気になる料金プランはこちら
Google広告の機能

アカウントを一括で楽々管理!マイクライアントセンター【MCC】

WEB担当者の方で「Google広告アカウントを1つだけ管理している訳ではなく、複数のアカウントを管理している。」という方は意外といると思います。

様々な理由があると思いますが、その度にGoogleアカウントを切り替えるのはとても効率が悪いですよね。そこでマイクライアントセンター、通称【MCC】(マイクライアントセンター)が役に立ちます。

そもそもマイクライアントセンターとは?

マイクライアントセンター、通称MCCはWEB担当者や代理店が複数のGoogle広告のアカウントを管理できるようにするためのツールです。

MCCを使わず管理するとなると複数のアカウントを持った場合、アカウントを変えるたびに再度ログインし直さなければいけませんでした。

しかしMCCを使用するとMCCアカウントにログインすれば、リンクしているGoogle広告アカウントを全て作成、管理できてしまいます。

1つのメールアドレスで作成できるGoogle広告アカウントはMCCアカウントを含め最大5個までです。5以上のアカウントを管理している場合や、複数のアカウントを同時に確認したい方は是非MCCアカウントを使用してください!

MCCのメリット

MCCを使用するメリットはいくつかありますので下記にまとめました!

  • 1度のログインで、管理しているすべての Google 広告アカウントを管理、作成できる。
  • ダッシュボードから、すべてのアカウントを検索、操作、管理できる。
  • すべてのアカウントの掲載結果を比較したり、複数のアカウントのレポートをまとめて作成したりできる。
  • 『統合請求』を利用して、すべてのクライアント アカウント(子アカウント)の月々の請求書を 1つに纏められる。
  • MCC 経由で Google 広告アカウントを作成し、MCC アカウントとリンクできる。
  • アラートを使用して、リンクされたすべてのアカウントを効率的に管理できる。MCCが通知するアラートにはいくつかあります。『お支払いのアラート』、『キーワードと広告のアラート(成果の低いキーワードや不承認の広告等)』、『キャンペーンのアラート』、『予算のアラートアカウントのアラート(アカウント情報が不完全なため無効など)』があります。

基本設定

マイクライアントセンターの基本設定について説明いたします。

既存の広告アカウントを MCC アカウントへと変更できない為、広告アカウントを持っている方もMCC アカウントの作成が必要になります。MCC アカウントは、それにリンクされた複数の広告アカウントの親アカウントの立ち位置になり、新しい Google 広告アカウントや既存の Google 広告アカウントに加え、他の MCC アカウントを管理することができます。

MCCアカウントの作成手順

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/manager-accounts/

上記URLからMCCアカウントを作成します。

こちらの画面で基本的なアカウント設定を行います。メールアドレスは何でも大丈夫ですが、できれば会社共有のアドレス等が良いと思います。

次にMCCアカウントの利用目的を選択します。
「自分のアカウントを管理するため。」
「他のユーザーのアカウントを管理するため。」
これは自身の目的にあった方を選択してもらえれば大丈夫です。

代理店の方などであれば、「他のユーザーのアカウントを管理するため。」
インハウスで利用する方であれば「自分のアカウントを管理するため。」
を選ぶことになると思います。

国・タイムゾーン・通貨は日本で使用する方であれば、基本的に画像と同じ設定で問題ないと思います。

これでMCCアカウントは完成いたしました。通常のアカウントとMCCでリンクした場合とでは左上のアカウントが少し変わります。

少しの違いですがMCCアカウントにすると▼ボタンからアカウントの選択ができるようになります。

アカウント新規作成の場合

MCCアカウントを作成しましたら、アカウントを作れるようになります。従来通り新しいアカウントを作成するか既存のアカウントをリンクできるようになります。

新しいアカウントを作成する時にタイプ選択をします。Google広告アカウントを作成するか、AdWords Expressアカウントのどちらかで作成できます。他にもアカウントの管理者設定をできますが、後ほどでも設定できますので無理にここで設定しなくても問題ありません。

リンクの場合

既存のアカウントをリンクする場合はこちらのお客様IDを打ち込んでアカウント所有者が承認すればリンク完了です。

こんなメールが届きますので承認を押すだけで簡単に設定完了です。

Google広告とMCCアカウントのリンク解除

リンクの解除はとても簡単にできます。

リンクしているGoogle広告アカウントの上部にあるスパナマークの「ツール」から「アカウントのアクセス権」をクリックします。

MCCを選択するとリンクしているMCCアカウントが表示されていますので、ここからアクセス権の削除を選択すればリンクを解除できます。

MCC便利機能

リマーケティングリストの共有

MCCは基本的にアカウントの管理を目的としたものですが、MCCでリンクすると別アカウントのリマーケティングリストを使用することができます。

これはとても魅力的な機能ですの是非おぼえてください!

MCC アカウントで、個々の子アカウントのリマーケティングリストを共有する場合は、子アカウントから許可する必要があります。リスト共有の許可に関しては管理ユーザーのみができます。

リストの共有を有効にする手順

MCCで作成したリマーケティングリストを共有する

①MCCの左バーからアカウントを選択し、画面上部の「管理」をクリックしリストの共有をしたい子アカウントのチェックボックスをオンにしますにし、「編集」をクリックし[タグとリストの共有ステータスを変更] を選択します

②続いて、 [アカウント] のプルダウンから [リマーケティング アカウント] を選びます。

③[次のように変更] プルダウンから[この MCC 内で共有] を選択すると、選択した子アカウントで、MCC アカウント内で共有しているリマーケティングのタグとリストを使用できるようになります。

子アカウントで作成したリマーケティングリストを共有する。

MCC で子アカウントのリマーケティングリストを共有するには、リストの共有を許可します。

①画面右上にあるスパナマークの「ツール」から[共有ライブラリ] の下にある [オーディエンス マネージャー] をクリックします。

②左側のページメニューにある [オーディエンス リスト] をクリックします。プラスボタンをクリックし、新しいオーディエンス リストを作成します。

③[アカウントからリストを追加] を選択し、[アカウントを選択] をクリックすると、子アカウントが表示されますのでリストを使いたい子アカウントを選択します。

④選択した子アカウントのリマーケティング リストのうち、すべてを追加するには [すべてのオーディエンス リスト] を、一部のみを追加するには [特定のリストを選択] を選択します。

これでこの MCC 内で共有に設定されたすべてのアカウントで、追加されたリマーケティングリストを使えるようになります!

まとめ

今回はMCCアカウントの使い方についてまとめました。MCCアカウントを使う理由としては、複数のアカウントの管理をするために使用します。

代理店で働いてる方は使うことになると思いますが、インハウスで運用しているWEB担当者も1つのサイトだけを運用しているとは限りませんので、MCCを使う機会もあると思います。

今回紹介したリマーケティングリストの共有など便利な機能がありますので、複数アカウントを管理している担当者は是非使用してください!

ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。
広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にWEBプロモーション事業を行うマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、Hokkaidoから、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です