リスティング広告による集客

ROIとROAS ~広告運用の為の成果指標のおさらい~

WEB広告には多くの指標があります。
クリック単価・クリック率・コンバージョン率etc…

リアルタイムで追いかける事の出来るこれらの指標は、即改善につなげることも可能ですが、それだけを見ていては大局観を見失いがちになってしまいます。利益にフォーカスした値もチェックすることで全体を見通したパフォーマンスを把握できるようにしましょう。

広告アカウントの無料分析''

投資効率を表す指標たち

CPAは1成果あたりにいくらかかったか?を測る指標です。対して費用対効果を測る指標としてよく用いられるのが「ROI」と「ROAS」です。広告出稿には必ず費用が伴っています。費用あたりのパフォーマンスはしっかりと理解しておきましょう。

ROAS

Return On Advertising Spend

ROASは、Return On Advertising Spendの略で、広告費に対して、どれだけの売上が発生したかを測る指標です。

計算式:
ROAS=広告経由の売上÷広告費×100

となります。
つまり広告経由の売上を広告費で割って求めます。

例えば、広告を経由した売上が1,000,000円で、その売上を上げるための広告費が200,000円だとした場合、
1,000,000 ÷ 200,000 × 100 = 500
となりROASは500%となり、広告費に対して500%の売り上げを獲得したということになります。

ROASの特徴

広告業界では割となじみのある指標ですが、後述するROIに比べると若干マイナーな指標かもしれません。ですが指標のベースが売り上げデータになるので、数値も集めやすく分析のしやすい指標です。

ROI

Return On Investment

ROIは、Return On Investmentの略で、投下コストに対して発生した効果を測る指標です。

計算式:
ROI=利益÷投資コスト×100

利益100,000円の商品を売るために、1万円の投資が行われた場合は、
100,000÷10,000✕100=1,000
となり、ROI 1,000%、広告費に対して利益が1000%を獲得したということになります。

ROIの特徴

利益ベースで広告の収益性を可視化出来ます。
株式や企業の事業投資の効率を測る指標としてもメジャーですね。

まとめ

ROASとROIの違い

ROASが100%以上だったとしても、ROIが100%未満の場合、利としてがマイナスになので投資としては失敗しています。
広告全体のパフォーマンスを見通す為には、やはりどちらも計算することが求められます。

ROIとROASを用いる場面

売り上げが明確に産出できる業態の方はぜひ積極的に分析指標として使っていきましょう。
逆にブランド認知は流入増加など、売り上げが取れない施策に関しては不向きですので、管理画面のステータスをうまく使って分析していきましょう。

それでは!

【ネット広告代理店の選び方】良い代理店かを見極める13個のポイント「いま出している広告の成果が、良いのか、悪いのかよくわからない。」 「現在お願いしている広告代理店で本当に良いのかな?」とお悩みの皆さ...
インターネット広告運用のご相談はこちら
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

【企業様向け】「9月限定」先着10社様に10万円分の広告費をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「9月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら