気になる料金プランはこちら
ディスプレイ広告

adsenseformobileapps.com除外設定終了のお知らせ【衝撃】

つい先日Googleがアナウンスを流しました。

『2018 年 9 月より、Google は増加するモバイル ユーザーへのリーチを拡大するため、モバイル向け Google ディスプレイ ネットワーク広告のターゲット設定および除外設定を簡素化します。現在の設定にもよりますが、この変更によりモバイルアプリやモバイルウェブのトラフィックが大幅に増加するでしょう。』

ん!?これはどういうことだ?と思い調べてみますと「adsenseformobileapps.com」によるプレースメントの除外がもうできなくなるということでした。これは運用担当者からすると大事件です!

今まで無駄なクリックや表示を避けるために「adsenseformobileapps.com」をプレースメントで一括除外していた運用担当者は少なく無いのではないでしょうか。

今回の変更を知らなければ突然広告費がはけ出してパニック!なんてことにもなってしまいます。

「じゃあこれからはアプリに配信しながらちまちまプレースメントで一つづつ除外していくしかないのか、、」と思った方。安心してください。別の手段でアプリを除外することができます!

モバイルAppの除外方法

今までのアプリ配信を除外除外するにはプレースメントの除外設定で「adsenseformobileapps.com」と入れるだけでした。

新たな除外方法では

  1. キャンペーンのプレースメントから除外設定のペンマークから除外設定を選択
  2. 「プレースメントの除外リストを追加する」からアプリのカテゴリを選択
  3. 全ての項目にチェックを入れれば完成です。
  1. キャンペーンのプレースメントから除外設定のペンマークから除外設定を選択
  2. 「プレースメントの除外リストを追加する」からアプリのカテゴリを選択
  3. 全ての項目にチェックを入れれば完成です。

アプリを除外する為とはいえ141個にチェックを入れるのは骨が折れますよね。ですのでエディターを使って作成することをお勧めします。

エディターでの除外方法

  1. エディターより除外したいキャンペーンを開き「キーワード設定」から「モバイルアプリ カテゴリ,除外」を選択します。
  2. 「除外モバイルアプリ カテゴリ追加」からキャンペーン単位か広告グループ単位で設定するかどちらかを選びます。
  3. 『All Apps』を選択すれば完了です。
  1. エディターより除外したいキャンペーンを開き「キーワード設定」から「モバイルアプリ カテゴリ,除外」を選択します。
  2. 「除外モバイルアプリ カテゴリ追加」からキャンペーン単位か広告グループ単位で設定するかどちらかを選びます。
  3. 『All Apps』を選択すれば完了です。

エディターを使うと無駄な時間が取られず圧倒的に早いです。アプリを除外する際は今後はエディターより除外することをお勧めします。

まとめ

今回書きましたアドセンスモバイルの除外設定廃止は背筋が凍るようなアップデートでした。運用者としてはやはり広告費の無駄遣いは避けたいので、急いで再設定したいところですね。

しかし、広告運用者の中にはとりあえずアプリ面への配信を除外している方もいます。アプリ面への配信が全て悪いというものではなく、商材によってはCPAが低く運用できているものもあるので、初めから廃止するのではなく様子を見ながら停止していきましょう。

弊社では流入が多いものの中で、アプリの性質上、成果が悪いものをまとめた汎用的に使えるリストを作成しています。そうすることによってアプリ配信しても、CPAの加工をある程度は食い止めることができるので、皆さんも作成していなければリストを作成する事もお勧めします!

ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。
広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にWEBプロモーション事業を行うマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、Hokkaidoから、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です