Facebook(集客)

【2021年版】Facebook広告アカウントを削除するには?

「Facebook広告アカウントを使わなくなったので削除したい」
「でもどうやって削除すればいいんだろう? 」
「そもそも広告アカウントって削除できるの? 」

Facebook広告はウェブマーケティングで主流の広告の1つですが、PDCAを上手く回せないと広告効果が上がりにくいこともあります。

「Facebook広告は最近使っていないしもう出稿しないかな」と考えている企業では、Facebook広告アカウントの削除を検討することもあるでしょう。

そこで本記事では、Facebook広告アカウントを削除したときの影響や削除方法、削除する前の注意すべき点について解説します。

Facebook広告アカウントの停止と削除の違いについても触れていますので、「停止されているしわざわざ削除しなくてもいいかな……」という人も必見です!

Facebook広告アカウントを削除する理由が「数回出稿したけど手応えがなかった」なら、Facebook広告のプロに広告運用を任せてみませんか? 弊社のFacebook広告の運用サービスでは少額予算から運用が可能ですので、削除前にぜひ一度検討してみてください。

Facebook広告アカウントを削除するとどうなる?

Facebook広告アカウントを削除するには、後述する「広告アカウントの閉鎖」を行うことになります。Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)すると、主に以下のような影響があります。

  1. 広告アカウントに紐付けられた支払い方法へのアクセス削除
  2. すべての広告キャンペーンの停止
  3. Facebook広告の新規出稿・再出稿機能の停止
  4. 未払い残高の請求

Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)する一番の利点としては、支払い方法へのアクセスを削除できることが挙げられます。

Facebook広告アカウントを放置しているとクレジットカードなどの登録情報が残ったままになっているため、実は不正アクセスによる被害を受ける可能性があるのです。「今後一切使う予定がない」という状況なら、防犯対策として削除(閉鎖)しておくのもよいでしょう。

ただし、Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)してしまうと、当然ですが広告出稿に関する機能が使用できなくなります。少しでもFacebook広告に再挑戦する予定があるうちは削除(閉鎖)しない方がよいでしょう。

Facebook広告アカウントを削除する方法

Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)すると、防犯対策にはなるものの広告機能が使えなくなることをお伝えしました。

「広告機能が使えなくなってもいいからやっぱり削除したい! 」という人に向けて、ここでは具体的な削除(閉鎖)方法を解説します。

広告マネージャを利用する方法

Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)するには、広告マネージャを利用する方法が確実です。広告マネージャ経由で広告アカウントを削除(閉鎖)する手順は以下の通りです。

  1. 広告マネージャを開き、広告アカウント設定画面に移動する
  2. Facebookのパスワードの入力が必要であれば入力する
  3. 「広告アカウントを閉鎖」ボタンを押す
  4. 表示された警告文の内容をよく確認する
  5. 任意で理由を記入し、再度「広告アカウントを閉鎖」ボタンを押す

Facebookにしばらくログインしていなかった場合は、Facebookアカウントのパスワード入力が必要になることもあります。「パスワードを覚えていない」という人は、事前にFacebookアカウントのパスワードを調べておきましょう。

上記の通り、2回「広告アカウントを閉鎖」ボタンを押さない限り広告アカウントは削除(閉鎖)されません。誤って押してしまったり警告文を読んで迷ったりした場合は、落ち着いて警告文のウィンドウを閉じましょう。

ビジネスマネージャからはアカウントを閉鎖できる?

ビジネスマネージャでも広告マネージャと同じく、Facebook広告アカウントの閉鎖が可能です。ただし、ビジネスマネージャ上から広告アカウントを完全に取り除くことはできません。

ビジネスマネージャを利用する方法は下記の通りです。

  1. ビジネス設定を開く
  2. 「ビジネスアセット」内の「アカウント」を開き、「広告アカウント」に移動する
  3. 閉鎖したいFacebook広告アカウントを選ぶ
  4. 「アカウントの閉鎖」ボタンを押す
  5. 閉鎖して問題なければ再度「広告アカウントを閉鎖」ボタンを押す

Facebook広告アカウントを削除する前の注意点

ここまで読めば、Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)したときの影響および閉鎖方法について理解できたはずです。

ここでは、Facebook広告アカウントを削除する前に確認しておくべき注意点を5つ紹介します。

注意点1)アカウントの管理者権限・所有者設定

目的のFacebook広告アカウントの管理者になっていないと、そもそも削除(閉鎖)を行えません。すでに権限を持っているアカウントでログインするか、必要な権限を事前に割り振っておきましょう。

ビジネスマネージャ経由で閉鎖したい場合はビジネスアカウントが広告アカウントの所有者になっている必要もあるので、そちらもあわせて確認してください。

注意点2)Facebook広告の出稿

Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)すると、該当アカウントで出稿中の広告キャンペーンが停止されるだけでなく新規出稿も不可能になります。

閉鎖後に運用を再開するには手間がかかるので、一時的にFacebook広告の運用を止めたいだけであれば閉鎖までする必要はありません。実際、広告アカウントを閉鎖するときに表示される警告文にも上記のような内容が盛り込まれています。

注意点3)操作するデバイス

公式ヘルプページによると、PCからしかFacebook広告アカウントの停止が行えません(2021年6月11日現在)。

スマホやアプリでは閉鎖処理ができないため、普段PC以外のデバイスを運用に使っている人は注意しましょう。

注意点4)未払い残高の支払い

閉鎖するアカウントに未払い残高があると、クレジットカードにその分の請求が来ます。Facebook広告アカウントに紐付けた支払先の情報は、この清算を終えないと削除されません。

清算から閉鎖まで最長2営業日かかるため、早急に支払いを済ませるのが無難です。有効期限切れなどで登録したクレジットカードが使えないのであれば、支払い方法を新たに追加する必要があります。

注意点5)広告アカウント数

Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)した場合でも、残念ながら新規作成可能なFacebook広告アカウント数は変わりません。

「作成数の上限になってしまったのでFacebook広告アカウントを増やしたい」という目的で閉鎖を行いたいのであれば思いとどまるべきです。

アカウントが削除できない理由とは

Facebook広告アカウントが削除(閉鎖)できないときは、一般的に以下のような理由が考えられます。

  1. 閉鎖に必要な権限を持っていない
  2. 未払い残高が残っている
  3. そもそもFacebookにログインできない

前述の通りFacebook広告アカウントの閉鎖には管理者権限が必要ですので、付与されている権限について事前に確認しておきましょう。

未払い残高の支払いが終わっていない場合、Facebookアカウント自体が停止措置を受けている場合などもFacebook広告アカウントの削除(閉鎖)が行えません。

Facebookの広告アカウントが停止になってしまったら

Facebook広告アカウントの削除(閉鎖)と停止は共通点が多いものの、似て非なるものです。

新規出稿ができない状態ではありますが、停止措置を受けても広告アカウント自体はまだ存在しています。「Facebook広告アカウントが停止された! もう使えないのかな……」と諦めて削除(閉鎖)を検討していた人は、停止措置が解除できないか試してみましょう。

Facebook広告アカウントが停止になる原因としては、主に以下の3つが考えられます。

  1. Facebook広告のポリシー違反
  2. 不審なアクティビティ
  3. 原因不明もしくは改善が困難

広告ポリシー違反および不審なアクティビティによる停止では、警告文に従い異議申し立てや本人確認を行うことで解除されることがあります。ただしポリシー違反が原因である場合は、異議申し立ての実施前に違反箇所を修正しなければなりません。

停止の理由が不明、分かっているが改善することが困難な場合は、ビジネスアカウントを作り直すか公式サポートデスクに相談してみましょう。

「すぐFacebook広告アカウントが停止されるし、もうFacebook広告はやめようかな……」という場合、意図せずポリシー違反の表現を使ってしまっただけかもしれません。少額予算から利用可能なFacebook広告の運用サービスで、プロ目線から問題点を探ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事ではFacebook広告アカウントの削除(閉鎖)について、下記を紹介しました。

  1. Facebook広告アカウントを削除したときの影響
  2. Facebook広告アカウントを削除する方法
  3. Facebook広告アカウントを削除する前の注意点
  4. アカウントが削除できない理由について
  5. Facebookの広告アカウントが停止される原因と対処法

Facebook広告アカウントを削除(閉鎖)すると支払い方法への不正アクセス防止には役立ちますが、一方で新規広告の出稿ができなくなるなどデメリットもあります。

本当にあなたのビジネスに支障がないか十分吟味したうえで、細心の注意を払って削除(閉鎖)するようにしてください。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズのFacebook広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

Facebook社から成功事例として紹介された実績のあるワンクルーズでは、Facebook以外にも規模や業種を問わず、1,000を超えるアカウントの広告運用実績があります。
契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら