インスタグラム(集客)

インスタグラムの投稿の宣伝とは?使い方やインスタグラム広告との違い

インスタグラムの運用担当者にはぜひ知っておいてほしいのが、「投稿の宣伝」という機能。

インスタグラムをビジネスプロフィールに切り替えることで、誰でも無料で利用可能です。

投稿の宣伝は、過去の投稿内容を使って出稿できる広告のことで、新たに広告を作る手間を省いて広告が出せます。

しかも、過去の投稿は反響がどれくらいあったのかを知れるので、反響のあった過去の投稿を使えばより効果的な広告が出稿できるというのも魅力なんです!

この記事では、時間も手間も省ける上に効率の良い広告が打てる「投稿の宣伝」について、使い方や使う際の注意点を解説します。

「投稿の宣伝」と「インスタグラム広告」の違いとは

投稿の宣伝とインスタグラム広告の大きな違いは、広告の素材です。

インスタグラム広告は、広告の素材となる写真や動画を新しく作成して有料で出稿する広告ですが、投稿の宣伝は過去に投稿したコンテンツを再利用して宣伝できます

投稿の宣伝は、ビジネスプロフィールに切り替えることで、過去の投稿に「広告を作成」という機能が追加され、誰でも無料で利用可能です。

インスタグラムの投稿の宣伝の機能

インスタグラムの投稿の宣伝でできる機能をまとめました。

  1. 過去の投稿を再利用した広告が出稿できる
  2. アクションボタンが追加できる
  3. ターゲットオーディエンスを設定できる
  4. 予算と期間を設定できる

過去の投稿を再利用した広告が出稿できる

冒頭で既述の通り、投稿の宣伝では過去の投稿を再利用して広告が出稿できます。

そのため、あらかじめ反響のあった投稿を使えるので、一から作る広告よりもある程度効果が見込めそうな広告が打てるのです

アクションボタンが追加できる

投稿の宣伝では、過去の投稿内容を広告の素材として使えるだけでなく、投稿するコンテンツにインスタグラム広告のようにアクションボタンを追加できます

「購入する」「予約する」「詳しくはこちら」などのアクションボタンを追加できるので、インスタグラムから自社サイトへと誘導しやすくなるため、企業アカウントにとってもおすすめの機能なのです。

ターゲットオーディエンスを設定できる

地域や興味・関心、年齢、性別などのターゲットオーディエンスを設定できるので、アプローチしたいユーザーに宣伝できます。

わざわざ細かく設定しなくても、「自動」を選べばインスタグラム側でフォロワーに類似したユーザーをターゲットオーディエンスとして宣伝することもできるので、初心者の運用担当者でも簡単に設定できて便利です。

予算と期間を設定できる

予算と期間も設定できるので、この2つをきちんと設定すれば、広告費用を使いすぎたり、広告の出稿を停止するのを忘れたりすることもありません。

インスタグラムの投稿の宣伝を活用するメリット

インスタグラムで投稿の宣伝を活用するメリットは2つあります。

  1. 広告の作成コストを削減できる
  2. 反響のあった投稿を広告に使える

広告の作成コストを削減できる

インスタグラムに広告を出稿するとなると、新たに写真を撮ったり、動画を撮影したりと広告素材を制作するのに手間や時間がかかってしまうので、それなりに広告の作成コストがかかります。

一方、投稿の宣伝機能を使えば、過去の投稿内容を広告に使えるので新たに写真を撮ったり、動画を編集したりする手間も時間もかかりません

広告の作成コストも減らせますし、忙しい運用担当者の時間の節約にもなるのが嬉しいですね!

反響のあった投稿を広告に使える

投稿の宣伝では過去の投稿を使えるため、事前に反響があったと分かる投稿を選べます

インスタグラムのインサイト機能や分析サービスを使えば、投稿に対してどれだけのユーザーがいいねやコメント、保存してくれたかといったエンゲージメント率が分かるので、このエンゲージメント率が高い投稿を選べば、ユーザー受けしやすい広告が打てるでしょう。

しかも、投稿の宣伝は、過去の投稿のいいねやコメントも引き継いで広告として出稿できるので、いいねやポジティブなコメントが多いほど、信頼できる口コミつきの広告を出稿しているようなものです。

新たに広告を出稿する場合、反響があるか分からない広告を1から作って出稿することになるので、効果が出ないことも考えられます。

投稿の宣伝を使えば、新たに広告を出稿する場合と比較してユーザーの反応が見込めるので、効率の良い広告だと言えるでしょう。

投稿の宣伝の手順を紹介

投稿の宣伝は簡単に利用できます。手順は以下の通りです。

  1. ビジネスプロフィールに切り替える
  2. 過去の投稿を選ぶ
  3. 広告のリンク先とアクションボタンを設定する
  4. ターゲットを設定する
  5. 予算と期間を設定する

手順①:ビジネスプロフィールに切り替える

自社のアカウントをまだビジネスプロフィールに切り替えていない場合は、まずビジネスプロフィールに切り替えましょう。切り替えの方法を紹介します。

インスタグラムアプリを開き、プロフィール画面を表示させて、右上にある三本線のメニューボタンをタップしましょう。そして、メニューの一番上にある「設定」をタップしてください。

「アカウント」をタップしましょう。

「プロアカウントに切り替える」を選びます。

「ビジネス」にチェックを入れて、「次へ」をタップします。

Facebookアカウントとのリンクや電話番号の入力などについても聞かれますが、一旦飛ばして大丈夫です。

手順②:過去の投稿を選ぶ

プロアカウントに切り替えると、プロフィールに「広告」が表示されるようになるので、この「広告」をタップしてください。

投稿の宣伝に使いたい過去の投稿を選びます。「トップ投稿を宣伝」では、過去の投稿の中で一番エンゲージメントが高かった投稿を教えてくれるので、迷ったらこちらの投稿を利用するのも良いですね。

「投稿を選択」をタップすれば、過去の投稿から選べます。

手順③:広告のリンク先とアクションボタンを設定する

誘導したい場所を以下の3つから選び、「次へ」をタップしましょう。

  • 自分のプロフィール
  • ウェブサイト
  • ダイレクトメッセージ

ウェブサイトを選んだ場合はサイトのURLを入力します。続けて、以下の6つからアクションボタンを選び、「完了」をタップしてください。

  • 詳しくはこちら
  • 購入する
  • 他の動画を見る
  • お問い合わせ
  • 予約する
  • 登録する

手順④:ターゲットを設定する

続いて、投稿の宣伝をしたいターゲットオーディエンスを設定します。フォロワーに類似した人をターゲットにしたいなら、「自動」にチェックを入れればインスタグラム側で自動的にターゲットオーディエンスを設定しくれるので便利です。

自身で設定したい場合は「カスタムオーディエンス」をタップすると、以下の内容を設定できます。

  • 地域
  • 興味・関心
  • 年齢
  • 性別

手順⑤:予算と期間を設定する

予算と期間を設定して「次へ」をタップしましょう。予算は1日200円〜100,000円まで設定でき、期間は1日〜30日間まで設定可能です。

1日200円のように予算が少ないと結果が出にくくなる可能性があります。予算と期間を設定すると、自動で合計消化金額と推定リーチ数を算出してくれるので、こちらを参考にしながら決めましょう。

予算と期間を設定し終えると、最終確認画面になります。支払い情報を入力して、「広告を作成」をタップすれば完了です。

モザイクでちょっと分かりにくいかもしれませんが、広告はこんな感じです。アカウント名の下に「広告」と表示され、投稿写真の下にアクションボタンが表示されるのが特徴です。キャプションは、過去の投稿の内容がそのままになっています。

インスタグラムの投稿の宣伝をする際の注意点

インスタグラムの投稿の宣伝を使う場合には注意したいことがあります。

それは、質の低い投稿内容はできるだけ使わないことです。

投稿の宣伝の一番大きいメリットは過去の投稿を再利用できることですが、これを手間が省けるからという理由だけで使うと、広告の効果が出なかったという結果になる可能性もあります。

過去の投稿を再利用できるメリットは、手間をかけずに作成できるという点だけではなく、反響のあったエンゲージメント率の高い過去の投稿を使える点にありますので、広告の作成コストがかからないというだけで作るのは控えた方が良いでしょう。

「予算に余裕があって色々試してみたい」「反響のあった投稿がまだない」ということもあるかと思いますが、投稿の宣伝を使いたい場合は、まずはいくつか投稿して反響のある投稿とそうでない投稿を分析してから利用することをおすすめします。

反響のあった投稿でなければ、一から広告素材を作るインスタグラム広告と同じようなものですので、せっかく投稿の宣伝を使うなら過去の投稿を使えるメリットを利用したいですね。

まとめ

インスタグラムで使える投稿の宣伝について、インスタグラム広告との違いや実際に利用する手順を紹介しました。

投稿の宣伝を使えば、過去に反響のあった投稿を広告として使えるので、少ない手間でユーザーの反応が見込める広告を出稿できます

インスタグラムを始めたばかりだとエンゲージメント率の高い投稿がまだないかもしれませんが、投稿を続けていくとエンゲージメント率の高い投稿と低い投稿に分かれてくるので、まずはいくつか投稿してユーザーの反応をうかがってみましょう。

「この投稿は他の投稿より反響があったなぁ」という投稿が出てきたら、今回紹介した投稿の宣伝を使って多くのユーザーにアプローチしてみてくださいね!

インスタグラムによる集客を徹底解説

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

インスタグラムの運用テクニック

業界別の集客

 
 
インスタグラム広告の導入をお考えのお客様へ

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら