Google広告

【2021年版】Googleの検索広告とメリット・デメリット

「Google検索広告ってどんな特徴があるのかな」
「Google検索広告を出稿するメリットやデメリットが知りたい」
「Yahoo! 検索広告とは何が違うんだろう? 」

一日何十億件もの検索が行われているとされるGoogle検索。

そんな大勢のユーザーが利用する検索結果画面に配信できるため、Google検索広告は非常に人気のある広告の一つです。

ただ、どんなメリット・デメリットがあるのかは良く分かっておらず、なんとなく出しているという人も多いでしょう。

そこで本記事では、Google検索広告を含む検索広告(リスティング広告)の概要や、メリット・デメリットを含む特徴について詳しく説明します。

同じ検索広告である「Yahoo! 検索広告」との違いについても解説していますので、どちらを使うべきか迷っている人はぜひお読みください。

「Google検索広告はもう使っているけど、なかなか思うような成果が出ない」という人は、Google広告のプロの力を借りましょう。弊社のGoogle広告の運用サービスは少額予算でも利用可能ですので、まずはサービス内容だけでもご確認ください。

検索広告(リスティング広告)とは?

Google検索広告を含む検索型広告(リスティング広告)とは、検索結果画面に表示できる広告のことです。

ここでは、検索広告(リスティング広告)の概要について、掲載場所・仕組み・課金方式の3要素に分けて紹介します。

検索広告(リスティング広告)の掲載場所

検索広告(リスティング広告)は、検索エンジンにおける検索結果画面に表示されるテキスト広告です。検索結果画面のページ上部または下部に配置されます。

広告ではない通常のWebページは、検索結果画面の中央に表示されるのが一般的です。そのため、ユーザーは表示位置の違いにより、通常のページと検索広告を区別できます。

検索結果画面における掲載順は、広告のクリック単価(CPC)、およびキーワードとの関連性の高さに応じて決まる仕様です。すなわち、広告費がたくさんかけられていて、ユーザーの興味関心と合致している広告が表示されます。

検索広告(リスティング広告)の仕組み

検索広告(リスティング広告)は、広告主が特定のキーワードとキャンペーン設定を指定して出稿する広告です。ユーザーの検索ワードが指定キーワードと一致したとき、自社広告が表示されます。

検索広告(リスティング広告)は、指定キーワードを検索したユーザーのみに広告が表示されるのがポイントです。つまり、自然とユーザーの検索内容に近い広告内容となっているので、やみくもに出稿するよりも高い広告パフォーマンスが期待できます。

ちなみに、Googleの検索広告では除外キーワードを指定することも可能です。除外キーワードを設定すると、そのキーワードで検索した場合はそのほかの条件が合致していても広告が表示されないように設定できます。

検索広告(リスティング広告)の課金方式

検索広告(リスティング広告)の課金方式はCPC(クリック課金)で、検索広告で一般的な課金方式です。

広告がクリックされた回数に応じて課金額が決まるので、表示回数をもとにした課金方式よりも広告費をコントロールしやすいといえます。

ただ、キーワードの人気によって価格が大きく変動することには注意が必要です。1クリック数百円のキーワードもあれば、なんと数千円以上する大人気のキーワードもあります。広告予算に余裕がない場合、広告単価をこまめにチェックしておくと良いでしょう。

広告の入札単価に上限をかけることもできるので、予算が厳格に決まっている場合はこちらの設定を行いましょう。

検索広告(リスティング広告)のメリット・デメリット

検索広告(リスティング広告)はSNS広告やマス広告と違ったユニークな特徴を持っています。

ここでは、これらの特徴から考えられる検索広告(リスティング広告)を使うメリット・デメリットについて紹介します。

検索広告(リスティング広告)のメリット

検索広告(リスティング広告)のメリットは、主に以下の3つです。

  1. 検索意図に合った広告を表示できる
  2. オーガニック検索より手軽に検索結果1ページ目に表示できる
  3. 低リスクで出稿できる

検索意図に合った広告を表示できる

検索広告(リスティング広告)を利用すると、検索意図に合った広告を表示可能です。

検索広告(リスティング広告)では広告主が広告を表示するキーワードを指定できます。広告配信のターゲットとなるのは、実際に検索するほどそのキーワードに関する問題を解決したがっているユーザーです。

そのため、指定キーワードに深く関連する自社広告を出せれば、ユーザーは高い確率でクリックしたりコンバージョンに至ったりしてくれます。

オーガニック検索より手軽に検索結果1ページ目に表示できる

検索広告(リスティング広告)を用いれば、オーガニック検索を用いた手法より圧倒的に早く検索結果1ページ目に表示可能です。

検索広告(リスティング広告)を使わないで検索流入を獲得したい場合、主にSEOによってオーガニックなアクセスを集めて宣伝することになります。

しかしSEOは成果が出るまでに最低数か月、長ければ1年単位の時間がかかることも珍しくありません。やっとのことで検索結果1ページ目に自社ページを表示させても、その頃にはトレンドが変わっている場合もあるでしょう。

検索広告(リスティング広告)なら出稿したその日から検索結果1ページ目に表示できるので、宣伝活動の手間や時間を削減できます。

低リスクで出稿できる

検索広告(リスティング広告)では、CPC(クリック課金)方式で出稿できます。その場合はまったくクリックされなければ広告費が一切かからないので、低リスクで広告の反応をチェック可能です。

さらに、最低出稿額が決められていないので、最初は数百円分だけ出稿するといったこともできます。広告費のコントロールは比較的簡単といえるでしょう。

検索広告(リスティング広告)のデメリット

検索広告(リスティング広告)のデメリットは、以下の通りです。

  1. 広告費がかかる
  2. 比較的専門知識が必要になる
  3. 画像や動画が使えない

広告費がかかる

検索広告(リスティング広告)は有料広告の一種ですので、広告費はどうしてもかかってしまいます。出稿している限りお金がかかり続けるので、予算が多くない場合は出稿期間や戦略に制限がかかる可能性があるのです。

人気キーワードほど入札単価が高くなるので、とくに競合が強いキーワードを狙う場合は高額の広告費がかかることも珍しくありません。

ただし、クリック課金方式にしたり広告予算の上限を設定したりすれば、ある程度広告費のコントロールが可能です。

比較的専門知識が必要になる

検索広告(リスティング広告)は、Web広告の中では比較的専門知識が求められる広告です。

検索ワードにはトレンド性があり、季節・年・市場などが変わると良く検索されるキーワードが変わってきてしまいます。検索広告の運用時に常に適切なキーワードを選定するには、長年の経験や鋭い情勢の予測が必要になるでしょう。

キーワードを自分で指定する仕組み上、自動最適化機能が充実しているSNS広告よりも管理に手間がかかる傾向があります。

画像や動画が使えない

検索広告(リスティング広告)は基本的にテキスト形式の広告です。一般的な広告クリエイティブと違い、画像や動画を活用できないのはマイナス要素となりえるでしょう。

たとえば、芸術品やスイーツなど、商品によっては宣伝に写真が有効なものも多いです。こうした写真映えするものについては、テキストだけの検索広告(リスティング広告)だと魅力を伝えるのが難しいといえます。

検索広告でGoogle、Yahoo!ともにできること

検索広告はGoogleのほかに、Yahoo! でも出稿できます。2つの検索広告の基本的なシステムは共通で、いずれも検索結果と合致する広告を表示する仕組みです。

また、広告のフォーマットも共通で、主に見出しと説明文から構成されるテキスト広告です。見出しと説明文の長さの上限は基本的に差がありません。

このように、2つの検索広告の大まかな性質は類似しています。相違点はオプション機能やプラットフォーム自体のユーザー層など、広告の仕組み以外の細かい部分が中心です。

検索広告でGoogleにしかできないこと

2種類の検索広告のうち、Google検索広告にしかできない点は以下の通りです。

  1. 20~40代にアプローチできる
  2. スマホユーザーに広告を見てもらいやすい
  3. 豊富な広告表示オプションを利用できる

Yahoo! 検索広告に比べて広告表示オプションが豊富なのは、Google検索広告の大きな特徴です。こちらの特殊なオプションを利用すると、たとえば以下のようなものが広告と一緒に表示できます。

  1. 住所、通話ボタン、会社情報ページ
  2. 商品価格、商品の補足説明
  3. アプリストアへのリンク
  4. 入力フォーム

検索広告でYahoo!にしかできないこと

Yahoo! 検索広告にしかできないことは、以下の通りです。

  1. 主婦(主夫)・定年退職者を狙える
  2. PCユーザーに広告を見てもらいやすい
  3. 信頼性の高い提携先にだけ広告を表示できる

Google検索は会社員や会社経営者などビジネスパーソンが主な利用者ですが、Yahoo! 検索は主婦(主夫)や定年退職者が多いプラットフォームです。

たとえば家事や育児、老後の生活に関する商品・サービスなど、このようなユーザーに向けて配信したい広告はYahoo! 検索広告が向いています。

また、信頼性の高い提携先にだけ広告を表示できるのも、広告主によってはメリットになるでしょう。

Yahoo! 検索広告は提携先にも検索広告が表示される仕組みですが、提携先サイトは法人限定です。したがって、Yahoo! 検索広告を用いることで、自社のイメージが低下するような怪しいサイトに自社広告が表示されるリスクを減らせます。

「自社の場合だとGoogle検索とYahoo! 検索どっちが最適か知りたい」という人は、Google広告のプロに相談してみましょう。弊社のリスティング広告の運用サービスは少額予算でも利用可能ですので、お気軽にご相談ください。

まとめ

本記事では主にGoogleの検索広告(リスティング広告)について、以下の内容を解説しました。

  1. 検索広告(リスティング広告)の概要
  2. 検索広告(リスティング広告)のメリット・デメリット
  3. 検索広告でGoogle、Yahoo!ともにできること
  4. 検索広告でGoogleにしかできないこと
  5. 検索広告でYahoo!にしかできないこと

検索広告(リスティング広告)は、検索エンジンを利用した広告の一種です。

広告費はかかるものの、オーガニック検索と異なり出稿当日から検索結果画面の1ページ目に表示させられるので、短期間で多くのアクセス流入が期待できます。

また本記事では、2大検索広告であるGoogle検索広告とYahoo! 検索広告の共通点・相違点についても紹介しました。

検索広告(リスティング広告)を使ったことがない人は、本記事を参考にして自社の広告目的に合う方を選んでみてください。

インターネット広告運用のご相談はこちら

ワンクルーズのリスティング広告運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

ワンクルーズは、Google社から成功事例として紹介されただけでなく、
創業以来、契約継続率90%を維持しており、1,000を超えるアカウントの運用実績があります。

契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら