リスティング広告による集客

リスティング広告を出稿する意味を理解する

皆さんがリスティング広告について調べているのはいくつか理由があると思います。例えば、『社内で新たな集客方法を模索している中でリスティング広告に行きついた。』だったり、『代理店の方が調べ物している。』など様々な理由があると思います。この記事ではリスティング広告とは何かを今一度確認してみましょう。

そもそもリスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo等のサーチエンジンの検索結果に表示されるテキスト型の広告です。

広義の意味ではWEBサイトに表示されるバナー等を配信できるディスプレイ広告や、ユーチューブ内に動画広告を配信できる動画広告などを含みます。ただ、今回は狭義の意味でのリスティング広告とし、検索広告について紹介したいと思います!

リスティング広告は検索広告の上部に表示され、ユーザーの検索キーワードに合わせて広告を配信できます。

テキスト内に「広告」と表示されていますが、通常の検索結果(自然検索と言います)となんら変わらず、広告を敬遠しがちなユーザーも、気づかずにクリックします。

検索広告を配信するにはいくつか方法があります。サーチエンジンごとに用意されています。日本のサーチエンジンで言えばGoogleとYahoo!の2媒体から広告を配信すれば、検索パートナーも含めて9割以上の範囲に広告を配信することができます。

リスティング広告のメリット

  • 即効性がある
    検索広告はお金さえ出せば(もちろん知識がなければなし得ませんが)検索結果の上位に配信することができます。通常の検索結果で上位に表示するには『SEO Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)』と呼ばれる、検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるような施策が必要になります。これには時間と根気がとても必要になる作業でとても根気が必要になります。

    ユーザーの大半は検索結果の1ページ無いし2ページまでしか見ませんので、表示順が低いとほとんど認知されません。ところが、リスティング広告を配信することですぐにユーザーをサイトに誘導できるようになります。

    最も良い方法としては、リスティング広告を配信し短期的にサイトにユーザーを流入させつつ、SEOを通じ、長期的に良質なコンテンツを作り安定してユーザーを集めるのがブランドにとって良い結果に繋がります。

  • モチベーションが高いユーザーを誘致できる。
    検索連動型広告は、ユーザーがネット上で検索したキーワードと連動して広告が表示される為、購入に意欲的なユーザーを集めることができます。商材にもよりますが、リスティング広告では5%を超えるCV率も達成できます。
  • 低予算から始められる。
    TVCMやチラシなどの広告は最初にまとまった金額が必要になります。それに対しリスティング広告はクリック課金という料金体系を取っており、1クリックごとに料金を支払うシステムになっておりますので、少ない金額から始めることができます。
初めてリスティング広告の導入を検討されている方へ今の時代はWEBからの集客がカギになる!と考えているWEB担当者様は結構いると思います。そしてそれと同じくらい、Googleアナリティク...

リスティング広告のデメリットを知りたい

  • ブランドの認知拡大には向かない
    検索連動型広告は、認知の拡大やブランディングを行う為の広告には向いていません。なぜならユーザーが検索しない限り広告が配信されないからです。そもそもその商品やサービスについて知っていないとなかなか検索にはつながりませんので、認知拡大には向きません。もし認知拡大をしたいのであれば、検索広告より、ディスプレイ広告や動画広告を配信することをお勧めします。
  • ネットを見ない層にはプローチできない
    こちらは当たり前ですが検索エンジンを通じて広告を配信してるので、ネットをあまり使わないユーザには配信することが出来ません。年々ユーザー数が増えているとは言え、ネットをあまり使わないユーザーは一定数いますので、自社の顧客がネットを使うのか使わないのか、最も最適な集客方法はなんなのかを考えることがとても大切です。
  • かなりの技術が必要
    配信するだけであれば、記事やヘルプページを見れば誰でも行えますが、リスティング広告で良い結果を残すには技術と経験が必要になります。もし自社で運用していて良い結果が出ていないようでしたら、一度プロに相談することをお勧めします。

リスティング広告とSEOとの違いは

SEOとは『Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)』サーチエンジン最適化の略称で、サーチエンジンの検索結果(自然検索)を上位表示するために、Googleの判断基準に従いサイト内の情報や構造をユーザにとって利用しやすいように最適化する施策です。

簡単に言えば、いかに『ユーザにとって有益なサイト作り』をしているかによって評価(順位)につながるため、コンテンツをユーザにとって有益な内容とすることで順位が上がります。

反対にリスティング広告はお金を払うことで一瞬で上位表示することが出来ます。広告枠はオークション制になっており、広告を出す人はキーワード毎に入札を行います。

リスティング広告の費用と掲載

リスティング広告の課金形式はPPCと呼ばれる方式を採用しています。PPCとは「Pay Per Click」の略称で、「クリック課金型」を意味します。雑誌などの紙媒体メディアが「掲載面に課金」が必要なのに対し、リスティング広告はクリックされた時点で費用が発生します。ですのでリスティング広告は無駄な費用がかかりません。

リスティング広告はユーザーが検索した際に発生する掲載枠を入札する『オークション形式』を採用しています。

オークション形式は、『広告ランクが高い順』に、よりユーザーの目に留まる上位の掲載順位に配信する事ができます。

広告ランクとは、掲載順位と、広告掲載の有無を決めるために使用される値です。広告ランクは、入札単価や広告品質(推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性など)によって決定します。

つまりは入札単価だけではなく、より良い広告かどうかも加味して掲載順位が決定されます。なので「より上位に配信するにはとにかくお金を積めばいい」というわけではなく、広告として質が高いかどうかも掲載順位に関わってきます。

広告代理店の乗り換えをお考えのお客様へ費用対効果の拡大をはかるならワンクルーズへお任せ! ワンクルーズは創業から丸四年通して、そのパフォーマンスの高さで、大人の事情を除いて...

まとめ

今回はリスティング広告の説明からメリットデメリットまで簡単にまとめました。

リスティング広告で結果を出すには技術と知識が必要になってきます。配信までは調べれば簡単にできるようになりますが、良し悪しの判断やPDCAの回すタイミングや施策のアイディア等、素人が行うにはなかなか難しい面もあります。

さらに技術の進歩や機能面のアップデートもとても素早く、常に最新の知識をチェックしなくては最適な判断はできません。

もし、自社で運用していてなかなか結果が出ない。結果の良し悪しがわからない。など悩んでいるようでしたらプロに任せることをお勧めいたします!

ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。 ↓Twitterで広告に関係ありそうな事呟いています。
インターネット広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にインターネット広告事業を手掛けるWEBマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、札幌から、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です