新人マーケターの成長期

『Facebook 社外研修編』オークションを制する者は広告を制する

こんにちは!部屋の湿度が70%オーバーで洗濯をしたくてもできず、洗濯物の山を眺めることが日課のイッシーです。

シンガポールから帰国して1週間が経った今もマリーナベイサンズ社外研修の余韻に浸ってます。

前回までFacebook社とGoogle社の訪問記を紹介させていただきました。

ふと自分の記事を振り返ると、ただ単に観光に行っただけだと勘違いされてしまうのではと焦りを感じました。

そこで、せっかく世界の大企業で受けた研修内容について皆さまにも共有しようと思います。

研修では、Facebook広告の効果を最大化するため、以下のポイントについて学びました。

・機械学習を促進するキャンペーン構成
・シグナルの計測
・モバイルに最適化したクリエイティブ

本日は、「機械学習を促進するキャンペーン構成」についてご紹介します。

Facebook広告のオークションとは

Webマーケティングに馴染みのない方は、オークションと言われてもあまりイメージが湧かないかもしれません。

Facebook広告のオークションとは、出稿した広告をどのユーザーに表示させるかを決めてくれるシステムです。

Facebook上に出稿される広告は、全世界同一の基準で例外なくオークションに参加します。そして、このオークションで広告枠を勝ち取らなければなりません。

オークションを勝ち抜いた者が、ビジネスを成功に導けるとお話されてました。それほど重要な役割をしているのですね。

では、どのようにしてこのオークション戦を勝ち抜かなければならないのか、3つの要素が重要となります。

1.広告主の入札単価

広告主の入札単価は、言葉通り広告主が広告枠を買うために支払う金額です。

2.推定アクション率

推定アクション率は、望ましいターゲットユーザーに対して広告を表示することを目的として算出される推定値です。ややこしい説明になりましたが、端的に説明すると、ユーザーが広告に対してなんらかの行動を起こしてくれるかどうかの推定です。

3.ユーザーにとっての価値

ユーザーにとっての価値は、広告の品質のことです。ユーザーがどれくらい広告に関心を持つと予測されるか、ユーザーと広告の関連度や品質が評価基準となります。

総合的な価値

「広告主の入札単価」「推定アクション率」「ユーザーにとっての価値」の3点から広告の総合的な価値が決まります。そして、この総合価値に応じてオークションの勝敗が決まります。

Facebook広告は、広告主だけではなくユーザーの視点からの価値も重要視しているため、このようなオークション方式にしているそうです。

機械学習を積極的に促進させる

Facebook広告は、機械学習を促進することで、広告配信を最適化することになります。

広告配信を最適化することは、アクションを起こしてくれるであろうユーザーを自動的に探し、配信してくれるということです。すなわち、オークションで広告枠を勝ち取るために重要となります。

機械学習を促進させ、広告配信システムを賢くさせるためにはデータ量の確保が必要不可欠です。

このデータ量は、十分なコンバージョン数と幅広いオーディエンスへのリーチの情報が含まれます。

機械学習に必要なコンバージョン数

研修の際、Facebook社が推奨する機械学習に必要なコンバージョン数は、1日あたり15件だそうです。

理想は、広告システムが十分な学びを得るために、1日15件コンバージョンを獲得できる余裕のある予算を広告セットで設定することを推奨しているそうですが、正直敷居が高いのではありませんか、Facebookさん…

予算に余裕がない場合

予算に余裕のある企業や、コンスタントにコンバージョンを獲得できるような商材を扱う企業ならまだ理解できます。しかし、少額でウェブ広告をはじめようとしている企業や、扱う商材が高額で1日に15件のコンバージョンなんて無理!という企業もたくさんあると思います。

そのような場合は、広告セットをまとめてオーディエンスを拡大しましょう。逆にやってはいけないことは、広告セットを各配置面ごとで分けてしまうと、予算やオーディエンスのサイズ感が小さくなってしまいコンバージョン獲得がより困難になるそうです。

広告配置面について

先述しましたが、広告セットを管理しやすいなどの理由で、FacebookやInstagramなどの配置面ごとにわけてしまうと、かえってパフォーマンスが悪くなってしまいます。

また、Audiences Networkなどを除外し、Facebookのみで広告配信をし、配置面を絞るのもパフォーマンスが悪くなってしまうようです。

実際に、Facebook社でデータをまとめたところ、配置面を限定して配信するよりも、複数面同時配信の方がCPMを75%も抑えることができているそうです。

個人的には、なんという衝撃的事実だったことか…勉強になります!

オーディエンス設定について

オーディエンスでは、同じキャンペーン内にある広告セットが競合となります。なので広告セット間で、オーディエンスが重複してしまうと、その分パフォーマンスが悪化してしまいます。

なので、以下の図のように広告セット内で重複している設定は、しっかりと確認をして除外しましょう。

「機械学習を促進するキャンペーン構成」パートの最後に、オークションに勝つために覚えておくべき言葉を教示いただきました。

Fewer,Bigger,Better
キャンペーン、広告セット数は少なく
オーディエンス、配置面は幅広く

語呂が良く、とても覚えやすいですね。まるで偉人の名言のように聞こえます。この記事をご覧になった皆さまも、明日からさっそく使ってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Facebook広告のオークション、機械学習を促進するキャンペーン設定について、研修で教わった内容をご紹介しました。

コストを抑えて広告運用するためには、オークションを制する必要がある。オークションを制するためには、機械学習の促進が重要であることを理解いただけたかと思います。

随時、研修内容についてご紹介していきます。

【ネット広告代理店の選び方】良い代理店かを見極める13個のポイント「いま出している広告の成果が、良いのか、悪いのかよくわからない。」 「現在お願いしている広告代理店で本当に良いのかな?」とお悩みの皆さ...
ABOUT ME
石川和希
ノリと勢いと愛嬌がモットーの異業種から現れた新人マーケター 。プロフィール情報に載せきれない経験と徳を積むため日々勉強中!似顔絵の再現率は120%!!好きなHIP HOPはオルタナティブ
Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら