Facebook(集客)

Facebook広告ライブラリとは?使い方と活用方法

Facebook広告を出稿しようとなった時に重要となるのが、広告部分のクリエイティブのデザインやテキストです。

ですが0から作るとなると、どんなものを作ろうか悩んでしまいますよね。そんな時に使って欲しいのがFacebook広告ライブラリです。

Facebook広告ライブラリを使えば、企業が出稿している広告を検索して閲覧できるので、クリエイティブ作りの参考になります。(しかも無料!)

この記事では、Facebook広告ライブラリの使い方や活用方法を紹介していきます。

クリエイティブの作成に悩んでいる方、競合他社がどんな広告を出稿しているのか気になる方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

弊社のFacebook広告運用は、広告素材のクリエイティブを作成するところからお任せいただくこともできます!興味のある方は、Facebook広告のサービスページもチェックしてみてくださいね。

Facebookの「広告ライブラリ」とは

Facebookの広告ライブラリとは、他社が出稿しているFacebook広告を検索・閲覧できる機能です。

Facebook公式のツールで、”広告の透明性を高めるため”という理由で、2019年3月に公開されました。

検索・閲覧できる広告はFacebookのみに限らず、InstagramやAudience Networkを含めた現在配信中のすべてのFacebook広告です。

さらに、すでにFacebook広告を配信している企業の広告(とくに大手企業)は、PDCAを回した上で出稿されていると考えられるので、成果が出やすい広告だとも考えられます。

そのため、初めてFacebook広告を出稿するなら、Facebook広告ライブラリを使って他社のリサーチをして参考にすると、0からクリエイティブを作るよりも良い成果物が出来上がる可能性が期待できます。

競合他社よりも魅力的な広告を作りたい場合にも、競合他社がどのような広告を作っているかを調べれば、競合他社と違った視点からユーザーに響くようなアピールポイントを作れるかもしれません。

Facebookの広告ライブラリで見れるもの

Facebookの広告ライブラリでは、以下の2つのものが確認できます。

  1. 広告主のFacebookページ
  2. 出稿された広告

広告主のFacebookページ

Facebookライブラリでは、出稿されている広告だけでなく広告主のFacebookページも確認できます。確認できるのは、以下のような内容です。

  • Facebookページの名前
  • Facebookページのいいね!数
  • Instagramのフォロワー数
  • Facebookページの作成日
  • ページ名の変更履歴
  • ページの管理者や管理者の居住国
  • 社会問題、選挙または政治に関連する広告での合計消化金額

出稿された広告

出稿された広告では、広告に関することは成果以外ほぼ分かると言ってもいいくらい、詳しく知ることが可能です。

具体的には以下の5点を確認できます。

  • 広告の掲載開始日
  • 広告クリエイティブ
  • 広告の出稿先プラットフォーム
  • 広告のリンク先
  • 広告のタイプ(写真広告、動画広告、カルーセル広告、リード獲得広告、ダイナミック広告など)
  • 広告が表示されたアプリ・サービス
  • 掲載された広告レイアウト

Facebook広告ライブラリから広告を確認し、実際にその広告のCTA(「詳しくはこちら」のようなボタン)をクリックすると、設定されているリンク先に飛ぶことができます。

広告のタイプが写真広告なのか動画広告なのかといった広告の配信フォーマットも確認できて、競合他社のリサーチに大いに役立つのでとっても便利です。

Facebookの広告ライブラリの使い方と活用方法とは

広告ライブラリの使い方と活用方法を見ていきましょう。

広告ライブラリの使い方

広告ライブラリはFacebookのツールですが、Facebookアカウントを持っていなくても利用できます。ただし、広告の報告と成人向けコンテンツの表示には、アカウントとログインが必要です。

広告ライブラリの使い方を解説していきます。

①広告ライブラリにアクセスする

まず、広告ライブラリにアクセスします。「社会問題、選挙または政治関連」「すべてを検索」の2つのカテゴリーがあるので、社会問題、選挙または政治関連以外の広告も検索したい場合は「すべてを検索」をチェックしてください。

②検索窓に広告主の名前を入力して検索

検索窓に広告主(企業名や団体名など)の名前を入力すると該当する広告が一覧で表示されますので、気になる広告をクリックして詳細をチェックしてみてください。

一覧表示された広告は、フィルターで「国」「インプレッション時期」「プラットフォーム」を絞り込むことも可能です。

広告ライブラリを検索しても探したい広告が見つけられない場合は、Facebookページから検索することも可能です。広告主のFacebookページを検索したら「ページの透明性」→「すべて見る」→「広告ライブラリに移動」という順に進んでいくと、広告ライブラリから確認できます。

広告ライブラリの活用方法

広告ライブラリの活用方法は主に2つです。

  1. 自社のFacebook広告のクリエイティブを作成するときの参考にする
  2. 競合他社のリサーチに使う

自社のFacebook広告のクリエイティブを作成するときの参考にする

Facebook広告で使う画像やテキスト(クリエイティブ)に困ったら、広告ライブラリを検索してみましょう。もちろん広告ライブラリでなくてもネットでバナーを検索すれば、参考になる画像はたくさん出てきます。

ただ、広告ライブラリで検索すれば、実際の広告の配信フォーマットにのっとった画像を閲覧できるので、実際に作るときのイメージに近いものを探せます

さらにカルーセル広告のように数枚の写真や動画の広告タイプも確認できるので、どのようなストーリーが盛り込まれているかを見ることも可能です。

競合他社のリサーチに使う

広告運用担当者なら、「競合他社はどんな広告を出しているんだろう」「どんなキャッチコピーを作ってどういったことをPRしているんだろう」と気になるのではないでしょうか。

広告ライブラリで競合他社の広告をチェックすれば、どのようなプロモーションを行っているか丸わかりです。しかも、広告だけでなく広告のリンク先までチェックできます。

競合他社の広告を分析して、より魅力的なクリエイティブ作りに役立てましょう。

自社でWEB広告やSNS広告を運用しているけれど思うように成果が出ない…」と悩んでいませんか?お困りの方は、ノウハウや知識のある広告代理店にお任せしてしまった方が、コスパの良い運用を期待できますよ♪弊社にWEB広告やSNS広告をご依頼いただいているお客様の声ページもありますので、気になる方はぜひご覧ください!

Facebookの広告ライブラリを見る際に注意すべきこと

Facebookの広告ライブラリを見る際には以下の4点に注意しましょう。

  • 広告ライブラリに反映されるには時間がかかる
  • 確認できる広告は配信中のもののみ
  • 成人向けの広告を見る場合は成人している人のログインが必要
  • 社会問題、選挙または政治に関連する広告の情報はさらに詳しく確認できる

広告ライブラリに反映されるには時間がかかる

Facebook広告に出稿された広告が広告ライブラリに反映されるには最大24時間かかります。

気になる広告が広告ライブラリに表示されない場合は、Facebook広告に出稿したばかりという可能性があることを覚えておきましょう。

確認できる広告は配信中のもののみ

広告ライブラリで確認できる広告は現在配信中の広告のみなので、過去に掲載されていた広告は見られません。

そのため、今日見た広告が明日も確認できるわけではありませんので、気になる広告があればメモをとっておいた方が良いでしょう。

ただ例外もあり、社会問題に関しては現在配信されているかどうかに関わらず、広告の掲載日から7年分の広告を確認できます。

成人向けの広告を見る場合は成人している人のログインが必要

アルコール飲料やギャンブルなど年齢制限のある成人向け広告には年齢制限があります。

同じように広告ライブラリでの検索・閲覧に関しても年齢制限がかかっているので、確認するためには成人者のアカウントでのログインが必要です。

社会問題、選挙または政治に関連する広告の情報はさらに詳しく確認できる

社会問題、選挙または政治に関連する広告については、以下のような情報も追加で確認することが可能です。あまり利用する場面はないかもしれませんが、こういったことも調べられるということを知ってもらえればと思います。

  • 広告費用の出資者
  • 広告費の金額範囲
  • 広告がリーチした利用者層

まとめ

Facebook広告ライブラリについて使い方や活用方法、注意点を解説しました。

Facebook広告ライブラリを使いこなせば、競合他社のリサーチもできますし、自社のFacebook広告運用にも役立てます。

しかもこのツールは、誰でも無料で使えるのがありがたいですね!まずは気になる企業の広告や一番のライバル企業の広告をチェックしてみましょう。

クリエイティブの作成やキャッチコピーなどに迷ったときにもぜひ利用してみてくださいね!

Facebook広告の運用について

ワンクルーズのFacebook広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

Facebook社から成功事例として紹介された実績のあるワンクルーズでは、Facebook以外にも規模や業種を問わず、1,000を超えるアカウントの広告運用実績があります。
契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら