Facebook(集客)

【2021年版】Facebookのリード獲得広告とは?

「Facebook広告のリード獲得広告ってどんな広告なの? 」
「顧客情報を集められるって聞いたけど、どんな情報が取得できるか知りたい」
「自社で作った質問フォームの回答率が悪い……」

Facebookのリード獲得広告は、フォームを利用してリードと呼ばれる顧客の情報を効率的に集められる人気の広告フォーマットです。

リード獲得広告はコンバージョンを目的とする通常タイプの広告フォーマットとは大きく異なるデザインですので、初めて使うときに戸惑う人も多いでしょう。

そこで本記事では、そんなリード獲得広告初心者に向けて、リード獲得広告の概要から設定手順までしっかり解説します!

本記事を最後まで読めばリード獲得広告を適切に出稿できるようになるので、この機会にぜひ利用を検討してみてください。

「自作の質問フォームでは回答が集まらずに苦労したし、リード獲得広告も同じだろう」という人は、諦める前にプロに相談してみてください。フォーム作成のポイントを知り尽くしたプロに依頼するなら、少額予算から利用できる弊社のFacebook広告の運用サービスがおすすめです。

Facebookのリード獲得広告とは

リード獲得広告は、Facebook広告の出稿時に選べる広告フォーマットの1つです。

ここでは、リード獲得広告の概要および広告としての特徴について説明します。

リード獲得広告の概要

Facebookのリード獲得広告とは、その名の通り「リード」を集めるために出稿するタイプの広告フォーマットです。

「リード」とは「見込み客」、つまり自社商品やサービスに興味を持ってくれそうなユーザーを指します。リード獲得広告を利用すると名前やメールアドレス、電話番号などのユーザー情報が得られるので、以下のような目的で用いられることが多いです。

  1. 自社ビジネスにおける見込み客の特定
  2. 自社ニュースレターの購読者情報の収集
  3. パンフレットなどのダウンロード促進
  4. 見込み客のユーザー属性や行動の調査
  5. 特定プログラムへの参加促進

見込み客の詳細な情報を入手できるので、リード獲得広告は見込み客の特定や分析に適した広告といえます。

また、ダウンロードやプログラム参加の促進など、ウェブサイト上における何らかの行動を促す目的で使用されることもあります。

リード獲得広告の特徴

Facebook広告のリード獲得広告が持つ大きな特徴は、画像や動画とフォームを一体化した形式を採用している点です。

Facebook広告の広告フォーマットの多くは、広告やリンクをクリック・タップすると商品の拡大画像が表示されたり、外部ウェブサイトへ移動したりする仕様になっています。

一方、リード獲得広告の画像や動画をクリック・タップすると、フォームの入力画面が表示されます。このインスタントフォームと呼ばれるフォームにユーザーが回答すると、広告主側でユーザーが入力した情報を確認できる仕組みです。

リード獲得広告で得られたユーザー情報はFacebookページなどからダウンロードしたり、CRM(顧客関係管理)システムと併用したりして管理・活用できます。

リード獲得広告のメリット、デメリット

Facebook広告のリード獲得広告について、概要と仕様について大まかに説明しました。

続いては、リード獲得広告のメリットとデメリットを紹介します。

メリット1)回答側であるユーザーの負担が少ない

回答側であるユーザーの負担が少ない点は、広告主にとってもメリットでしょう。

一般的に、アンケートなどでフォームに回答するのは時間も手間も必要ですので、回答側のユーザーにはある程度負担がかかってしまいます。リード獲得広告のインスタントフォームを用いると、特定の質問に対してFacebookアカウントの登録内容から自動で回答する設定が可能です。

フォーム入力に対する抵抗を減らしてユーザーの負担を最小限にすれば、リード獲得の効率アップが期待できます。

メリット2)取得した情報がさらなるリード獲得に活用しやすい

リード獲得広告で取得したリード情報をCRMシステムとリンクさせれば、さらなるリード獲得に活用しやすくなります

CRMシステムを使用しない場合、取得したリード情報を確認するにはFacebookから直接ダウンロードしたり、ほかの情報管理用ツールに毎回アップロードしたりしなければなりません。CRMシステムを使えば自動でリアルタイムのリード情報に更新されるため、上記の作業は不要です。

無駄な作業を省けるだけでなく最新情報をいつでも把握できるようになるので、リード情報を簡単かつ迅速にFacebook広告の改善に役立てられます。

メリット3)フォームのA/Bテストが行える

リード獲得広告では、設問数を変えて出稿することでフォームのA/Bテストを行うことが可能です。具体的には異なる設問数のフォームを複数出稿し、それぞれの回答率やリード単価、コンバージョン単価などの指標を比較します。

A/Bテストの比較結果をもとにフォームの改善を行ったり、フォームが出稿目的を達成できているか検証したりできます。

デメリット1)リードの品質が悪いことがある

リード獲得広告のデメリットとして考えられるのが、配信設定や設問が適切でないとリードの品質が悪くなる可能性がある点です。

リード獲得広告はユーザーが回答しやすいフォーム形式のため、ターゲットではないユーザーの情報が混じってしまうことがあります。また、答えにくい難しい設問が含まれていたり設問数が多すぎたりするとそもそも回答してもらえず、リードの品質や取得できる情報量が下がってしまいます。

CRMシステムやカスタムオーディエンスを利用してリード獲得広告に最適化をかけたり、質問数を最小限に抑えてフォーム送信の手間を減らしたりするなどの対策が必要です。

デメリット2)一部の質問が禁止されている

リード獲得広告のインスタントフォームはどのような質問でも設定できるわけではなく、一部禁止されている質問があります。ビジネスの都合上どうしても必要な質問が設定できない場合、リード獲得広告の利用を諦めるかほかの質問だけでフォームを作成するしかないでしょう。

禁止されている質問の例をいくつか紹介しますので、設定したい質問が含まれていないか確認してみてください。

  1. 財務関連情報:クレジットカード番号、銀行口座番号など
  2. 個人識別番号(政府発行のもの):写真付き身分証明書の番号、パスポート番号など
  3. 健康関連情報:既往歴、障害に関する情報など
  4. 政治観:選挙の投票先、候補者への支持の有無など
  5. 性的指向・個人の性生活に関する情報:性行為歴、恋愛対象の性別など

これらについての質問や関連するテキストをリード獲得広告で使用していると、Facebookの広告ポリシー違反と判断される可能性があります。広告ポリシーに違反しているリード獲得広告は配信できないため、質問内容のチェック時には細心の注意を払ってください。

どうしても不安な場合、下記リンク先にてポリシー違反の質問例をよく確認しておきましょう。

▶︎ インスタントフォームで禁止されている質問(Facebook公式ヘルプページ)

Facebookリード獲得広告の設定方法

Facebook広告のリード獲得広告には、主に以下の2通りの設定方法があります。

  1. 広告マネージャを利用する方法
  2. Facebookページを利用する方法

本記事では、広告マネージャを利用するときの設定手順に絞って解説します。

広告マネージャを利用する方法

広告マネージャを利用してリード獲得広告を設定するには、以下の作業を実施してください。

  1. 広告マネージャにアクセスし、画面左上にある「+ 作成」を押す
  2. 広告目的のうち「リード獲得」を選び、「次へ」を押す
  3. キャンペーンの詳細やA/Bテストなどの設定を必要に応じて行い、「次へ」を押す
  4. 「リード方法」内の「インスタントフォーム」を選ぶ
  5. 「ページ」にて使いたいFacebookページを選ぶ
  6. リード獲得広告に使ったことがないFacebookページを選んだ場合、「利用規約を確認」および「利用規約に同意する」を押す
  7. 予算や配置など必要事項の設定を行い、「次へ」を押す
  8. 「最適化と配信」内のドロップダウンリストから「リード」または「コンバージョンリード」を選ぶ
  9. 予算や配置など必要事項の設定を行い、「次へ」を押す
  10. 「アイデンティティ」にて自社のFacebookページを選び、Instagramアカウントがある場合はリンクする
  11. 「広告設定」で「1件の画像または動画」か「カルーセル」を選ぶ
  12. 「クリエイティブ」で使用したい画像・動画を選ぶ
  13. 見出しや説明、コールトゥアクションなどを設定する
  14. 「インスタントフォーム」内の「フォームを作成」を押し、インスタントフォームを作成する
  15. 必要なら「トラッキング」にてCRMイベントやアプリイベントの設定を行う
  16. 上記がすべて完了したら、「公開する」ボタンを押してリード獲得広告を公開する

最適化設定のうち、リードの数を重視する場合は「リード」、質を重視する場合は「コンバージョンリード」を選択してください。後者を選んだときは、CRMシステムと連携させてからCRMシステムをコンバージョンリード用に設定するのがおすすめです。

インスタントフォームの作成およびカスタマイズについては、次の項目で詳しく説明します。

インスタントフォームの作成とカスタマイズ

Facebook広告のリード獲得広告において、インスタントフォームの作成とカスタマイズは、フォーム作成画面で行います

フォーム作成画面は広告マネージャでリード獲得広告にアクセスし、「フォームを作成」を押すと表示されます。

インスタントフォームの作成

リード獲得広告でインスタントフォームを作成するには、以下の作業を実施します。

  1. 広告マネージャからリード獲得広告にアクセスし、広告階層の設定画面を開く
  2. 「インスタントフォーム」内の「フォームを作成」を押す
  3. フォーム作成画面が開くので、フォーム名を入力する
  4. 「フォームタイプ」にて「大量用」または「高い意向」を選ぶ
  5. 必要に応じて「イントロ」設定を行い、イントロ画面を追加する
  6. 「質問」にて最大15問の質問を設定・追加する
  7. 「プライバシー」にて「プライバシーポリシー」のテキストとURLを入力する
  8. 必要な場合は「+ カスタム免責事項を追加」で免責事項を追加する
  9. 「完了」にてフォーム送信後のユーザーに対して表示する画面を編集する
  10. 画面右側の「フォームプレビュー」内でプレビューを確認する
  11. 右下の「下書き保存」または「公開」を選択し、フォームの作成画面を閉じる

「質問」セクションでは、カスタム質問を追加したいときは「+ 質問を追加」を、定型の質問は「+ カテゴリを追加」をそれぞれ選択します。

カスタム質問で選べる質問タイプについては次で説明します。

インスタントフォームのカスタマイズ

インスタントフォームでは、あらかじめ質問内容が決められている定型の質問から選ぶか、カスタマイズ質問を設定して設問内容をカスタマイズできます。定型の質問とカスタマイズ質問で設定できる質問のタイプは下記の通りです。

  1. 多肢選択式:選択肢の中から回答を選択
  2. 短い回答:1行で自由回答を入力
  3. 条件付き:前の質問の回答内容によって質問内容が変化する
  4. 予約リクエスト:ユーザーが予約・来店日時をリクエストする
  5. 定型の質問:Facebookの登録情報をもとに自動で取得する

「条件付き」の質問を作成するときは、指定のフォーマットにそって質問を整理したCSVファイルをアップロードしなければなりません。カスタム質問の設定についてさらに詳細な情報を知りたい場合は、下記のFacebook公式ヘルプページをお読みください。

▶︎ インスタントフォームにカスタム質問を追加する(Facebook公式ヘルプページ)

また、上記以外では、ユーザーが自社の最寄り店舗や所在地を検索して回答する「販売店情報」タイプがあります。

質問以外では、定型の質問にメッセージを取得した情報をどのように使用するかの説明メッセージを表示することができます。

「インスタントフォームの設定は大変そうだし、質問内容もなにを聞けばいいかわからない」と悩んでいるなら、プロに作成を依頼しましょう。弊社のFacebook広告の運用サービスでは少額予算でも利用可能な運用代行サービスですので、ぜひ一度お試しください。

まとめ

本記事ではFacebookのリード獲得広告について、主に下記を解説しました。

  1. Facebookのリード獲得広告の概要
  2. Facebookのリード獲得広告の特徴
  3. リード獲得広告のメリット、デメリット
  4. Facebookリード獲得広告の設定方法
  5. インスタントフォームの作成とカスタマイズ

リード獲得広告は、リード(見込み客)の情報を集めることに特化したタイプの広告フォーマットです。

リード情報を効率的に収集できる優れた特徴を持っていますが、質問内容や質問数などインスタントフォームの設定によっては情報の質が悪くなってしまうこともあります

「どう設定していいかわからない」という場合は事前に少額でA/Bテストを繰り返すか、運用代行サービスなどでプロのアドバイスを受けるのがおすすめです。

Facebook広告の運用について

ワンクルーズのFacebook広告の運用は、10万円/月(税別)から可能です。
10万円の中には、出稿費用・初期設定・バナー制作費・運用手数料まで全て含んでおりますので、乗り換え費用やアカウント構築費用等は一切かかりません

Facebook社から成功事例として紹介された実績のあるワンクルーズでは、Facebook以外にも規模や業種を問わず、1,000を超えるアカウントの広告運用実績があります。
契約は1ヶ月単位で、期間の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!
そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 

料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら