Google広告の機能

GTMコミュニティテンプレートギャラリー〜突撃!隣のスクリプト〜

Googleタグマネージャの新機能・カスタムテンプレートが実装されたのが今年の5月。
GTM上で独自のタグや変数をテンプレートとして保存・流用できる機能です。

作ったテンプレートを出力することができるので、
・テンプレートを出力して他人へシェアする
・他の人が作ったオリジナルテンプレートをインポートする
といったことが出来る様になりました。

しかしこのカスタムテンプレート作るには、おそらく「ガチガチにjava scriptが書ける人」でないと厳しいです。
「一から書けないなら他の人が作ったいい感じのテンプレートを探そう」としてもリリースからあまり期間も経ってない為、見つけるのも一苦労です。
そんな中、コミュニティテンプレートギャラリーが立ち上がりました。
カスタムテンプレートを共有する為の機能で、「Google公式のテンプレート共有プラットフォーム」となります。

広告アカウントの無料分析''

コミュニティテンプレートギャラリー

コミュニティテンプレートギャラリー

https://tagmanager.google.com/gallery/

Googleコミュニティの審査を通ったテンプレートが並んでいます。
全て「制作者」や「動作に必要な権限」等が明記されています。

ポイントとなる機能としては、

  • インポートしたテンプレートが更新されると通知がくる
  • GTM画面上で検索からインポートまで完結
  • コミュニティテンプレートギャラリーからインポートしたテンプレートを、自分のコンテナ内で編集することも可能

となります。

GTMコンテナへインポートする

GTMのコンテナ内「新規」ボタンの左側に「検索ギャラリー」というボタンが追加されています。ここをクリックしてギャラリーに進むと、コミュニティテンプレートギャラリーに登録されているカスタムテンプレートの一覧が表示されます。あとはインポートしたいテンプレートを選択するだけです。

目的のテンプレートを見つけたら、右上にある「ワークスペースに追加」ボタンを押します。

一応セキュリティの為に、インポートする前には必ずそのテンプレートで要求される「権限」をチェックしておきましょう。

「ワークスペースに追加」ボタンを押すと確認アラートが出ます。そこで「追加」をクリックすればインポート完了です。

ギャラリーから取得したテンプレートは、一覧画面で右側に「ギャラリー」というラベルが付いて表示されます。

独自に編集等をしてリンクが外れた場合、アップデートの通知はこなくなります。リンクが切れている場合、この「ギャラリー」ラベルも表示されなくなっていますので、独自のカスタムを行う場合はここをチェックしましょう。

まとめ

技術的なハードルが高く、正直利用しやすい機能とは言えませんでしたが、百戦錬磨の手練れたちが作成したテンプレートを使うことのできる環境が整ったことで今後は利用が加速すると思われます

ギャラリー内のそれぞれのタグの説明は今の所全て英語ベースの記述ですが、そこまで長文ではないのでなんとか意味を掴んで使用するところまではたどり着けると思います。

日本語の翻訳が整うのを待ちながら、いろいろなテンプレートを手に入れて良いGTMライフ送りましょう。

それでは!

【ネット広告代理店の選び方】良い代理店かを見極める13個のポイント「いま出している広告の成果が、良いのか、悪いのかよくわからない。」 「現在お願いしている広告代理店で本当に良いのかな?」とお悩みの皆さ...
インターネット広告運用のご相談はこちら
campaign

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円分の広告費をプレゼントキャンペーン!
詳細はこちら
【企業様向け】「7月限定」先着10社様に10万円をプレゼントキャンペーン
詳細はこちら