広告代理店の乗り換えをお考えのお客様へ

費用対効果の拡大をはかるならワンクルーズへお任せ!

ワンクルーズは創業から丸四年通して、そのパフォーマンスの高さで、大人の事情を除いて、お客様からの解約連絡はほぼ0パーセント!多くの担当者様のお悩みを解決し続けている秘密を教えちゃいます!

こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 今の運用で効果が出ているのかどうかもよくわからない
  • 今以上の効果をあげられるか試してみたい
  • 広告代理店ではなく自社で運用しているが、効果がなかなかでない

4つのポイントで、費用対効果を改善

費用対効果の改善のためには、運用の無駄をなくすこと、そして広告文の品質管理が重要です。ワンクルーズでは超速PDCAにより、費用対効果の最大化をはかります!

1.ターゲットの調整

WEB広告に限らず、全ての広告でははじめにターゲットを決めます。

簡単なターゲットでいえば、『札幌、女性、30代』などの様に、誰に向けて広告を配信するかを決めます。

WEB広告の一番の魅力は広告配信開始後でも、誰に広告を配信するかをいつでも変えられるところです。

はじめに決めたターゲットが一番良い設定とは限りません。(ほとんどの確率で外れると思っていてください)『札幌、女性、30代』が一番良いターゲットだと思っていても、『札幌、男性、40代』がもっとも良いパフォーマンスで配信できる事だってあります。

ですので、配信後の数値を確認して都度調整、再検証を繰り返して最適なターゲットを見つけています。

2.キーワード・入札単価の見直し

リスティング広告は数値を分析しながら、キーワードの再構成を繰り返す事で費用対効果を改善することができます。

ワンクルーズでは、キーワードの見直し、不要なキーワードの除外などを常日頃から行う事でパフォーマンスを最大限まで引き上げています。また、入札単価が高くても費用対効果の状況をみて適切な予算の割り振りを実施します。

3.広告文の最適化

リスティング広告は広告文をいつ何時、何度でも作れる事が魅力の一つです。ワンクルーズでは、クリック率、CV率を分析し【ユーザーに一番刺さる広告文は何か。】と常に研究する事で、見込みの高い顧客を集客しています。

4.ランディングページの最適化

ランディングページはリスティング広告において、ユーザーが広告をクリックした後に遷移する最初のページです。

そのためCV獲得に繋がる重要なページであり、ランディングページがユーザーにとって使いにくい、サービスの魅力が伝わらないページだと、ユーザーは興味をなくし、ページから離脱してしまいます。

流入させたユーザーを獲得まで繋げる為に、事前に現状のランディングページを分析させて頂き、獲得率の高いページになる様、改善をご提案します。

まずは無料で現状のアカウント解析を実施

運用で効果が出ているのか分からない、社内の運用ではこれ以上の改善は難しい等、現状に不満を抱えている方には、無料でアカウント解析を実施致します。本当に良くなるのかを率直にお伝え致しますので、お気軽にご相談ください!

代理店に運用をお願いしている場合は、広告アカウントを見せてくれない場合が殆どです。

その場合は、レポートを見せていただければ、おかしな運用になっていないか、もっと効果的な運用が出来るのではないかを分析させていただきます!

WEB広告のセカンドオピニオンはまだまだ浸透していませんが、広告主にとって当たり前の権利ですので、気兼ねなくご相談ください!

豊富な実績があるワンクルーズだからできること

リスティング広告は10万円/月(税別)から配信できます。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!

契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

広告カスタマイザを使用する事でCPAを75%削減した事例

リスティング広告を運用していると、地名や商品種類などが多いアカウントを見る事があります。そのまま広告文と検索キーワードを合致させようとすると多くの広告グループやアカウントを作成することになってしまいます。

そうしてしまうと、運用に忙殺されてしまいます。さらに言えばアカウント設計の面で考えても最適化されていませんので良い結果が出ません。今回はそんな事例について書きたいと思います!

今回の事例は札幌発の婚活イベントを主催しているD社様の事例です。D社は札幌からイベントを始め今現在、全国展開をしています。リスティング広告など各種広告を自社運用されていましたが、なかなか思うような成果が出せず、弊社で広告運用することになりました。

今回はAdWordsをメインに運用しました。D社様は新規顧客を増やしたいと考えていました。D社がインハウスで運用広告をしていた頃は地域に沿ったKW出しや、文章で広告をまとめていましたので、広告グループやキャンペーンは何十個にも膨れあがっていました。

確かにそのやり方では大味な全国配信の文章よりもユーザーの興味を引きやすくクリック率は高くなりますが、アカウントを何個も作っていては、管理に忙殺されてしまいますし、何と言ってもアカウントがうまく【最適化】されません。リスティング広告で大切なことの一つにアカウントを最適化させるということがあります。

リスティング広告は運用していく中で、自分で調整をかけられる部分が多く、どうしていいかわからないという方が多いと思われますが、運用していく中で、大切なことが1つあります。それはアカウントを【最適化させる】ということです。
もっと簡単にいうと【グーグルさんが学習できる環境を作り、気持ちよく広告を配信してもらう】ということです。

例えば、一昔前には『1広告グループ1キーワード』のアカウント設計が流行っていました。1広告グループ1キーワードが何故流行ったかというと、「検索キーワード毎に最適な広告文を表示することが最も良いパフォーマンスを生み出される。」と言われていたからです。

しかし現在は、「それでは最適化できない」と言われています。(バッサリ否定されてますね笑)これは何故否定されたかというと、現在のGoogleの学習は各広告グループ事でしか行われてないと言われています。なので、複数の広告グループを作成してしまうと学習が分散されてしまい、上手くGoogleが最適化されないので、現在は推奨されていない手法です。

なので、現在は広告グループを用途に合わせ少数に抑えるのが最適です。
というように、最適解はすぐに変わってしまいますので、時代にあった最適化を目指すことが大切です。今回のD社のアカウント設計では現在推奨されている設計とは違う形式でしたので、設計から見直すことにしました。

D社は全国展開のイベントであったので地方KWを使用したり、ローカルに寄り添った広告文を残したまま広告グループを減らすために、『広告カスタマイザ』を活用することにしました。

広告カスタマイザ機能を使う事で、1つの広告文を作るだけで、地域名ごとに広告文を用意することができます。

例えば、今までは『札幌 婚活』で検索した場合と『東京 婚活』で検索された場合に合わせて、広告グループを分け広告を2つ用意する必要がありましたが、広告カスタマイザを使用することで1広告グループ1広告文で問題なくなりました。

広告カスタマイザを事前に設定することで、検索KWに対応した表示に変えることが出来るので、この場合だと札幌と東京のパターンの2つの広告文を用意する必要はありません。これで全国展開の広告でも1つの広告文で対応できるようになります!

今回は広告カスタマイザを中心に最適化を掛けることでかなりCPAを削減する事が出来ました。

結果として、当初の目標としては、新規顧客獲得でCPAは5000円でしたが、『検索広告はCPA3750円(25%削減)』『GDNではCPA1250円(75%削減)』まで下げることに成功しました。

ちなみに、指名検索ではCV率『20%』のCPA【200円】まで下げる事ができました!!指名検索はリピート客の割合も多くKPIとは少し違いますが。とても素晴らしい成果です。

今回はインハウスからのリプレイスで成果がありましたが、ワンクルーズでは、他者代理店からのリプレイスで効果が倍になる。なんて事が日常茶飯事です。

自社の広告が少しでも不安なら、ぜひワンクルーズにお声がけください!

インターネット広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にインターネット広告事業を手掛けるWEBマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、札幌から、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡