新人マーケターの成長期

アナリティクス導入したら忘れずに行いたいコンバージョン設定|Googleアナリティクス

こんにちは!

私が記事を更新すると、「基本的に前置きが長い!!」と苦情があるので自重しようかと悩ましい日々を送っております。

作家のように粋な言い回しがしたい、ボキャブラリーで溢れたいと強く願うイッシーです。

本日は、Googleアナリティクスとコンバージョン設定についてまとめました。

アナリティクスでコンバージョン設定をする理由

ウェブに携わる方は、必ずと言って良いほどGoogleアナリティクスに触れると思います。

ユーザー数やセッション、ページビューなどの指標の確認は当たり前にすると思いますが、アナリティクスでコンバージョン(目標)設定が最も重要ということが意外と知られていない現状です。

ウェブサイトにはブランド認知の向上から集客や採用活動など様々な目的があり制作されているはずなので、これらの目的・目標に対する成果を測れないことは、ウェブへの取り組み自体が無意味なものとなってしまいます。

集客をして新たなビジネスチャンスを掴みたいのに、毎日ユーザー数やセッション数などばかり気にして分析するのは大間違いです。

コンバージョンポイントを定めよう

Googleアナリティクスでコンバージョン設定することの重要度をお伝えしましたが、そもそもコンバージョンをどう定めたら良いのかと疑問を抱くでしょう。

それもそのはず、ブランド認知向上、集客、予約、商品の購入、会員登録、資料請求などウェブサイトによってコンバージョンは様々です。

このコンバージョンを定めるのもウェブ担当などのサイト運営者になります。

ECサイトでは、もちろん商品の購入が完了したらコンバージョンとなりますが、ユーザーによっては、もしかするとカートに入れたままの状態で離脱してしまっている可能性などもあります。しかし、そういったユーザーの存在を無視するのはアクセス解析をする上で正しいのでしょうか?

アクセス解析は、ユーザーの行動を数値化して行うため得られるデータは多い方が良いです。なので『商品の購入』が最終的な目標だとすると、その一段階前である『カートに入れる』にもコンバージョン設定することでアクセス解析の精度は高まるでしょう。

アナリティクスでコンバージョンの設定方法

アナリティクスでコンバージョン設定の重要性についてお伝えしたので、設定方法について進みたいと思います。

目標設定画面へ移動

俗に言う、歯車マークが目印の『管理』をクリックしましょう。

「アカウント」「プロパティ」「ビュー」と各設定画面が表示されますので、ビューの設定にある『目標』を選択しましょう。

①目標設定

目標設定画面に移りました。赤枠の『新しい目標』をクリックしましょう!設定完了まで『目標設定』『目標の説明』『目標の詳細』の3ステップが待ってます。

最初に①目標設定をしていきましょう。『テンプレート』と『カスタム』にチェック項目があります。特徴として、一般的なウェブサイトのコンバージョンをリスト化されたものを選択する場合は『テンプレート』を選択し、チェック項目に設定する目標がない場合は『カスタム』を選択しましょう

②目標の説明

目標の説明では、主にコンバージョン計測するための条件を設定します。

目標の名前には、目標設定で『テンプレート』を選択した場合、選択された内容がそのまま名前になり、『カスタム』の場合は、自ら名前を設定しましょう。

『タイプ』について、以下をご確認の上、当てはまる項目にチェック!

到達ページ 特定ページが読み込まれた時。
申込完了画面のページURLなど。
滞在時間 特定ページに滞在した時間をコンバージョンとする時。
ページビュー数/
スクリーンビュー数
ユーザーが設定したページビュー、スクリーンビューをした時。
イベント その他の設定しておいたイベントが発生した時。

③目標の詳細

最後に①、②で設定した内容の詳細を設定します。こちらは②目標の説明で設定した『タイプ』によって設定項目に差異があります。

『到達ページ』を目標の説明で選択していた場合、以下のキャプチャのように到達ページのURLを記載する画面が表示されますし、『滞在時間』を選択していると、目標として計測される時間を設定することができます。

最後に保存を押していただき、目標(コンバージョン)設定は完了となります。

アナリティクスでコンバージョンを確認

コンバージョンの設定は完了しましたが、どのように集計したデータを活用すれば良いのかと思いますよね。

アナリティクスのコンバージョン項目には、『目標』『eコマース』『マルチチャネル』『アトリビューション』があります。それぞれどのようなデータが確認できるか説明していきます。

目標

目標の項目では、設定した目標数値に関して確認することができます。以下のキャプチャは、『目標』配下にある『ゴールフロー』からとったものです。このように達成している数値だけでなく、達成にいたるまでのユーザーの動向も追うことができます

eコマース

eコマースデータが表示され、ユーザーの商品購入までの行動を分析できます。eコマースデータを確認するためには、目標設定の他に『eコマーストラッキング』を設定する必要があるのでご注意ください。

eコマーストラッキングを設定

マルチチャネル

目標達成したユーザーの流入元を確認することができます。また、コンバージョンに至るまで最初に訪問してからどれくらいの日数を要したのか、またどういった経路で目標へ到達できたか確認することもできます。

アトリビューション

目標達成するまでの経路において、直接成果につながった接点だけではなく、ユーザーとウェブサイトは複数の接点を持っており、それぞれの接点に貢献度を割り当てることができます。その貢献度を『アトリビューション』の項目で確認することができます。詳しくは以下に参考記事を引用しております。

CVに貢献しているキーワードはどれ?【Google広告のアトリビューション分析】検索広告を運用していると、CVがついていないキーワードだけを停止していけばCPAは下がるのではないか。と、考えている方がもしかしたらいる...

まとめ

本日は、Googleアナリティクスとコンバージョン設定についてまとめました。

目標が設定されていないと、改善しようにもどうアクションを起こして良いかわかりませんよね。まずは目標設定をするところから始めることを強くおすすめします!

無駄話が多い私も、前置きや雑談はしないことを目標にさっさと本記事も〆たいと思います。

ABOUT ME
石川和希
ノリと勢いと愛嬌がモットーの異業種から現れた新人マーケター 。プロフィール情報に載せきれない経験と徳を積むため日々勉強中!似顔絵の再現率は120%!!好きなHIP HOPはオルタナティブ
Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら