Facebook(集客)

Facebook広告でもアフィリエイトは可能!ルールや注意点あり

スマホが生活の一部になった今、多くの時間をスマホに費やしている人は多いです。

そのため、ブログやWebサイトで広告主の商品やサービスについての広告リンクを貼るアフィリエイトの宣伝効果は年々高まっています。

この記事では、Facebookでアフィリエイトをするメリット・デメリットの他、ルールや注意点について説明します。

Facebookを使ったアフィリエイトを始めたいと思っているのなら、ぜひ参考にしてください。

FacebookでのアフィリエイトはFacebook広告を活用します。「なんだか難しそう…」という方は、一度プロにお任せしてみませんか?ノウハウや知識が豊富なので低予算からの運用でも効果が期待できますよ!興味のある方はFacebook広告の運用サービスページをご覧ください。

Facebook広告でアフィリエイトは出稿できるのか

Facebook広告は、FacebookだけでなくMessenger・Instagramなどに掲載される広告のことで、そのアクティブユーザーの多さから、広告効果が期待しやすい配信先として多くの企業から人気を集めています。

そしてFacebook広告の活用方法として、アフィリエイト広告の掲載も許可されています

また、Facebook広告はテレビCMや雑誌広告とは違い、年齢・居住地・性別といったオーディエンスの選択や広告の掲載サービスの選定などを予算に合わせて細かく設定可能です。

一方的に配信するタイプのアフィリエイトではなく、あなたが望むターゲットユーザーに対しての宣伝活動ができるため、より効果が期待できます。

Facebook広告でアフィリエイトを出すメリット

Facebook広告でアフィリエイトを行うと多くのメリットが得られます。まずはそのメリットを解説していきます。

低コストでアフィリエイトが始められる

Facebook広告のアフィリエイトの魅力は、その掲載コストの低さにあります。

具体的には、1クリック100円以下のことが多いため、通常のリスティング広告の相場が数百円程度になることを考えると、Facebook広告のアフィリエイトは低予算で広告の出稿ができると言えるでしょう。

また、オーディエンスや掲載サービスを選択した上で必要な広告費の試算もできるため、必要な費用が分かりやすいという特徴もあります。効果を見ながら予算を調整することもできるので、広告費を使いすぎてしまう心配も少ないです。

SEO対策を考えなくて良い

ブログやWebサイトでアフィリエイトを行う場合、成果を得るためには数ヶ月以上の時間が必要であり、さらにGoogleのアルゴリズム変更の影響を受ける可能性があるというデメリットがあります。

Facebook広告を使ったアフィリエイトでは、審査さえ通過すればすぐに広告掲載が開始されるため、検索エンジンの検索結果の影響を受けずにすぐにターゲット層にアプローチ可能です。

ターゲットに絞った宣伝活動ができる

Facebookは登録時に居住地・年齢・性別・誕生日などを入力するため、Facebook側でユーザー情報のデータが溜まっており、広告のターゲティングがしやすい仕組みです。

インターネットで実名登録をしているサービスは限られていますが、Facebookでは正確なユーザー情報が蓄積されているため、非常に精度の高いターゲティングができます

そのため、不特定多数の人に向けて行うような宣伝よりも、費用を抑えて効率良く宣伝活動ができるでしょう。ピンポイントでターゲット属性にアプローチを行えるため、コスト・労力の無駄を省けるのはありがたいですね。

Facebook広告でアフィリエイトを出すデメリット

Facebook広告でアフィリエイトをするにはデメリットもあります。メリットとデメリットを比較して掲載を検討してみましょう。

Facebookに登録していないユーザーは集客できない

当たり前のことですが、Facebook広告はFacebookの利用者しか閲覧できません。

Facebookは登録制のサービスであるため、Facebookを利用していない相手をターゲットにすることは不可能です。

とは言え、2019年時点でFacebookの国内アクティブユーザー数は2,600万人いるので、多くの人にアプローチができます。
参考:2021年6月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

明確なターゲット層を決める必要がある

Facebook広告でアフィリエイトをするメリットでも紹介しましたが、Facebookでは広告の表示先であるオーディエンスを細かく指定することが可能です。

ターゲット層を絞らない場合、興味のない人や興味が薄い人にもアプローチしてしまうことになり、広告費用が無駄になってしまう可能性があります。そのため、明確なターゲット層の検討をする必要があります。

しかし、通常であればターゲットの選定は商品・サービスの開発段階で実施されているはずなので、それと合わせてオーディエンスも設定すればオーディエンスの指定も苦にはならないはずです。

問題になるのは、ターゲット層が間違っている場合で、アフィリエイト予定の商材に対して誤ったターゲットを設定してしまうと、広告掲載の効果が得にくくなります。

広告を出稿したら定期的に結果を分析し、オーディエンスを変更する必要がないかよく検討しましょう

必要な費用は0円ではない

Facebookのアフィリエイトは少ないコストで利用できることをお伝えしましたが、もちろん無料ではありません。

安いからと言う理由で闇雲に掲載を開始するのではなく、きちんとした戦略を持ってアフィリエイト掲載を検討するべきでしょう。

「オーディエンスの設定や戦略を立ててアフィリエイトを掲載する時間はないし手間もかかりそうだな」という方は、プロの運用者にお任せしてみませんか?弊社では少額予算からお任せいただいていますので、興味のある方はFacebook広告の運用サービスページをご覧ください。

Facebook広告でアフィリエイトを行う際のルールはある?

Facebook広告のアフィリエイトには、Facebook上でいくつかのルールが定められています。

ルール違反をしてしまうと広告の審査が通らないだけでなく、広告アカウントを停止されてしまう恐れもあるので、Facebook広告でアフィリエイトをするのなら、そのルールを十分理解しておきましょう。

コミュニティ規定で定められているルール

Facebookは世界で20億を超える人がサービスを利用しているため、不適切な内容の掲載を禁止しており、控えるべき内容についてコミュニテイ規定を使って周知しています。

不適切な内容の具体例は下記のようなものです。

【暴力的な表現を含むもの】
・暴力行為を煽る・促すもの
・個人の身に危険が及ぶ可能性があるもの
・危険な人物・団体・活動(テロ活動・ヘイト行為・人身売買・未遂を含む殺人・暴力行為や犯罪)

【規制対象商品に関わるもの】
・医療用でない薬物・医薬品・マリファナの取引の禁止
・個人間の銃火器の売買や交換

【不正行為や詐欺に関わるもの】
・人やビジネスに損害を与える可能性があるもの
・故意に虚偽の表示をしているもの
・他社の金銭や財産の詐取を目論むもの

【性的な表現を含むもの】
・ヌードや性行為の助長を含むもの

【プライバシー違反・知的財産の侵害が疑われるもの】
・個人のプライバシーを侵害する恐れがあるもの
・著作権・肖像権などの知的財産の侵害が疑われるもの

【ヘイトスピーチ】
・人種・民族・国籍・障がい・宗教・社会階級・性的嗜好・性別などを理由に人々を攻撃する行為
・侮辱的・嫌悪的な表現など

一見して自社に関係のない内容だと考えるかもしれませんが、商品・サービスで言えば以下のような内容の広告には制限がかかる場合があります。

  • アルコール・タバコ関係(年齢制限があるため)
  • 出会い系関係
  • 金融サービス
  • 栄養補助食品関係
  • 購買サービス
  • 学生ローンサービス

これらのルールはアフィリエイトや広告だけでなく、投稿内容にも適用されています。

Facebookの表記についてのルール

Facebookでは、広告内でのFacebookの表記について言及を受ける場合があります。

例えば、正式名称である「Facebook」ではなく「facabook」「Face book」などで表示する・ロゴを改変してしまうなどの行為は止めましょう。

Facebook広告でアフィリエイトを行う際の注意点

Facebook広告でアフィリエイトを行うには、知っておくべき注意点があります。

ターゲット設定が間違えていないか

Facebook広告でアフィリエイトを始める時には、そのターゲット層であるオーディエンス選定によって得られる成果が左右されます。

オーディエンスの幅が広すぎないか・狭すぎないかを考え、自社のサービス・商品に最適なターゲット層を選ぶようにしてください。

アフィリエイト配信後は、インプレッション数に応じてオーディエンスを調整しましょう

Facebookの広告ポリシーに違反していないか

先ほど紹介したFacebook広告のルールを参考に、アフィリエイトがFacebookの広告ポリシーに違反していないかを確認してください。

特に画像は少しの違いで審査に引っかかってしまうことがありますので、審査前によく確認しましょう。

不適切な内容や間違いはないか

アフィリエイトに誤字や不適切な表現がないかをしっかり確認してください。

可能であれば、作成者の他に第三者によるダブルチェックを行うと良いでしょう。また、プレビュー機能を使用すると、より分かりやすくアフィリエイトの仕上がりを確認できるため、事前に誤字や不適切な表現を防ぐことができます。

まとめ

Facebook広告アフィリエイトをするメリット・デメリットの他に掲載のルールや注意点を紹介しました。

Facebook広告のアフィリエイトには多くのメリットが存在するため、掲載を検討する価値があることが伝わったかと思います。Facebookを活用して、効率よくアフィリエイトを始めてください。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら