新人マーケターの成長期

検索連動型広告キーワード設定|部分一致と完全一致の使い分け

ワンクルーズに入社してひと月が経とうとしてます。

最近は先輩方の運用サポートをするため奔走してます。サポートと言いながらむしろ足を引っ張っている事は明白ですが、嫌な顔一つせずOJTをしてくれる先輩方の役に立ちたいと、断固たる決意を持つイッシーです。

様々な広告媒体を扱うワンクルーズですが、新人の私は検索連動型広告からはじめることになりました。広告文を作成したことも、キーワード設定をするのも初めてです。緊張しますね

キーワード設定をしようとすると、『部分一致』『フレーズ一致』『完全一致』と選択項目が表示されます。今まで勉強してましたが、いざ実際に自分で手を動かして設定しようとするとテンパってしまうものです。

そこで備忘録も兼ねて、各キーワードのマッチタイプを紹介します。

キーワードのマッチタイプとは

当たり前のようにキーワードマッチタイプと言いましたが、マッチタイプとは何かを説明します。

検索連動型広告において、どのような検索語句で広告に流入してもらうかを設定するのが、登録キーワードです。広告を配信するにあたって必ず「目的」があり「ターゲット設定」をするでしょう。

商品(サービス)の広告を広範囲に表示、もしくはピンポイントに絞って表示するのか、訴求対象を目的に沿って変更できるのがマッチタイプの役割です。

表記のゆれ

各マッチタイプの説明の前に把握しておかなければならないのが、この表記のゆれについてです。

例えば、「鰤」「ブリ」「ぶり」は同じ意味ですよね。「問い合わせ」「問合せ」などの省略型も同様です。これらを表記のゆれといい、すべてキーワード設定していたら膨大な量になってしまいますね。

このような類似パターンの検索語句にも広告が表示されるので、いちいち全てのキーワードを設定しなくても大丈夫です。またキーワードと同じ意味の検索語句も類似パターンに含まれます。

ワンクルーズも省略型で「ワンクル」と検索されても表示されるよう、知名度をぐんぐんあげていきたいです!

完全一致

完全一致は、文字通り検索したキーワードと完全に一致する検索語句や、表記のゆれのような類似パターンに該当する検索語句で、広告が表示されます

「ワンクルーズ」で完全一致のキーワード検索した場合、「ワンクルーズ 楽しい」と検索されたユーザーに広告が表示されません。同じく「ワンクルーズ 楽しい」で完全一致設定した場合、「楽しい ワンクルーズ」と順序が入れ替わっても表示されません。

フレーズ一致

フレーズ一致は、設定されたキーワードと同じ語順や類似パターンのフレーズが使用され、そのフレーズの前後に他のワードが追加されても表示されます。文章だけでは伝わりづらいと思うので以下をご確認ください。

「ワンクルーズ 広告代理店」でフレーズ一致設定すると仮定します。「札幌 ワンクルーズ 広告代理店」や「ワンクルーズ 広告代理店 おもしろい」で検索した場合、広告が表示されます。「ワンクルーズ 広告」「ワンクルーズ 札幌 広告代理店」では広告の表示されません。

これも名前の通り、フレーズさえ一致していれば他の語句が追加されても表示されるという認識で大丈夫です。(かなり安直ですが)

部分一致

部分一致は、表記のゆれをはじめ、誤字や送り仮名の間違いやニュアンスの違い、関連性のある語句や類語で検索された場合も広告が表示されます

これらのように部分一致を使用すると、設定したはずのキーワードが必ず含まれるわけではないということを覚えておきましょう。その分、本来訴求対象ではなかったユーザーにも広告が表示され、無駄なコストがかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

除外キーワード

除外キーワードを設定すると、除外したキーワードが検索語句に含まれる場合は広告を表示されません。部分一致で「ワンクルーズ 広告代理店」と設定し、検索ワードで「クルーズ 客船」と検索され広告が表示されたとします。広告代理店を探しているユーザーに向けた広告が、恐らく旅行を楽しもうとするユーザーに表示されては誰も得しませんね

このように思わぬところでコストがかからないように、除外キーワードで設定しターゲットを絞ることができます。

絞り込み部分一致

除外キーワード以外にもターゲットを絞り、無駄なコストがかからないように設定できるのが絞り込み部分一致です。

キーワードのマッチタイプで選択はできないのですが、広告が表示される際、ユーザーに必ず検索をして欲しいキーワードを指定することができます。部分一致を選択しながら、登録キーワードの前に「+」を付けることで設定できます。

このように、除外キーワードや絞り込み部分一致を利用することでターゲットを絞り、コストを抑えて運用することができます。

まとめ

今回は検索連動型広告をはじめる前に必ず必要になるキーワード設定についてまとめました。

マッチタイプをよく理解せず、闇雲にキーワード設定をしてしまうと望んだ結果は残せません。

キーワード選定を理解して、あとは実際に運用しながらキーワードの調整をしましょう。私もまだまだナレッジが足りない状態ですが、最善のキーワードを求めて広告のパフォーマンスをあげていきましょう。

関連記事を引用しますので、ぜひ併せてご覧ください。

【ネット広告代理店の選び方】良い代理店かを見極める13個のポイント「いま出している広告の成果が、良いのか、悪いのかよくわからない。」 「現在お願いしている広告代理店で本当に良いのかな?」とお悩みの皆さ...
ABOUT ME
石川和希
ノリと勢いと愛嬌がモットーの異業種から現れた新人マーケター 。プロフィール情報に載せきれない経験と徳を積むため日々勉強中!似顔絵の再現率は120%!!好きなHIP HOPはオルタナティブ
インターネット広告運用のご相談はこちら

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
お問い合わせ