Facebook(集客)

【入門編】Facebook広告の広告セットの概要と作成時の注意点

「Facebook広告の構造がよくわからない」
「キャンペーンと広告セットはどう違うの? 」
「広告セットを作成するときのポイントを知りたい」

Facebook広告がキャンペーン、広告セット、広告の3つの階層から構成されていることは、広告アカウントを持っていたり出稿の経験があったりすれば知っているはずです。

しかし、それぞれの特徴や違いについてはきちんとわかっていないFacebook広告ユーザーも多いのではないでしょうか。

本記事では上記の3つの階層について、ターゲット設定や予算設定を行う「広告セット」を中心に解説します。

広告セット作成時の注意点も紹介していますので、「なんとなく使っていた」というFacebook広告中級者の人もぜひ参考にしてみてください。

「広告セットの設定が適切かわからない……」と配信のたびに悩んでいる人は、一度Facebook広告のプロを頼ってみてはいかがでしょうか。弊社のFacebook広告の運用サービスは少額予算で利用できますので、気軽にお問い合わせください。

Facebook広告の基本構造

Facebook広告の基本構造は、冒頭でもお伝えした通り以下の3階層に分けられます。

  1. キャンペーン
  2. 広告セット
  3. 広告

以下でそれぞれについて簡単に説明します。

キャンペーン

Facebook広告の「キャンペーン」は、広告を配信する目的についての設定を行う階層です。

デフォルトでFacebookに設定されている目的の中から、適切なものを選ぶ仕組みです。選べる目的としてはリーチやトラフィック、コンバージョンの獲得などが挙げられます。

基本的には自社の広告目的にもっとも近いものを設定しますが、実店舗が必須の「来店数の増加」をはじめ、一部のものは特定の条件を満たしていないと選べません。

広告セット

Facebook広告の「広告セット」は、ターゲティングをはじめとする配信方法の設定を行う階層です。

Facebook広告の配信先ユーザーや配信スケジュールなどは、広告セットの設定内容にもとづいて決定されます。詳しくは後述しますが、設定項目としてはターゲット層となるオーディエンスの指定、予算などが代表的です。

広告

Facebook広告の「広告」は、広告クリエイティブの作成にかかわる項目を設定する階層です。

たとえば素材となる画像や動画のアップロードおよび設定を行ったり、広告の説明文や画像・動画内に表示させるテキストを入力したりします。ユーザーに特定の行動を促したいときに有効な「CTAボタン」の設定もこの階層で行います。

広告はキャンペーンで設定した広告目的と、広告セットで設定したターゲットに合うように作成してください。

広告セットとは

広告セットとは、自社で作成したFacebook広告をどのように配信するかという方針を指定するものです。具体的には、広告を優先的に配信するターゲットを指定したり、予算や広告配信のスケジュールを決めたりすることができます。

広告セットの設定をもとにFacebook広告が配信されるため、こちらの設定が不適切だとパフォーマンスが大幅に低下する恐れがあります。Facebook広告の運用において、広告セットをいかに適切に設定できるかが非常に重要です。

広告セットの機能と設定方法

広告セットでは広告の配信方法を決めることができます。主要な設定項目は以下の通りです。

  1. オーディエンス
  2. 配置
  3. 予算と掲載期間

ここでは、広告セットの機能および設定方法について解説します。

広告セットの基本的な設定方法

広告セットの項目は、広告アカウントがあれば使える広告管理用ツール「広告マネージャ」経由で設定することが可能です。広告マネージャにおける具体的な設定方法は以下の通りです。

  1. 広告マネージャを開き、「広告セット」を選ぶ
  2. 編集したい広告セットのチェックボックスを入れる
  3. 「編集」ボタンを押すと広告セットの編集画面が立ち上がる
  4. 必要に応じてその他のオプションを選択する(※)
  5. 設定完了後に「公開」を押すと広告が配信できる状態になる

※:以下の4項目を編集したいときには、「その他のオプション」を展開します。

  1. 上限予算
  2. 請求のタイミング
  3. 広告スケジュール
  4. 配信タイプ

オーディエンス

広告セットの項目のうち「オーディエンス」では、どんなユーザーをターゲットにして広告を配信するかを決められます。以下はオーディエンスの属性として設定できる項目の一例です。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 地域
  4. 詳細ターゲット設定

オーディエンス機能を活用すると、設定した条件に当てはまるFacebookユーザーのみに広告を配信できます。広告に興味を持ってくれそうなユーザーがある程度絞り込めている場合、そのユーザーたちに向けて広告を配信すれば効率よく宣伝を行えます。

ターゲティングで設定できる項目や設定のコツについては以下の記事で詳しく説明しているので、こちらもあわせてお読みください。

▶︎ Facebook広告の特徴とは?ターゲティングのコツを解説【2021年版】

配置

広告セットの項目のうち「配置」では、作成したFacebook広告をどの媒体にどんな配置で表示するかを指定することが可能です。手動配置か自動配置のいずれかを選ぶことができ、自分で設定したいときは手動配置を選びます。

広告フォーマットの種類や目的によっては一部を利用できない場合もありますが、配信媒体としては以下の4つの中から選択可能です。

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Messenger
  4. Audience Network

媒体だけでなく配信位置も細かく指定でき、たとえばFacebookのニュースフィードには配信するがFacebookストーリーズには配信しない、といった設定も可能です。自動配置にしておけば配信位置が自動で最適化されますが、明らかに効果の低いまたは高い媒体・配置が分かっている場合は手動配置にするのも手です。

予算と掲載期間

広告セットの項目のうち「予算と掲載期間」では、広告予算に関する設定、およびFacebook広告の配信スケジュールや戦略を立てることが可能です。

予算に関するものとしては、キャンペーン期間の通算広告費や1日の広告費、入札価格の上限などを決められます。

掲載期間は、常に配信する設定もしくは期間や曜日を絞って配信する設定のいずれかを選択可能です。

Facebookの広告セット作成時に気をつけることとは

Facebook広告の広告セットを作成するときは、以下の点に注意が必要です。

  1. 「予算の最適化」機能の利用中は広告セットごとの予算を変更できない
  2. 一定期間だけ配信したいときは通算予算にする
  3. 入札上限価格の設定が反映されるのに時間がかかる
  4. 広告セットを増やしすぎない
  5. 適切な予算を設定する

それぞれの注意点について詳しく説明します。

「予算の最適化」機能の利用中は広告セットごとの予算を変更できない

Facebook広告では、「予算の最適化」機能を利用していると、広告セットごとの予算を変更できません

予算の最適化とは、同じキャンペーンで配信している複数の広告セットのうち、パフォーマンスが高いものに多くの予算を投入する最適化機能です。

効率のよい広告配信が可能となる便利な機能ですが、運用の都合で予算を自分で管理する必要があるときは無効にしておきましょう。

一定期間だけ配信したいときは通算予算にする

Facebook広告を一定期間だけ配信したいときは、予算方式を1日の予算でなく通算予算に設定してください。

1日の予算は、常に広告を配信する場合に利用できる予算方式です。「配信期間の設定がそもそもできない」という場合、予算方式で1日の予算を選んでいないか確認してみましょう。

入札上限価格の設定が反映されるのに時間がかかる

広告セットでは、コストコントロールに関する設定で入札上限価格を指定できます。入札上限価格はいつでも簡単に変更可能ですが、15~20分程度反映に時間がかかることを把握しておきましょう。

「間違えて設定したので変えたい」という場合、訂正後も上記の時間はもとの設定で配信されてしまう可能性があります。

広告セットを増やしすぎない

運用上の問題が生じる可能性があるため、広告セットを増やしすぎないようにしましょう

Facebook広告では配信を開始した直後に、最適化のための情報を集める「情報収集期間」に入ります。同時に配信する広告セットが多いと各広告セットに配分される学習量が減ってしまい、かえって効率が落ちてしまうので注意が必要です。

ターゲットが被っているもの同士をあらかじめ結合しておくといったように、広告セット数は必要最低限に抑えることを心がけましょう。

適切な予算を設定する

広告予算が適正な範囲に設定されていないと、最適化がうまくかからないことがあります。Facebook公式では最適化イベントが50件以上になるような予算を組むことを推奨していますので、こちらを基準に設定しましょう。

広告セットの予算を頻繁に変えると再び情報収集期間に入ってしまう可能性があるので注意してください。

「広告セットの設定は注意すべき点も多いし、自分でできるかな……」と不安な人は、Facebook広告のプロに運用を任せるのが確実です。弊社のFacebook広告の運用サービスは少額予算で利用できるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事ではFacebook広告の構造および広告セットについて、以下を中心に説明しました。

  1. Facebook広告の構造
  2. 広告セットの概要
  3. 広告セットの機能と設定方法
  4. Facebookの広告セット作成時の注意点

Facebook広告における「広告セット」では、広告の配信方法に関する設定を行えます

オーディエンスや配置・予算など、広告運用の根幹にかかわる重要なポイントはこの広告セットの設定をもとにしています。すなわち、広告セットが適切に設定されているかどうかが宣伝成功のカギを握るといっても過言ではありません

「これまでなんとなく設定していた」という人は、自社のFacebook広告で本当に最適な設定になっているかこの機会に確認してみることをおすすめします。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズのFacebook広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

Facebook社から成功事例として紹介された実績のあるワンクルーズでは、Facebook以外にも規模や業種を問わず、1,000を超えるアカウントの広告運用実績があります。
契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら