気になる料金プランはこちら
Google広告の機能

Google AdWordsエディターの使い方

皆さんはアカウント作成するときはどの様に作成していますか?管理画面から直接入稿している人も多いかと思います。しかし直接入稿するととても時間がかかり、誤って配信してしまう事があります。

エディターを使えば効率的かつミスをする可能性を減らして入稿する事ができます。

今回は『AdWords』エディターについて紹介します。AdWordsエディターを使い効率的にアカウント作成をしましょう!

AdWordsエディターとは

AdWordsエディターとは広告の入稿作業や編集等の作業がオフラインで行えるアプリです。広告運用者は仕事が多く時間に行われているので、隙間時間でも仕事をする事が多いと思います。例えば飛行機内などのオフラインの場所でも仕事をしたい時にはうってつけです。

オフラインでGoogle広告の編集作業を行えるのかと言いますと、アカウント情報をPC内にダウンロードする事でオフラインでも入稿作業ができる様になります。編集終了後アップロードすることによりオフライン下でも作業できる様になります。

AdWordsエディターはオフラインで作業を行えることに加え、効率的に作業を行える機能がいくつかありますのでうまく使いこなして効率的に運用していきましょう。

AdWordsエディターのダウンロード

まずはAdWordsエディターのダウンロードをしましょう。

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/ads-editor/

上記URLからダウンロードできます。

こちらのサイトの「今すぐダウンロード」から入手できます

その後アプリをダウンロードいたします。

ダウンロード出来ましたらエディタターを開きます。アカウントマネジャーが開けたら「+追加ボタン」を押してアカウントをダウンロードします。

追加ボタンを押すとアカウントへのログインを求められます。ログインは「ブラウザを開いてダウンロード」もしくは「アプリ内からダウンロード」のどちらかを選択いたします。ここはどちらからログインしても問題ありません。

ログインしたらダウンロードするアカウントを選択いたします。全てダウンロードしても、編集したいアカウントだけをダウンロードしても問題ありません。

これでエディターアプリの入手からダウンロードまで完了いたしました。ここからはアカウントの編集作業を行います。

AdWordsエディターを使って作業する

エディターを準備できましたら後はGoogle広告と同じ様にキャンペーンの作成や編集を行います。

使い方は基本的に同じですがデザインが違いますので最初は戸惑うかもしれません。簡単に使い方を紹介いたします。

アカウント編集前に“必ず”最新の状態にしておく

エディターはオフラインで作業を行う為、編集作業の前に最新のアカウント情報をダウンロードして作業を行う必要があります。

これを忘れてしまうと以前にダウンロードした時点でのアカウントを編集していることになりますので、最新のアカウント設定とズレが生じてしまいます。絶対に最新の状態にしてから作業してください。

ツールバーに『最新の変更を取得』とありますのでここで最新情報を入手します。「基本(速い)」か 「詳細データ(遅い)」 のいずれかを選択します。「詳細データ(遅い)」を選択すると『First Page Bid の見積もり、ページ上部に表示される広告の推定入札単価、品質スコア、承認情報』もダウンロードします。要らなければ「基本(早い)」で問題ありません。

エディターを何度か使っているとついつい忘れてしまう事がありますので注意してください。

入稿作業

キャンペーン・広告グループの変更

キャンペーンの編集は左サイドバーの管理タブからキャンペーンを選択し、編集したいキャンペーンを選択すれば編集できます。

広告グループの編集も同様に管理タブから広告グループを選択するだけです。

「キーワードの設定・除外」と他の詳細設定の仕方

キーワードの詳細設定や地域設定、プレースメント、トピックなどの設定方法は基本的に同じです。

キーワードの追加するには管理タブから「キーワード」を選択し上部のツールバーから「キーワードを追加」を押します。後はGoogle広告管理画面と同様に設定します。

リンク先URLを設定できる枠がありますがサポートされていませんので使用不可能です。

キーワードや他の設定を複数変更したい場合には、上部ツールバーの「複数を変更」をクリックします。

左の対象で追加したいキャンペーン・広告グループを選択し、右の一括操作フォームでキーワードを入力します。

ここでキーワードを一つずつ入力しても良いのですが、私は基本的にエディターでキーワードの一括入力をするときはKARABINA等のツールを使う場合なので、「クリップボードの貼り付け」を使用する事が多いです。

設定が終了したら「変更内容の確認」

設定が終了しましたらアカウントにアップロードする前に上部ツールバーの「変更内容の確認」を押します。

 

こちらはエディター内で行われた変更内容が正常に行われているかのチェックをします。

 

変更が正常に行われましたら入稿の準備は完了です。こちらで確認出来なければ入稿に何か問題がありますので編集してください。

いざアップロード

変更内容の確認が終わりますらたアップロードして編集作業は終了になります。

上部ツールバーの「送信」を選択いたします。「全てのキャンペーン」か「選択したキャンペーン」のどちらでも問題ありません。

これで基本的な説明は終了です。

AdWordsエディターの便利な機能

キャンペーンの移動

エディターを使えば別のアカウントのキャンペーンをコピーする事ができます。

アカウント ツリーでキャンペーンを1選択します。

キャンペーン全体とそのコンテンツをコピーする場合
[編集] > [コピー] を選択。

キャンペーンの設定のみをコピーする場合は、[編集]
[シェルをコピー] を選択。

現在のアカウントからキャンペーンを削除して別のアカウントに追加する場合

[編集] > [切り取り] を選択。

その後貼り付けたいアカウントを開き(同じアカウント内にコピーしたい場合はそのまま) [編集] > [貼り付け] を選択.

以上で簡単にアカウントを跨いだキャンペーンの移動ができます。こちらはGoogle広告の管理画面からはできませんのでアカウントの統合などにはとっても便利な機能ですので是非覚えておいてください!

画像の一括ダウンロード

通常のGoogle広告管理画面ではGDNの画像をインポートは出来てもエクスポートはできないようになっています。しかしエディタを使えばインポート済みの画像をエクスポートする事ができますので、誤って消してしまったバナー画像を欲しくなった時などにエクスポートする事ができます。

画面上部のメニューのうち「アカウント」の中から「エクスポート」を選択し「 アカウント全体をエクスポート」をクリックします。

保存するときに一点注意が必要です。データ形式を『ZIPに圧縮されたCSVファイルと画像(*,zip)』に変更してから保存してください。

まとめ

まとめ

・オフラインでアカウント管理作業を行える
・効率的に作業を行える

今回はエディターの使い方をまとめてみました。アドワーズエディターの魅力はオフラインでの作業ができることだけでなくミスも減り、慣れれば圧倒的に早く作業ができることにあります。

まあ使ったことない人は覚えるのが少し面倒かもしれませんが効率がよくなるはずですので是非使ってみてください。

他の効率的ツールはこちらから

リスティング広告の自動化ルールを活用した業務効率化リスティングを運用していると、毎日同じような動作をしているような気がしたり、もっと文章やバナーなどのクリエイティブに時間をかけたり、LP...
ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。
広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にWEBプロモーション事業を行うマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、Hokkaidoから、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です