リスティング広告

【入門編】リスティング広告を出す意味やSEOとの違いを解説

「リスティング広告って何だろう」
「出稿するとどんなメリットがあるのかな」
「リスティング広告と相性の良いサービス、悪いサービスが知りたい」

検索エンジンを利用した人気のWeb広告である「リスティング広告」。

ただ、リスティング広告を活用するメリットやどんなサービスに向いているのかをパッと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

そこで本記事ではリスティング広告について、出稿する意味や相性の良い・悪いサービスを徹底解説します。同じく検索エンジンを利用した集客手法のSEOとの違いについても説明しますので、どちらを使うか決めかねている人は必見です!

「リスティング広告は難しすぎて挫折した経験がある」という場合、リスティング広告のプロの力を借りるのもおすすめです。弊社のリスティング広告の運用サービスは少額予算から利用できるので、ぜひ導入を検討してみてください。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Google検索やYahoo! 検索の検索結果画面に表示できる広告のことです。検索エンジンを利用した広告ですので、「検索連動型広告」といった呼び方をされることもあります。

リスティング広告は、自社広告と関連性の深いキーワードを指定して出稿します。ユーザーがこちらの指定キーワードを入力して検索した場合、はじめて広告が表示される仕組みです。つまり、狙った検索ワードを入力していないユーザーには広告が表示されません

リスティング広告はオーガニックな記事やコンテンツとは明確に区別がつけられており、検索結果画面の上部や下部などに表示されるようになっています。

リスティングとSEOの違い

リスティング広告とSEOはいずれも検索エンジンを利用した集客手法ですが、主に以下の点が異なります。

  1. リスティング広告は出稿するのに広告費がかかる
  2. リスティング広告のほうが短期間で成果が出る
  3. リスティング広告のほうが手間がかからない

それぞれの項目について説明します。

リスティング広告は出稿するのに広告費がかかる

2手法間における大きな違いとして、リスティング広告はSEOと異なり広告費がかかる点が挙げられます。

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、狙っているキーワードで自社サイトを上位表示させる施策全般のことです。

具体的な作業としては、目的のキーワードに関連する記事を作成したり、上位表示されやすいようにサイトを整理したりします。外注費や自社社員に対する人件費はかかりますが、基本的にSEOは無料で実施できます

一方、リスティング広告は広告費を払わないと出稿できないので、無料では宣伝を行えません。広告にかけられる予算が少ない場合には満足に使えないこともあり得ます。

リスティング広告のほうが短期間で成果が出る

有料ではあるものの、リスティング広告を用いるほうが基本的に短期間で成果が出ます

SEOは無料で検索エンジンから集客できる優れた手法ですが、成果が出るまでの期間が長いのは欠点です。キャンペーンのために新規サイトを一から立ち上げ、狙ったキーワードで上位表示を達成するには、早くても数ヵ月かかるといわれています。

さらに、検索順位はドメインパワーや権威性など複雑な要素によって決まっているので、時間をかけても上位表示に成功するとは限りません。

しかし、リスティング広告を用いると、広告費さえかければ出稿当日から検索結果画面の1ページ目に表示できます。あまりに検索内容との関連性が低い場合や広告費が十分でない場合を除いて、SEOより早く堅実に成果を出せるでしょう。

リスティング広告のほうが手間がかからない

リスティング広告では、キャンペーン用ページさえ用意すれば簡単な設定のみで宣伝が可能です。そのため、SEOよりも宣伝活動に手間がかからない傾向があります。

SEOの場合、上位表示させるためのコンテンツ・記事を作ったり、Google検索のアップデートに対応して記事を書き換えたりといった施策が中心です。これらをやめてしまうと検索順位が瞬時に下落してしまうケースもあるため、どうしても作業量が増えてしまいます。

ただ、リスティング広告の表示箇所はオーガニックな記事と別枠で用意されているので、それほど頻繁にメンテナンスをしなくても常に1ページ目に表示可能です。SEOに比べて担当者の負担や労力は少ないといえるでしょう。

リスティング広告に出稿する意味とは

リスティング広告に出稿する意味は、主に以下の通りです。

  1. 大勢のユーザーが集まっている
  2. 顕在層に効率よく広告配信できる
  3. 比較的低予算でも広告が打てる

ここでは、それぞれの意味について詳しく説明します。

大勢のユーザーが集まっている

Google検索やYahoo! 検索などの検索エンジンには大勢のユーザーが集まっています。つまりターゲットとなるユーザー数も多いので、ユーザーの少ないプラットフォームで配信するよりもたくさんの人に広告を見てもらえるでしょう。

たとえばGoogle検索では一日何十億件も検索が行われるとされています。これだけユーザーが集まっているのであれば、ターゲットとなるユーザーは数えきれないほどいるはずです。

リスティング広告を出稿すれば、少なくともターゲットがいないという理由で成果が出ないリスクを減らせます。

顕在層に効率よく広告配信できる

自分の悩みや欲求を自覚している顕在層に向けて効率よく広告配信できるのも、リスティング広告ならではの強みです。

検索エンジンを利用するユーザーは、実際に検索をするほどなにかの問題を解決したかったり、特定の商品について知りたがっていたりする人が多いです。すなわち、検索エンジンのユーザーは強いニーズを抱えており、購入意欲が高いといえます。

そのため、検索内容に近いサービスの広告を配信できれば、興味を持って飛びついてくれるでしょう。

比較的低予算でも広告が打てる

リスティング広告はテレビCMや電車内の広告と比べて、比較的低予算で広告を打てます

テレビや電車の広告スペースに広告を出そうと思うと、数十万~数千万かかることも珍しくありません。個人や中小企業、起業して間もないスタートアップ企業などが利用するのは難しいでしょう。

一方、リスティング広告は最低出稿額がなく、たとえば数百円や数千円分だけ広告配信することも可能です。

また、自分の好きなタイミングでいつでも配信を止められるので、広告費が予想以上にかかりそうな場合は広告キャンペーンをすぐに中止できます。低予算の場合でも利用しやすい広告といえるでしょう。

リスティング広告と相性の良いサービス・良くないサービス

リスティング広告はさまざまなサービスに向いている広告ですが、もちろん相性の良し悪しは存在します。

ここでは、リスティング広告と相性の良いサービス、そして反対に相性の良くないサービスを紹介します。

リスティング広告と相性の良いサービス

リスティング広告と相性のいいサービスとしては、以下のようなものが挙げられます。

  1. ブランド力が強いサービス
  2. 客単価または利益率が高いサービス
  3. 地域密着型のサービス

ブランド力が強いサービス

リスティング広告においては、ブランド力が強く会社名やサービス名の知名度が高いと効率的に宣伝可能です。たとえば、人気のファッションブランドや食品などはリスティング広告と相性が良いでしょう。

ユーザーはたとえば「タブレット端末」「安い」のように、サービス名そのものではなくジャンルや特徴を表す抽象的なワードを使って検索します。このような検索方法だと、競合のサービスが広告を出していた場合、そちらと見込み客を取り合う形になってしまいます。

しかし、サービス名や会社名が知られていると、名前で直接検索する「指名検索」をしてもらいやすくなるのです。この場合はそもそも自社に興味を持って検索をしているので、競合の広告よりも自社広告がクリックされやすいでしょう。

客単価または利益が高いサービス

不動産や自動車など、客単価または利益が高いサービスもリスティング広告と相性が良いです。一度売れるだけで大きな収益が得られるので、広告費がある程度かかってもそれに見合う成果を出せるでしょう。

ただ、こうしたサービスは競合他社もリスティング広告をこぞって出しているので、入札単価はどうしても高くなる傾向にあります。

そのままでも十分良好な収益が期待できますが、もし入札単価の低い穴場のキーワードを見つけられれば費用を抑えられるので、出稿時はぜひ探してみてください。

地域密着型のサービス

地域に根付いたサービスもリスティング広告と相性が抜群です。

水回りの修理サービスや荷物の配達サービスなど地域密着型のサービスは、基本的に自宅から遠く離れた業者より地元の業者を探して利用するでしょう。したがって、検索するとしたら「サービス名+地域」のようなキーワードを入力することが多いはずです。

すなわち、地域に関連するキーワードに対してリスティング広告を出稿すれば、効率よく顧客にアプローチできます。

リスティング広告と相性の良くないサービス

リスティング広告と相性の良くないサービスとしては、以下のものが挙げられます。

  1. テキストだけでは魅力が伝わりづらいサービス
  2. 認知度が低いサービス
  3. 利益が低く継続購入も期待できないサービス

テキストだけでは魅力が伝わりづらいサービス

リスティング広告は基本的にテキストのみを表示する広告です。たとえば見た目が美しい料理や観賞用のアイテムなど、ビジュアルが購入に直結するものの魅力を伝えるのは難しいケースもあるでしょう。

もし外観が重視されるサービスでリスティング広告を使いたいなら、サービス自体の認知度を高めて指名検索を増やすといった工夫が必要です。

認知度が低いサービス

リスティング広告は、広告と関連性の高い検索ワードを入れた人にしか表示されません。その性質上、認知度が低く該当ワードの検索数自体が少なかったり、競合のほうが認知度が高かったりするサービスにはあまり向いていないといえます。

たとえば自社の認知度が低い場合、有名な競合他社が同じキーワードで広告を出していればそちらに顧客が流れてしまうでしょう。

また、既存のものにはない新しいサービスについてはそもそもユーザーが知らないので、検索ワードとして入力する回数が少ないと考えられます。

利益が低く継続購入も期待できないサービス

広告がクリックされると売れなくても課金が発生します。そのため、客単価・利益が低すぎるサービスだと、購入されなかった分のクリックにかかる広告費をまかなえなくなります

指名検索ではなく通常の検索の場合、コンバージョン率は1%ほどといわれています。100回クリックされたうち、99回は購入されずに広告費だけ増える状態ですので、一度に得られる収益が数十円ではおそらく赤字になるでしょう。

ただ、定期購入のようにリピートが期待できるものであれば、利益が低いサービスでも広告費を回収できる可能性があります。なぜなら、広告費がかかるのは最初の一回のみで、それ以降は広告費ゼロで売り上げが上がるようになるためです。

健康食品やオンデマンド視聴サービスなど定期購入が前提のサービスであれば、リスティング広告に挑戦する価値はあるでしょう。

リスティング広告を出稿する方法

リスティング広告を出稿する方法としては、以下の2通りが考えられます。

  1. 自分で出稿・運用する方法
  2. 広告代理店に出稿・運用を任せる方法

それぞれの出稿方法について特徴を説明します。

自分で出稿・運用する方法

リスティング広告は個人でも利用できるので、自分で出稿・運用することもできます。自分で広告運用を行う場合、実際に取り組む作業としては次のようなものが挙げられます。

  1. 広告アカウントを開設する
  2. 広告予算や配信条件を決定する
  3. 見出しテキストやリンク先のURL、説明文を用意する
  4. 作成した広告を審査に出し、落ちた場合は修正を行う
  5. パフォーマンスを分析しつつ、狙うキーワードや広告テキストなどを適宜調整する

リスティング広告を出稿するまでの作業は特別難しいものではありませんが、宣伝の戦略を練ったり設定作業を行ったりするのに時間と手間がかかります。また、運用管理はこまめに行わないと、赤字にもかかわらず広告費を消費し続けてしまうケースもあるでしょう。

ただ、広告代理店を通さず自分ですべてを決められるので、広告内容や宣伝戦略の自由度は高いといえます。狙うキーワードの調整や臨機応変な対応が可能なので、担当者のレベルによっては広告代理店に任せるより大きな成果を上げられる場合もあるでしょう。

したがって個人での運用は、知識や経験が豊富なリスティング広告の玄人におすすめの出稿方法です。

広告代理店に出稿・運用を任せる方法

広告代理店では、リスティング広告の運用代行サービスを実施しているところもあります。こちらのサービスを利用すれば、運用依頼を出したり広告素材を提供したりするだけでリスティング広告が出稿できます。

懸念点としては挙げられるのは、代行を依頼するにあたって広告運用費がかかる点、細かい設定は広告代理店の担当者頼みになってしまう点などです。しかし、手間が省けるほか、自分の手には負えない複雑な設定を活用してより効率よく広告運用できる可能性があります。

とくに自社にリスティング広告の専門家がいない場合は、広告代理店を利用するのが無難です。

「リスティング広告を運用しているけど、なかなか成果が出ない……」という場合、設定や戦略になにか見落としがあるのかもしれません。弊社のリスティング広告の運用サービスなら少額予算でプロに運用を依頼できますので、ぜひお試しください。

まとめ

本記事ではリスティング広告を出稿する意味や各サービスとの相性について、以下の内容を中心に解説しました。

  1. リスティング広告の概要
  2. リスティングとSEOの違い
  3. リスティング広告に出稿する意味とは
  4. リスティング広告と相性の良いサービス・良くないサービス
  5. リスティング広告を出稿する方法

リスティング広告を利用すると、検索結果画面に自社広告を表示できます。

同じく検索エンジンを利用するSEOと比べると、有料というデメリットはありますが、より早く堅実に宣伝できるメリットがあります

本記事ではリスティング広告と相性の良いサービス・良くないサービスを紹介しました。自社がどちらに当てはまるか確認し、相性が良さそうな場合はこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

もしリスティング広告を使いこなす自信がない場合、最初のうちは運用代行サービスを利用するのもおすすめです。

インターネット広告運用のご相談はこちら

ワンクルーズのリスティング広告運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

ワンクルーズは、Google社から成功事例として紹介されただけでなく、
創業以来、契約継続率90%を維持しており、1,000を超えるアカウントの運用実績があります。

契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら