新人マーケターの成長期

URLパラメータを駆使してアクセス解析を『倍』楽しくしよう!プログラム用語はご勘弁な方へ

秋の日はつるべ落としと言いますが、北海道では秋そのものがつるべ落としだと感じのは私だけでしょうか。どうもイッシーです。

季節を微塵も感じさせず、今日もワンクルーズの事務所では、レゲエミュージックが心地良く流れて、まさに理想の『Chill』スペースとなっております。

『Chill』スペースが気になる方も、集客にお悩みの方もお気軽にお問合わせくださいませ!

広告代理店の乗り換えをお考えのお客様へ 費用対効果の拡大をはかるなら ワンクルーズへお任せ! ワンクルーズは創業から丸四年通して、そのパフォーマンスの高...

さて、本題に移りますが本日は、URLパラメータを使用したアクセス解析についてまとめました。

正直、このパラメータについて数ヶ月前から学ぼうとする意思はあったのですが、行動できておりませんでした。

なぜなら(元)IT音痴な私は、横文字が激しく苦手だからです!

なので、横文字を極力使わないで済ませたい同志のために、なるべくわかりやすく説明できればと思います。

この記事は、

「パラメータって何?」
「パラメータへの理解はあるが、アクセス解析とどう結びつけるの?」
「スペルはparameterのはずだが【パラメータと伸ばさないのはなぜ?

と、悩んで夜も眠れない方を対象に更新しております。

パラメータとは?

パラメータには複数の意味を持つ言葉です。調査内容を以下にまとめました。

1.数学で、2つ以上の変数間の関数関係を間接に表すために用いる保助の変数。
2.統計学で母集団の特性を示す定数。母数。
3.コンピュータで、プログラムの動作を決定するために指定する数値や文字列。

引用文を見ても余計理解から遠くなりそうなので、割愛。

要は、場面によって数値が変わる『変数』の意味合いが強いとだけ覚えておけば(恐らく)問題ないでしょう。

URLパラメータとは?

URLパラメータは、サーバに情報を送信するために、URLの末尾に付け加える文字列(変数)のことを言います。

例えとして、サイトのURLが『https://○○○.co.jp』ですが、URLパラメータを付与すると『https://○○○.co.jp?■■=■■』に変化します。

あくまで、サーバに情報を送ることを目的としているので、上記2つのURLの到着地点は変わりません。

URLパラメータを設定するメリット

ではなぜ、到着地点は同じなのにURLに余計な文字列を付け加えるのか。URLが長いと怪しいサイトなのでは?と警戒されてしまうリスクもあるのに…

など、ネガティブになってしまう気持ちはとてもわかります。

しかし、URLパラメータを設定することで、ウェブサイトにアクセスしたユーザの流入元をGoogleアナリティクスで驚くほど正確にトラッキングすることが可能となります。

ReferralやDirectに仕分けられてしまいがちなSNSからの流入数やメールマガジン、スマホアプリからの流入数などが、正確に把握できるのでアクセス解析に大いに役立つこと間違いなしです。

結局GoogleAnalyticsとは?初心者向け導入手引きこんにちは!イッシーです! Webマーケティングに携わる方で、『Googleアナリティクス』を知らないということはないと思います。...

URLパラメータの設定方法

URLパラメータの素晴らしさはわかったが、具体的にどのように設定するか説明していきます。

まずは、URLパラメータの仕組みをおさらいしましょう。

先ほどの例で説明するなら、以下が通常のURLです。

https://○○○.co.jp

通常のURL末尾に『?(クエスチョンマーク)』を加えることで、『?』以下がパラメータとなります。

https://○○○.co.jp?■■=■■

さらに、複数のパラメータを付与したい場合は、以下のように『&(アンパサンド)』で結びましょう。

https://○○○.co.jp?■■=■■&△△=△△

え、パラメータを結ぶ意味なんてあるのかと聞かれた気がするのでお答えします。

ハウスメーカーで例えるなら、北海道内のモデルハウス見学会告知の結果で『出稿媒体ごとのアクセス』と『各モデルハウスごとのアクセス』についてアクセス解析することができれば、次回の戦略立てに活かせますよね。

このような場合、複数のURLパラメータを付与することが効果的だと言えます。

URLパラメータ生成ツールを使ってみよう

さて、いよいよURLパラメータを生成しましょう。

どのURLにパラメータを付与するかは、単純に広告からのリンク先であったり、メルマガで添付するURLで問題ありません。

ご自身で頑張っても設定はできますが、きちんと生成ツールがあるので、利用しない手はありません。

今回は、Googleから提供されているGoogleアナリティクス専用の『GoogleキャンペーンURLビルダー』を使用しましょう。

ご覧の通りすべて英語ですが、各項目ごとに何を入力すれば良いか説明します。

WebsiteURL

入力必須項目です。メルマガからのURLパラメータを付与したいURLをこちらに入力してください。

Campaign Source

入力必須項目です。主に参照元となる媒体を入力しましょう。

Google広告由来で流入した記録を測りたい場合は「Google」、他にもYahoo、Facebook、Twitterなど対象となる媒体を選定してください。

Camnpaign Medium

入力必須項目です。何を記載すべきか悩まれる方も多いですが、広告経由のアクセスか、また検索広告かディスプレイ広告か、メルマガからのアクセスなのか『手段』について入力しましょう。

検索連動型(CPC)、ディスプレイ(cpm、display)SNS(social)などが挙げられます。

Camnpaign Name

入力は任意です。プロモーションする商品名など入力しても良いでしょう。

Camnpaign Term

入力は任意です。検索広告でサイトに流入する際に検索したキーワードやSNSの投稿した日付を記載することで、いつの投稿からアクセスがあったか解析することができます。

Canmpaign Content

入力は任意です。同じページ内に広告が複数ある場合、それぞれの広告ごとにIDを割り振ることができます。

URLパラメータの完成(発行)

上記までの必要箇所をすべて入力すると、URLパラメータの完成(発行?)です。

ページ下部にある「Shere the generated campaign URL」の枠内にURLが発行されるので、こちらを広告のリンク先やメルマガのリンクなどに設定しましょう。

まとめ

URLパラメータは、Googleアナリティクスを使用してアクセス解析をする方にとっては、より精度が高い分析をすることができるため、抑えておくべきポイントでしょう。

今までReferralで、一括りにまとめられていたユーザーの行動も全てさらけ出せると考えると、楽しくってしょうがないですね。

ところで「パラメータ」「ユーザ」「サーバ」「コンピュータ」などの長音を省く傾向にあるのは、JIS規格に準拠するようにマイクロソフトの日本表記ルールが変更になったが故だそうです。

お後がよろしいようで!

 

ABOUT ME
石川和希
石川和希
ほぼ未経験の新人。イッシーと呼ばれてます。ワンクルンドリームをつかむべく日々勉強あるのみ。ノリと勢いと愛嬌をモットーに広告スペシャリストへの道を爆進中。似顔絵の再現率は100%!!
インターネット広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にインターネット広告事業を手掛けるWEBマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、札幌から、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です