気になる料金プランはこちら
ディスプレイ広告

リスティング広告集客術「CPAを12,500円から4,200円以下まで下げた事例」

WEB担当者なら誰もが「お問い合わせを増やしたい。」「もっと集客したい。」と考えていると思いますが、実際には、現状以上の集客を増やすのにはどうしたらいいのかわからず、「何から手を付ければよいのかわからない」という状況だと思います。

解決策を模索する中で、リスティング広告というものを知り、どんなものなのか調べている方は少なくないと思います。しかしいざ始めるとなると、どのように運用していけばいいのか、本当に効果があるのか、確証が得られず不安になるのではないでしょうか。

今回の記事ではリスティング広告の特徴と、リスティング広告運用の考え方、そして実際にどのような効果があるのかをまとめました。

リスティングとは

リスティング広告とは、多くの場合、ユーザーが検索したキーワードに応じて検索結果画面に表示されるテキスト型広告のことを言います。

リスティング広告は、検索されたキーワードに連動して表示されるため、検索連動型広告とも呼ばれます。

ECサイトに限らずインターネット広告として、最も費用対効果が高く、CV件数を多くとれる広告です。なぜなら、Google検索やYahoo検索を行った場合に、会社の製品やサービス内容を検索結果の上位に置くことができるからです。上記写真のように、検索結果の上部(青枠)を押さえることができ、ユーザーの目にも留まりやすい為効果も期待できます。

広告が表示されるだけでは広告費が発生せず、ユーザーがクリックするごとに課金されるクリック型課金が特徴です。

キーワードによって広告を出したいユーザーを絞り込めるので、商品やサービスに興味のあるユーザーを絞り込むことで、自社の商材、サービスに対して興味やモチベーションの高いユーザーにのみ広告を配信することができ、非常に効率的です。

リスティング広告は本来「コンテンツ連動型広告」という意味もあります。

コンテンツ連動型広告とは、Webページにその内容と連動して関連性の高い広告を掲載する、クリック課金型広告のことを指します。

Google Adsのディスプレイネットワークや、Yahoo!プロモーションのYDNなどのコンテンツ連動型広告、またユーチューブの動画広告などが代表です。

管理画面で広告を表示させたいユーザーをターゲティングすることで、配信ユーザーを絞り込むことが出来ます。

リスティング広告を始める際の考え方

リスティング広告は広告を配信するユーザーを選択できるので、顕在的・潜在的ニーズを持ったユーザーを絞り込んでいきます。

絞り込み方は、検索型広告やディスプレイ広告の種類によって様々な方法がありますが、どの方法を使うにもまずは、分析が必要になります。

代表的な分析方法に、3C分析があります。

3C分析とは

3C分析とは

  • Customer:ユーザーのニーズや市場を理解する
  • Company:自社の強みを理解する
  • Competitor:競合他社を分析する

の3つを分析する事で自社の商品を誰にどのように出せば一番効率的か分析するための手法です。

市場や顧客を分析し、市場規模や顧客ニーズを分析することで、顧客の購買意欲や能力を分析します。

その後競合の売り上げや社員数、市場シェアをはじめとする競合の状況、競合の製品やサービスの特徴を分析します。

それらを元に、自社の立ち位置がどこかを理解し、誰に・どのように・どれくらい広告を配信すれば一番費用対効果が高いのか分析し、広告を配信します。

3C分析の結果によって、最適な配信方法やキーワード選定、広告文は変化するので、リスティング広告を配信する際にはこちらに一番力を入れてみてください。

配信前の3C分析により配信戦略を練っても、それが始めから最適であることは少ないです。一番大事なのは、意味を持って広告設定を行なっているかどうかです。

意味を持って設定を行えば、成果が出なかった際に何が悪いのか、方向性を変えるべきなのかを考えやすくなります。その後何が悪いのか洗い出し、修正して再配信します。このようにPDCAサイクルを高速で回して行くのが成果を出すコツです。

リスティング広告で実際に集客した事例

リスティング広告の概要やリスティング広告を配信する際の考え方について書きましたが、実際に効果が出なければ意味はありません。

ハウスメーカーの集客をお手伝いし集客に大きく貢献した事例を紹介します。

ハウスメーカーA社のCPAを12,500円から4,200円以下まで下げた例

ハウスメーカーA社は福島県のハウスメーカーです。元々は他社の代理店でリスティング広告を配信していましたが、CPAをもう少し下げたいという事で相談を受けました。

そこで、弊社でGoogle広告を使い、現状よりCPAを下げて行くことを目標に広告を配信することにしました。

今回のコンバージョン目標は資料請求・お問い合わせ・見学会予約に設定します。

A社は顧客の希望を受けて間取りやデザインを作成する、いわゆる注文住宅を提供するハウスメーカーでした。注文住宅は一般的な建売に比べ、顧客一人一人に対しオーダーメイドで作成するので、手間とコストがかかるため価格帯が高くなります。

そんな中で、A社の注文住宅は商圏内の他社に比べ比較的安い価格帯で販売していました。他にも他社には無い特徴を洗い出し、それらを元に検索広告のキーワード選定を行いました。

広告文はリンク先やキーワードと相違が無い範囲でユーザーがCVに至るようにユーザーの興味を喚起するように作成します。

広告文を作成する際のコツは、キーワードとリンク先URLとで整合性があるように作成する事です。ズレが生じてしまうと、ユーザーは期待と違うと感じ離脱してしまうのでCVに繋がりません。

【ハガクレ】リスティング広告のアカウント設計の基本であり極み!今まで一番良いアカウント設計は『1広告グループに対し、1キーワード、広告のリンク先URL1つ』というアカウント構造が広告文も柔軟に変える...

さらに、Googleからの評価も下がり、クリック単価も上がってしまいます。

ディスプレイ広告のターゲット選定も、同じくA社の特徴から競合他社になり得る企業や、A社に興味を持ちそうなユーザーが訪れそうなコンテンツを洗い出し、CPAが低くなるようPDCAを高速で回しました。

結果

結果として他社の代理店で配信していた時と比べ、CPAは12,500円から4,200円まで下げる事が出来ました!CV数はなんと3倍まで増加させる事に成功しました!

このようにリスティング広告は現状分析し戦略を練り、高速でPDCAを回して行く事で成果を上げる事が出来ます。

リスティング広告は運用担当者の能力に依存して結果が大きく変わる広告ですので、もし自社で運用していて結果が出ないようでしたら、代理店に頼む事を考えてみるのも大切です。

ワンクルーズではいただいた予算の中で、いかにパフォーマンス(CV数、集客数、売上etc…)を上げるかで、運用を別の会社に依頼した場合や、運用を内製化した場合と勝負します!

今まで、代理店で広告運用していた方や自社で内製していて、「効果が出ない。」「効果が出ているか分からない。」という方は一度ワンクルーズにご連絡下さい。きっと良い提案ができると思います!

ワンクルーズ料金プランワンクルーズは取り扱い注意!? 集客出来すぎちゃって困ちゃう! 忙しくなって困っちゃう! 日本初!?ワンクルーズだけの明朗会計広告...

まとめ

今回はリスティング広告を配信する際の考え方、リスティング広告での集客の成功事例についてまとめました。リスティング広告は、配信するところまでは、調べながら行えば誰にでもできる反面、成果を出す事はそれなりの経験とスキルがないと出来ません。

集客に行き詰まって悩んでいる方は代理店に連絡して下さい。それでもまだ解決しないという方は是非ワンクルーズにご連絡下さい!

ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。
広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にWEBプロモーション事業を行うマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、Hokkaidoから、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です