維持率

視聴者維持率は、動画がどれぐらい視聴されているかを測る目安になります。

YouTube アナリティクスの [エンゲージメント] タブで、視聴者が動画をどれぐらい見続けたのかを確認できます。

また、視聴者が「いつ視聴を停止したか」「いつ早送りしたか」も分かります。

インスタグラム広告の運用これまで様々な広告の運用をしてきたワンクルーズ。そのアカウント数は840以上。その中でインスタグラム広告に特化した事例も多数。多種多様なアカウントを運営してきたノウハウがあります。...

2.視聴者が動画を見るまで

次にYouTubeユーザーが動画を視聴するまで、どのような流れで再生しているかお伝えしたいと思います。

2-1.ユーザーはホーム画面から流入することが多い

YouTub内でユーザーが動画を再生する手段としては主に下記4つになります。

  1. YouTubeのホーム画面から再生
  2. チャンネル登録ページから再生
  3. YouTube内で検索して再生
  4. 関連動画から再生

その中でも、①の「ホーム画面」から流入するユーザーが1番多いとされています

チャンネル登録されていたとしても、「ホーム画面」に表示さないと再生回数を伸ばすことができません。

2-2.視聴者のほとんどがチャンネル登録していないユーザー

(1週間で約10,000再生されている動画のデータ)

効果の良いほとんどの動画は、視聴しているユーザーの7割〜8割りがチャンネル登録外のユーザーです。

YouTubeの仕組みとして、チャンネル登録者から評価が良い(CTR、視聴者維持率が高い)動画「ホーム画面」「関連動画」などに表示され、チャンネル登録外に拡散されます。

既存登録者の再生回数がよくても、CTR・視聴者維持率が悪ければ登録外のユーザーに表示さにくくなり再生回数が伸びなくなります。

3.TOP画面に動画を表示させるには

上記でお伝えした通り、再生数を稼ぐには、

動画をYouTubeの「ホーム画面」に表示させなければなりません。

下記2点に注力することで、「ホーム画面」への表示回数を増やせる可能性が高まります。

  • 初動(初日)のCTRを上げる
  • 視聴者維持率を上げる

3-1.初動(公開1日目)のCTRを上げる

動画を投稿する上で1番重要視して欲しいのが初日(公開1日目)のCTRです。

初日のCTRが8%以上あると、「ホーム画面」「関連動画」などチャンネル登録をしていないユーザーへの表示率が非常に高くなります。

CTRを上げるためには、以下2つが重要になります。

  1. サムネイル
  2. タイトル

YouTubeのアナリティクスで確認すると、全期間のCTRになってしまいます。

全期間のCTRが5%の動画でも、初日のCTRが高い動画、配信後からCTRが一定数の動画では、インプレッション数が全然違ってきます。

動画投稿してから24時間はこまめにチェックしましょう。

サムネイル

当たり前ですが、ユーザーが気になるような、目立つサムネイルを心がけましょう。

YouTubeは白と黒を基調としているので、下記4色をサムネイルに使用することで目立たせることができます。

  • オレンジ
  • 黄色

また、サムネイルに答えは書かないことも重要です。

サムネイルに動画をみて得られる答えを書いてしまうと、動画を視聴しなくても答えが分かってしまいます。

答えは動画内で伝えましょう。

タイトル

タイトルの文字数は30文字前後にする。

文字数が多すぎるとタイトルが省略されてしまい、一部が見れなくなってしまいます。

投稿日から時間が経過すると、動画が表示されにくくなります。

投稿から一定期間経過した動画は、YouTube検索で引っかかるようにタイトルを変更するのも一つの手段です。

ポジティブな内容よりネガティブな内容にする

ポジティブな内容よりもネガティブな内容の方がクリックされる可能性が高くなります。

「オススメできる○○」よりも、「オススメ出来ない〇〇」「絶対やってはいけない〇〇」の方がクリックされやすい傾向にあります。

下記のような目を引くような文言を入れると、より効果的です。

  • 暴露
  • リアル
  • 裏事情
  • 放送事故
  • 閲覧注意
  • ドッキリ
  • ガチギレ
  • 削除覚悟
  • 過激

3-2.視聴者維持率を上げる

コンテンツの質自体が低ければ視聴者維持率は改善しません。

これから伝えることは、あくまでも付随のテクニックとして使用してください。

話すスピードと間

YouTubeで動画を見ていると下記のようなのが多くみられます。

  • だらだらと話している
  • どこに区切れがあるか分からない
  • 「えー」「あー」など無駄な言葉が多い

このような動画は「早送り」されたり「離脱」される可能性が高く、視聴者維持率が低くなってしまいます。

話すスピードはなるべく早くし、無駄な場面はカットして下さい。

話してる言葉をフルテロップにすることで、さらに効果が上がります。

重要な情報ほど後にもってくる

重要な情報は動画の最後に持ってきましょう。

プレゼンなどビジネスの場では、「結論から伝えましょう」とよく言われますがYouTubeの動画で結論から伝えてしまうと、その時点で満足して離脱してしまうので気をつけましょう。

冒頭で自分が何者なのかを説明する

テロップでも口頭でも良いので新規ユーザーのために、自分が何者なのかを冒頭で伝ましょう。

新規ユーザーは”この人誰?”という目線で視聴を開始するので、自分のポジションや肩書きを明確に伝えて下さい。

4.動画を投稿するタイミング

動画を投稿するタイミングも重要になってきます。

4-1.動画公開時刻

基本的に動画はYouTubeを閲覧する人が多くなる17時〜22時の投稿が推奨されます。

夜中〜夕方の投稿は、YouTubeユーザーの動きが少ないので、なるべく避けましょう。

また、19時、20時などキリの良い時間に投稿すると有名YouTuberと投稿時間が被り、埋もれてしまいます。

例えばですが、19時1分に公開することで19時公開の動画を退けて最新の動画にすることができます。

金曜と土曜が再生数が多い傾向にあります。

自信のある動画や気合の入った動画は金曜・土曜に配信するのも一つの手段です。

5.最後に

今回はYouTubeの再生回数の伸ばし方についてお伝えしました。

YouTubeは無料で活用できますが、ただ撮影して投稿するだけでは効果が出ません。

一方で、上手に活用すれば多くの潜在顧客へのアプローチも可能です。

「再生数が伸びなくて悩んでいる方」「これからYouTubeを活用しようとしている方」は、是非この記事を活用してみてください。

また、ワンクルーズは中小企業向けの集客を得意としており、SNSなども含めて包括的にお客様の事業に貢献できるようサポートしておりますので、お気軽にご相談ください!

ABOUT ME
アバター
テッキー
新人マーケターのテッキー。 横浜在住。 トレーニングを辞め、 飲み会が増えた結果1年で10キロ増えた男。。。 今年は運用知識と筋肉を両方鍛えるのが目標!!
インターネット広告運用のご相談はこちら
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら