Facebook(集客)

【2021年版】Facebook広告のドメイン認証はなぜ必要?

「Facebook広告のドメイン認証って何だろう」
「ドメイン認証は絶対やらないとダメなの? 」
「ドメイン認証のやり方を知りたい」

Facebook広告にはドメイン認証という手続きがありますが、ドメイン認証を行う理由ややり方がわからず実施していないという人もいるでしょう。

しかし、ドメイン認証は義務ではないものの自社ドメインのセキュリティ対策や広告効果に影響するため、実はほとんどの場合に必須といえる手続きです!

本記事ではFacebook広告におけるドメイン認証について、実施する理由および実施しないとどうなるのかを中心に解説します。「まだドメイン認証していない」という人は、本記事を読んで今すぐ手続きを行いましょう!

不正利用などのリスクを考えると「面倒だし、ドメイン認証なんてやらなくていいでしょ」と判断するのは危険です! どうしても手間に感じるなら、少額予算から利用できるFacebook広告の運用サービスでプロに手続きを任せましょう。

Facebook広告のドメイン認証とは

Facebook広告のドメイン認証とは、Facebookにおけるドメインの所有権を取得するために行う手続きです。主にFacebook上の管理者権限に関わる認証で、ドメイン認証を行っておくと自社ドメインのセキュリティ対策や誤った情報の拡散防止に役立ちます。

ビジネスマネージャアカウントを持っているFacebookユーザーであれば誰でもドメイン認証が可能で、特別な料金もかかりません。本記事では具体的な認証手順も紹介していますので、まだドメイン認証を行っていない人はこの機会に実施しておきましょう。

Facebookのドメイン認証はなぜ必要?

Facebookにおけるドメイン認証は、主に以下のような場面で必要です。

  1. 自社ドメインの不正利用を防止する
  2. 認証コードを使わずビジネス認証を実施する

Facebook上でドメイン認証を実施すると、自社広告におけるリンクやコンテンツの編集権限をビジネスマネージャで管理できます。広告代理店および自社のメンバーのみに編集権限を付与することで、外部のユーザーが勝手に広告を編集できなくなり、自社ドメインの不正利用を防止可能です。

また、Facebookのビジネス認証は、メールによる認証コード受信の代わりにドメイン認証を利用できます。メールアドレスと自社サイトで違うドメインを使っている場合など、メールによる認証が可能かわからないときはドメイン認証を活用するとよいでしょう。

こちらについては後述しますが、ドメイン認証は広告アカウント管理や広告配信にも大きく影響します。以上の理由から、特別な理由がなければ基本的にドメイン認証を実施しておくべきです。

Facebookのドメイン認証の方法

Facebook広告のドメイン認証は、広告主などビジネスマネージャ上で管理者権限を割り振られたユーザーのみが実施可能です。ドメイン認証を行うには、以下の3通りの方法があります。

  1. メタタグを利用する方法
  2. HTMLファイルを利用する方法
  3. DNS TXTレコードを利用する方法

ここでは、上記を行う前に必要な手順と、それぞれのドメイン認証方法の手順を説明します。なお、3つすべてでなく、いずれか1つの方法のみを実行すれば問題ありません。

ドメイン認証のための準備(ドメインの追加)

ビジネスマネージャでドメイン認証を実施するためには、まず認証に使うドメインをビジネスマネージャに追加(登録)しておく必要があります。ドメインの追加を行うには、下記作業を行ってください。

  1. ドメイン認証を行いたいビジネスマネージャアカウントで「ビジネス設定」を開く
  2. 「ブランドセーフティ」内の「ドメイン」を開き、「追加」ボタンを押す
  3. 「あなたのドメイン」にドメインを入力する
  4. 青色の「追加する」ボタンを押す

上記の手順を実施すると、入力したドメインが「ブランドセーフティ」内の「ドメイン」で確認できるようになります。この状態になってはじめて以下で紹介する認証方法を実施できます。

認証方法1)メタタグを利用する方法

メタタグを利用してFacebook広告のドメイン認証を行う方法は、以下の通りです。

  1. 「ビジネス設定」にアクセスする
  2. 「ブランドセーフティ」内の「ドメイン」を開く
  3. ドメイン一覧から認証したいドメインを選択する
  4. 「ドメインを認証」のプルダウンリストから「HTMLソースコードにメタタグを追加する」を選択する
  5. 表示されたメタタグの文字列をコピーする
  6. 認証したいドメインのホームページのHTMLソースにメタタグを貼り付ける
  7. ホームページにアクセスしてメタタグがソース内にあることを確認する
  8. 「ビジネス設定」画面に戻り、「ドメインを認証」ボタンを押す

メタタグを貼り付ける位置は、ホームページのHTMLソース内のセクションです。

直接メタタグをサイトに埋め込む方法ですので確実性はありますが、ウェブサイトやHTMLに対する知識があまりない人には難しいかもしれません。その場合は、次に紹介するHTMLファイルを利用する方法でドメイン認証を行いましょう。

認証方法2)HTMLファイルを利用する方法

Facebook広告のドメイン認証にHTMLファイルを利用するときは、以下の作業を実施してください。

  1. 「ビジネス設定」にアクセスする
  2. 「ブランドセーフティ」内の「ドメイン」を開く
  3. ドメイン一覧から認証したいドメインを選択する
  4. 「ドメインを認証」のプルダウンリストから「HTMLソースコードにメタタグを追加する」を選択する
  5. HTML verification file(※)をダウンロードする
  6. 認証したいドメインのルートディレクトリに上記ファイルをアップロードする
  7. HTML認証ファイルが正常にアップロードされている場合、ウェブサイトに認証コードが表示される
  8. 「ビジネス設定」画面にて「ドメインを認証」ボタンを押す

※:ダウンロードページは下記リンク先
https://business.facebook.com/owned_domain/verification_template/?owned_domain_id=839684406925288

ドメインを選択するまでは、メタタグを利用する方法と共通の手順です。

「HTML verification file」については、ダウンロード後に何らかの変更を加えると使用できなくなる可能性があるため注意しましょう。

認証方法3)DNS TXTレコードを利用する方法

3つ目はDNS TXTレコードを利用するドメイン認証方法で、具体的な手順としては以下の通りです。

  1. 「ビジネス設定」にアクセスする
  2. 「ブランドセーフティ」内の「ドメイン」を開く
  3. ドメイン一覧から認証したいドメインを選択する
  4. 「ドメインを認証」のプルダウンリストから「ドメインレジストラーでDNS TXTレコードを更新する」を選択する
  5. 表示されたDNS TXTレコードをコピーし、ドメインホストのDNSレコードセクションを探す
  6. 認証したいドメインのDNS設定にDNS TXTレコードを追加する
  7. 必要に応じてホストフィールドに@記号を追加する
  8. DNS TXT検索ツールでレコードがアップデートされたのを確認する
  9. 「ビジネス設定」画面に戻って「ドメイン認証」ボタンを押す

DNSレコードセクションの場所やDNS TXTレコードの追加手順は、ドメインホスト(ドメインを扱う)によってさまざまです。間違いがあるといけませんので、はじめてドメイン認証を行う場合はよくヘルプなどを確認して慎重に行うか、別の認証方法を試してみましょう。

ドメイン認証のエラーと対処法

上記で説明した通り、Facebook広告のドメイン認証方法は若干複雑です。

ドメイン認証にエラー(トラブル)はつきものですので、こちらではドメイン認証のよくあるトラブルと対処方法について解説します。

トラブル1)ドメインが追加できない

ドメイン認証時にドメインを入力したときに、そもそもドメインの追加に失敗することがあります。このトラブルが生じたときは、まずドメインの入力に誤りがないか確認してみましょう。

「ドメインの文字列は合っているのに追加できない」という場合、ドメインのフォーマットが適切かどうか再度確認してください。たとえばドメイン認証を行いたい自社サイトの特定ページが以下URLで表示されるなら、入力すべきはルートドメインの部分のみ、すなわち「test.com」です。

URL例:http://store.test.com/document/

また、プレフィックス(「http://」や「https://」)を付けたり「test.com/document」のようにサブページ表記にしたりしてしまうと警告表示が出て追加できません。

トラブル2)追加したドメインの認証に失敗する

「追加ボタンは押せたのに認証ができない」という場合も、ドメインのフォーマットが間違っている可能性があります。上記のURL例でいえば、サブドメイン表記「store.test,com」になっているケースなどが考えられます。

ほかにも、ドメイン認証手順に不備や誤りがあった場合は認証できません。以下に3つの認証方法で気を付けるべき点についてまとめましたので、当てはまっている場合はその部分を改善してみてください。

  1. メタタグを利用:メタタグの挿入位置に誤りがある(セクション内にない)
  2. HTMLファイルを利用:ルートディレクトリに管理者としてアクセスしていない
  3. DNS TXTレコードを利用:ホストフィールドに@記号がない(必要な場合)

トラブル3)ドメイン認証したのに未認証・エラー状態になっている

ドメイン認証を行ったにもかかわらず、未認証やエラー状態になっている場合もあります。

ドメイン認証を行った直後であれば変更の反映に時間がかかっているだけという状況も考えられるので、いったん日を置いてから確認してみましょう。たとえばDNS TXTレコードを利用する方法では、反映までに最大72時間の待ち時間が必要です。

また、Facebook公式によると、ドメイン認証状態については定期的なチェックを行う可能性があるとされています。万が一の自体に備えて、ドメイン認証のためのメタタグやHTML検証ファイル、TXTレコードは削除せずに残しておくのが安全です。

ドメイン認証で広告に起こりうる影響

ビジネスマネージャのドメイン認証を行っていないとコンバージョン最適化やターゲット設定がうまくいかず、Facebook広告配信時の広告効果が下がる可能性があります

Apple社のiOS 14デバイスではトラッキングにユーザーの許可が必要で、許可がないユーザーに対するデータ収集・共有を行うのが難しくなっています(2021年6月26日現在)。こちらの対策として導入された「合算イベント測定」と呼ばれる機能を利用するには、ドメイン認証を行わなければなりません。

また、ドメイン認証を行っていない広告アカウントが停止措置を受けたという声もあります。広告効果と広告アカウントに悪影響をおよぼすと考えられるため、ドメインを未認証状態にしておくメリットはないといえるでしょう。

「HTMLファイルとかDNS TXTレコードとかさっぱりわからないし、エラーに対処できる気もしない…..」と諦める前に、Facebook広告のプロを頼ってみましょう。弊社のFacebook広告の運用サービスは少額予算でも利用できますのでぜひ検討してみてください。

まとめ

本記事では、Facebook広告のドメイン認証というテーマで下記事項について解説しました。

  1. Facebook広告のドメイン認証の概要
  2. Facebookのドメイン認証を行う理由
  3. Facebookのドメイン認証の手順
  4. ドメイン認証のエラーと対処法
  5. ドメイン認証で広告に起こりうる影響
  6. Facebookのダイナミック広告の活用事例

Facebook広告のドメイン認証は、ドメインの不正利用を防いだり広告配信機能を最大限活用したりするのに役立つ手続きです。

ドメイン認証に必要なものは基本的にビジネスマネージャアカウントのみですので、特別な準備は必要ありません。ドメイン認証を行なっていないととくにApple社製デバイスへの広告配信に支障が出るため、Facebook広告を利用するなら忘れずに実施しておきましょう。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズのFacebook広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

Facebook社から成功事例として紹介された実績のあるワンクルーズでは、Facebook以外にも規模や業種を問わず、1,000を超えるアカウントの広告運用実績があります。
契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら