リスティング広告による集客

検索キーワード設定を変えて会員登録数が3倍になったリスティング広告の成功事例

今回ご紹介するのは、札幌で介護職の求人メディアを運営する人事コンサルティング会社の運用事例です。

既にこの介護求人サイトの担当者は1人で自社でリスティンング広告を行っておりました。サイトの新規会員の登録を増やす事を目的としておりましたが、求人需要が少ない傾向にある介護職はなかなかサイトの会員登録数が伸び悩んでおりました。

色々と設定が複雑なリスティング広告は初めて行う方には少し難しいかも知れませんが、今回は、まずはリスティング広告の始め方や仕組みについて説明していきたいと思います。

広告アカウントの無料分析''

リスティング広告の始め方

リスティング広告を始める際は、最初に「アカウント」を開設します。Google Adwordsではオンラインで申し込む場合は「https://www.google.co.jp/adwords/」で「今すぐ開始」をクリックしますとすぐに作成できます。

またGmailなど他のGoogleサービスを利用している場合はメールアドレスとパスワードの設定のみでアカウントを開設することができます。アカウント開設までは1営業日くらいです。

リスティング広告の導入を検討されている方へ 今の時代はWEBからの集客がカギになる!と考えているWEB担当者様は数多くいます。そしてそれと同じくらい、Googleア...

リスティング広告の構造について

アカウント開設の後は、配信する広告を作成しそのアカウントに登録する作業が必要となります。リスティング広告の構造を大まかに説明すると、「アカウント」という大きな枠に「キャンペーン」という中型の枠があり、その中に「広告グループ」という小型の枠があるといった感じです。

アカウント、キャンペーン、広告グループではできることが違うので構成を間違えると広告管理の手間が増え、広告の改善スピードが落ちてしまいます。1つのビジネスをリスティング広告で宣伝するのであれば1つのアカウントで十分ですが、ビジネスが多岐にわたる場合や広告費の請求を分けた場合などは複数のアカウントを開設しても良いです。

「キャンペーン」はアカウントの中に複数作成することができます。1日の広告予算や曜日や時間帯、配信地域の設定などはキャンペーンで設定します。そのためサービス内容や商品などが異なる場合はキャンペーンを分けて作成して行きます。

キャンペーンの中には「広告グループ」を複数設定できます。そして広告グループの中には複数の「キーワード」と複数の「広告文」を設定することができます。広告グループ内に登録してあるキーワードに対して広告が配信されるので広告文とキーワードは関連性のあるものに設定することが必要となります。

広告のパフォーマンスをあげるには

ワンクルーズ が介護求人サイトのリスティング広告を運用するにあたって、まずは設定内容の見直しを行いました。まずキャンペーンに関しては「検索広告用」と「ディスプレイ広告用」に分けて設定します。

また「広告グループ」を分けて設定しその広告グループに合わせて「キーワード」や「広告文」を設定します。この求人サイトでは広告グループ「介護」「デイサービス」などに分けていきます。仮に複数のジャンルの求人を扱う場合に「介護 求人」「事務 求人」と職種ごとに広告グループを分けて設定するということです。

広告グループ「介護」にはキーワード「介護 求人」「介護 転職」。広告グループ「デイサービス」にはキーワード「デイサービス 求人」「デイサービス 募集」などグループに沿った内容でキーワードを設定していきます。

広告文を作成する際は、広告文のタイトルに設定した「キーワード」の語句を含めることが重要です。「介護 求人」で検索したユーザーに対して「介護求人無料紹介〜」などの広告

が出てくると関連性が高い為、効果的となります。

またキーワードと広告内の語句が一致すると太字表示となる為、視覚的にも訴求力が高まる、といったメリットもあります。1つの広告グループには2〜3つの広告と20〜30個のキーワードを設定するのがちょうどいいと思います。

ポイントとしては「キーワード」「広告文」「ランディングページ」の関連性を上げる事で品質スコアが上がり、広告が表示される掲載順位が上がります。また掲載順位が上がると検索エンジンの上位に表示されるのでクリック率も上がってきます。クリック率が上がる事で品質スコアが上がってきます。この流れが広告のパフォーマンスを良くしていきます。

キーワード内容の改善

また大きく改善した点は「検索キーワード設定」です。介護求人サイトの担当者から現在設定しているキーワードの内容を開示してもらい、キーワード1つ1つのキーワードの改善を行いました。もともと設定されていた検索キーワードを1つ例に挙げると「札幌 求人」です。

設定内容を改善していくには検索クエリも確認していきます。検索クエリとはユーザーがGoogleの検索エンジンで調べるときに実際に入力するキーワードやフレーズの事です。「札幌 求人」のキーワード設定の場合、「札幌 エンジニア求人」など関係ないキーワードで広告を出してしまっている事が確認できました。

このキーワード設定では「札幌の求人」に対して検索しているユーザー全員に広告を出してしまいます。大きな範囲で広告を出してしまうと様々なデメリットがあります。まずユーザーは広告をクリックしても求めている情報がないとすぐそのページから離脱してしまうので、成果に繋がりません。

そしてクリックされたということは、そこで無駄な予算が使われてしまうので、広告のパフォーマンスが悪くなってしまうのです。リスティング広告のキーワード設定に関しては十分に注意して設定することが必要なのです。

またキーワードのマッチタイプ設定を行い、「+介護 +求人」などしっかり介護の求人を探しているユーザー向けに改善し設定を行いました。エリアを「札幌」に設定すれば札幌の介護の求人を探しているユーザーに広告を配信することができるという事となります。

広告の効果がすぐに!会員登録数が3倍に!

このようにキーワード設定に関しては、グループ分けやキーワードのマッチタイプ設定を行い、無駄な予算消化を無くしました。しっかりとしたセグメントを行い、情報を必要としているユーザーに向けた広告を配信したところ、クライアント様がリスティング広告を行っていた時期と比較し、会員登録数が3倍に急増しました。

このクライアント様は自社で1人でリスティング広告を行うにあたって、なかなか人手不足で管理ができていないという悩みを持っており、また初めてのリスティング広告運用なので成果も現れず、このままだと費用対効果としてどうなのかという疑問もあったようです。

ワンクルーズでリスティング広告を開始して間もない時期はクライアント様とこまめに打ち合わせを行い、反響の確認を報告させて頂いておりました。「この広告が反応が良いので、他の広告の内容を見直す」など常にA/Bテストも行い、広告パフォーマンスの向上に努めさせて頂いておりました。

私たちワンクルーズは、このように「リスティング運用を自社で行っているが成果に繋がらない」「これから始めたいのだけどやり方がわからない」などという企業様からの相談をよく受けます。

広告代理店の乗り換えをお考えのお客様へ 費用対効果の拡大をはかるなら ワンクルーズへお任せ! ワンクルーズは創業から丸四年通して、そのパフォーマンスの高...

札幌の企業様の集客力アップや売上アップに向けて、しっかりと目標設定を行い、広告の打ち出し方などをプランニングさせて頂いております。札幌などのローカル地域ではしっかりとしたリスティング広告を運用する事で大きな成果に繋がります。

このクライアント様はこの介護求人サイトだけではなく、他のジャンルの求人サイトに関してもリスティング広告を使って頂き、効果に大変喜んで頂いております。

まとめ

この記事のまとめ

同じリスティング広告でも設定方法次第で、成果が大きく変わります。というよりも正しい設定を行わないとなかなか成果に結びつかないのがリスティング広告の難しい部分となります。

今回はアカウントの構造の中で、「キャンペーン」「広告グループ」「キーワード」などリスティング広告の正しい設定方法について簡単にご説明させて頂きましたので、今後運用の参考にして頂ければと思います。

他の広告媒体の宣伝効果が薄れていく中、今はリスティング広告を始める企業様が増えております。テレビや新聞よりも今はスマートフォンの普及により全ての年齢層でインターネットの利用率が上がっておりますので、今後も更なる広告の効果が期待できるといえると思います。

インターネット広告運用のご相談はこちら
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

【企業様向け】「9月限定」先着10社様に10万円分の広告費をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「9月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら