新人マーケターの成長期

【最新情報】Workplace by Facebookに新機能が続々追加!

こんにちは、テッキーです。

皆様、Facebookの企業向けSNS「Workplace by Facebook」をご存知でしょうか?

「Workplace by Facebook」は2017年からスタートしたFacebookが提供しているビジネス向けのSNSです。

企業内での情報共有などによく活用されるSNSですね!

ワンクルーズでも活用しており、今日も社内のメンバーからの情報共有がありました!

「Workplace by Facebook」に以下5点、最新機能の追加が発表されたので、お伝えしたいと思います。

  1. 情報ライブラリ
  2. 下書きの代理作成
  3. キャンペーン
  4. Q&A 投稿

(参照:https://about.fb.com/ja/news/2020/04/workplace-new-features/

広告アカウントの無料分析''

1.「Workplace by Facebook」の主な機能

https://www.facebook.com/workplace

知ってる方も多いと思いますが、「Workplace by Facebook」がどんなものなのか説明したいと思います。

使ってみればすぐに分かる機能ですが、ほとんどFacebookそのままです!

普段Facebookを利用しているのであれば、すぐに活用できると思います。

1-1.「コンテンツの投稿」機能

(PCで見たWorkplaceのトップ画面)

「Workplace by Facebook」では、企業のタイムラインまたは作成したグループ内のニュースフィードにコンテンツを投稿できます。

写真や動画を挿入する事や、同僚をタグ付けできるだけでなく、通常のFacebookとは異なり、以下4つが可能になります。

  1. 見出しの作成
  2. 文字を太字にする
  3. 箇条書き
  4. 文章を塗りつぶして目立たせる

 

投稿に対しては「いいね!」コメントシェアといったフィードバックが可能なので、同僚同士のコミュニケーション手段として利用できるでしょう。

1-2.「グループ」機能

Facebook同様に、特定のユーザーだけを集めて独自のグループを作成することができます。

グループのカテゴリは以下3点で、ビジネス利用を想定したものとなっています。

  1. チーム・プロジェクト
  2. 部署
  3. オープンディスカッション

グループでは自社以外のユーザーを含めることもできるので、複数の企業が関わるプロジェクトにも活用できるでしょう。

1-3.「イベント」機能

通常のFacebookでも提供されているイベント機能が「Workplace by Facebook」でも利用できます。

入社式や忘年会といった社内イベントの告知のほか、飲み会のような小規模なイベントを開催する際にも使いやすいでしょう。

1-4.「Work Chat」機能

「Workplace by Facebook」には「Work Chat」というチャット機能が提供されています。
メッセンジャーのように特定のユーザーに対してメッセージを送れるだけでなく、チャットグループを設定して複数人数とやりとりすることもできます。

1-5.「チャットボット」機能

プレミアムプランでは、チャットボットを利用したタスク管理が可能です。

会話形式でボットに返答していくだけで、自動的にアラートを設定できるので、タスク管理の効率化につながるでしょう。

また、Converse、PullString、The Bot Platformといった複数のチャットボットプラットフォームと協力し、100種類以上ものチャットボットを提供しています。

1-6.「音声通話・ライブ通話」機能

メッセンジャー同様、音声通話及びライブ通話が可能です。

社内の連絡手段としてだけでなく、社内セミナーの実況中継などにも活用することができます。

1-7.他社サービスとの連携機能

「Workplace by Facebook」では、OneDriveGoogleドライブSalesforceといった他社のアプリとの連携機能を追加できます。

例えばGoogleドライブやOneDriveといったファイルストレージと連携させれば、ニュースフィードへの投稿時にファイルストレージから直接ファイルを選ぶことが可能です。

資料などを共有する際にとても便利な機能です。

2.Workplace by Facebookの最新機能

ここからは追加された最新機能になります。

順にお伝えしたいと思います。

2-1.「情報ライブラリ」機能

「Workplace by Facebook」上に社内の情報をまとめることができる情報ライブラリ機能

人事規則やリモートワークのアドバイスなど更新の少ないコンテンツを、1か所に作成、保存、共有することができ、従業員がどこにいても必要な情報を見つけ、簡単にアクセスできるようになります。

2-2.「下書きの代理作成」機能

プロセスを効率化するためにできた新機能が「下書きの代理作成」機能です。

個人が上司に代わって下書きを作成し、それを上司が承認、公開することができる下書きの代理作成機能です。

この機能によって、正確な情報共有が合理化され、会社全体の意見をまとめることができるようになると考えています。

2-3.「キャンペーン」機能

リモートワークで働く従業員向けに、より良い社内コミュニケーションを実現するために加わったもう1つの新機能が「キャンペーン」機能です。

「キャンペーン」により、それぞれの投稿のリーチエンゲージメントを確認できます。

従業員の共感が高いコンテンツを特定できる感情・心理指標が含まれており、その分析を通じて、より共感を集めるコンテンツを作成できます。

例えば、キャンペーン機能を活用して、新型コロナウイルスや在宅勤務に関する複数の投稿を公開し、従業員のモチベーションを把握するとともに、関連性の高い有益な情報を提供できているかどうかを確認することができます。

2-4.「Q&A 投稿」機能

「Q&A 投稿」機能は画像のように質問を投稿できる機能です。

この機能によって、企業は従業員が重要と考えていることを把握し、迅速なフィードバックを提供できるようになります。

従業員は質問を追加・投票できるようになり、社内における上位の懸念事項が明らかになります。

3.最後に

「Workplace by Facebook」の最新機能についてお伝えさせて頂きましたが、いかがでしたか?

冒頭でもお伝えしましたが、「Workplace by Facebook」はFacebookが提供しているビジネス向けのSNSであり、ニュースフィードの構成や機能の利用方法はFacebookと似ています。

メッセンジャーや音声通話などFacebookの基本機能が利用できるので、社内のコミュニケーションツールとしても使いです。

使い慣れたインターフェースで利用でき、各種ビジネスサービスとの連携も可能な「Workplace by facebook」はこれからの業務に有効なプラットフォームとなりえる強力なサービスではないでしょうか。

ABOUT ME
アバター
テッキー
新人マーケターのテッキー。 横浜在住。 トレーニングを辞め、 飲み会が増えた結果1年で10キロ増えた男。。。 今年は運用知識と筋肉を両方鍛えるのが目標!!
インターネット広告運用のご相談はこちら

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

メールでのご連絡電話でのご連絡