新人マーケターの成長期

新人マーケターへ|サーチコンソールとは?アナリティクスとの違いを解説|

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

新作iPhoneが発表されましたね。あまり詳細を調べてなかったのですが、カメラが3つある謎のヴィジュアルに驚きを隠せません。顕微鏡に見えてしょうがないことは内緒です。

しかし、常に新たな提供価値を見出そうとする姿勢は大事だとしみじみ感じた今日この頃。

当たり前すぎることを真顔で言ってしまう厚顔無恥なイッシーです。

本日は、サーチコンソール(Google Search Console)とは何か、またGoogleアナリティクスとの違いについてまとめたいと思います。

サーチコンソール(Google Search Console)とは

サーチコンソールとは、Googleが提供する無料サイト解析ツールのことです。ウェブ担当にとって、サーチコンソールはウェブサイトの運用において欠かせないお役立ちツールなのです。

特に自社サイトを検索順位で上位にしたくてしょうがないという企業にとって、サーチコンソールは間違いなく必須と断言できます。

現在、様々なウェブ解析ツールで溢れかえっていますが、その中でもGoogleアナリティクスと同じく無料で高性能のサーチコンソールは、たくさんのマーケターから愛用されています。

2015年までは、「ウェブマスターツール」と呼ばれていたみたいですが、最近までIT音痴の極みだった私には知る由もありません。

元来は、名前の通りウェブサイトの管理者を対象にしたツールでしたが、現在は管理者はもちろんマーケティング担当やサイトのマークアップやコーディングを行なうデベロッパーの方まで全てのユーザーを対象とするようになりました。

サーチコンソールを使ってできること

全てのユーザーが対象になったウェブ解析ツールだということは、なんとなく理解できたが、いまいち利用する場面がわからない…と私自身あまり触れずに今まで生きてきました。

なのでざっくりですが、サーチコンソールを使ってできることについてまとめます。

Google検索でクロールしてインデックス登録

クロール?インデックス登録?いきなり何言ってるんだ?…私もそう思います。

まず、新たにウェブサイトやブログなどを立ち上げた時にいきなり、Googleの検索上でウェブサイト登場するわけではないことを手始めに伝えたいと思います。

「ウェブクローラー」というソフトを使い、あらゆるウェブサイトの情報を収集することをクロールすると言い、クロールしたサイト情報を検索エンジンで整理し、表示する順番など決めることをインデックス登録と言います。

ウェブサイトをリリースした後に、特に何もしなくてもいずれはクロールされインデックス登録がされるのですが、サーチコンソールを使用することでインデックスされるまでの流れをGoogle側に急かすことができます。

いち早くコンテンツを公開したい時は、サーチコンソールの出番だと覚えておきましょう。

スパムリンクなどサイトのトラブルを防ぐ

まずスパムリンクとは、コンテンツの価値が低くテーマ性のないウェブサイトから被リンクされることを言います。

え?被リンクされることは良いことじゃないの?と思いましたが、ひと昔前まで被リンクを悪質に稼いで自分のサイトを上位表示させようとする輩が多く現れたそうです…

そこでGoogleは、このような検索エンジンスパムを発見した場合、検索順位を大幅に下げたり最悪インデックスから削除する措置をとるようになりました。

そうすると今度は、このGoogleの制裁措置を逆手にとって、プログラムで自動生成されたGoogleガイドラインに抵触するウェブサイトから、被リンクを増やし競合サイトや関連サイトの順位を故意に下げさせるスパム行為が増えたのです。

スパムリンクの歴史を語ってしまいましたが、サーチコンソールを使用するとこのようなトラブルを未然に防ぐことができるよう、問題を検出するとアラートを受信します。

アラートには、スパムリンクやハッキングされたり、有害コンテンツをアップした場合など詳細が記載されていますので、すぐに対応しましょう。

オーガニック検索を解析

サーチコンソールを初めて使ってみようと思う方の多くが、オーガニック検索の解析が目的だと言っても過言ではないでしょう。

サーチコンソールでは、Googleアナリティクスではできない、検索キーワードを調査することが可能です。

Google広告でも検索クエリを把握することはできますが、サーチコンソールはあくまでオーガニック検索の結果なので、広告のキーワード設定の際には参考になるかと思います。

この検索クエリに関しては、あの優秀なGoogleアナリティクスでも解析できないので、サーチコンソールの専売特許となってます。

Googleアナリティクスとの違い

解析ツールとして用いられるGoogleアナリティクスとサーチコンソール。同じGoogleから提供される両ツールにはどのような違いがあるのでしょうか。

サーチコンソールの特徴

サーチコンソールは、自社サイトの検索結果などの情報を得ることができ、検索ワード、表示回数、クリック数などサイト流入前のデータを解析してくれます。

解析内容
ウェブサイトそのものを解析
ウェブサイトの検索結果や関連情報

Googleアナリティクスの特徴

Googleアナリティクスはウェブサイトのアクセス情報を解析し、どこから訪問したか、自社サイト内ではどのような行動があったか、滞在時間などを知ることができます。

解析内容
ウェブサイトのアクセスを解析
訪問したユーザー属性、流入経路、アクセス数

一見同じように感じますが、このように違いを書き出すとそれぞれができる内容が全然違うことがわかると思います。

サーチコンソールは、Googleアナリティクスのようなユーザー情報やアクセス解析を行うことができませんが、インデックス登録を促進したり、被リンクを確認してスパム防止などセキュリティ面で活躍してくれます。SEO対策には欠かせない必須ツールです。

それに対してGoogleアナリティクスは、ウェブサイトへのアクセスについて、ユーザー情報だけでなく、集客経路や行動履歴などの情報を得ることができるので、様々な角度から解析することが可能です。またリスティング広告の効果測定にも力を発揮してくれます。

まとめ

今回は、サーチコンソールの概念的な部分の説明やGoogleアナリティクスとの違いについて説明しました。

未だにGoogleアナリティクスに苦戦する毎日ですが、更にサーチコンソールまで…と思ってましたが、オーガニックの検索クエリを分析し、広告にも活かせるとなったら使うしかないですよね。

それにしてもGoogle様は、こんなに素晴らしいツールを無料で提供してくださるなんて本当に頭があがりません。

【ネット広告代理店の選び方】良い代理店かを見極める13個のポイント「いま出している広告の成果が、良いのか、悪いのかよくわからない。」 「現在お願いしている広告代理店で本当に良いのかな?」とお悩みの皆さ...
ABOUT ME
石川和希
ノリと勢いと愛嬌がモットーの異業種から現れた新人マーケター 。プロフィール情報に載せきれない経験と徳を積むため日々勉強中!似顔絵の再現率は120%!!好きなHIP HOPはオルタナティブ
Facebook広告の運用について

ワンクルーズでは10万円/月(税別)から広告の配信を受けております。費用内に出稿費用から初期設定まで全て含んでおりますので、乗り換え費用や構築費用等は一切かかりません!まずは効果を実感してください!契約期間は1ヶ月単位、それ以外の縛りは一切ございません。手数料の安さをうたう業者もあると思いますが、重要なのは費用対効果!そこに見合う信頼できる業者をお探しなら迷わずワンクルーズへご相談ください!

おすすめの記事一覧

 
 
料金プラン

運営会社:(株)ONE CRUISE

運用実績をGoogle社から高く評価され、同社と共同セミナーを開催したり、動画取材やGoogle Partnersスタートハンドブックに掲載される。また、成功事例としてFacebook Businessにも掲載(GoogleとFacebook両社に取り上げられるのは北海道では初)。ネット広告の運用には定評があるため、是非一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

会社案内ダウンロード

会社情報やこれまでの運用実績を
まとめたご案内をPDFにて
ダウンロードいただけます。
社内にてご検討される際にご活用ください。

ダウンロード

CONTACT

Webサイトに関すること等
お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせはこちら

    広告の運用に関する詳しいご相談や
    お見積依頼等についてはお問い合わせはこちら
    フォームより詳細をお送りください。

    お問い合わせフォーム
  • 会社案内ダウンロード

    会社情報やこれまでの運用実績をまとめたご案内を
    PDFにてダウンロードいただけます。
    社内にてご検討される際にご活用ください。

    ダウンロード
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
まずはお気軽にご相談下さい
詳しくはこちら
最低出稿金額は1媒体につき10万円〜!
詳しくはこちら