動画広告による集客

動画広告による集客

YouTubeに代表されるような動画サイトや、スマートフォンの普及にともない、動画を視聴は以前よりも身近な存在として利用の機会が増えています。

YouTuber(ユーチューバー)という言葉も当たり前になるほど、個人から企業まで幅広く利用され、従来動画視聴といえばテレビでしたが、現在ではスマートフォンやタブレット、パソコンなどでいつでも利用できるようになりました。

インターネットを通じての動画視聴が当たり前となった今、動画広告の利用も拡大しています。

動画広告の市場規模

サイバーエージェントが2018年11月に発表した動画広告の市場調査結果によると、昨対比で134%の成長、2019年には市場予測として2,000億円を超えるとの予測がされました。

それだけ動画視聴の利用にあわせて、動画広告を集客の手段として活用する企業も増えてきています。

これから動画広告をはじめようとしている方は、まず動画広告の特徴をしっかりと理解した上で、配信を実施することをおすすめします。

動画広告の特徴

これまでのインターネット広告といえば、検索結果に表示される検索連動型広告や、バナー広告をイメージする方も多いと思いますが、動画広告はこれまでのインターネット広告とは異なる大きな特徴があります。

多くの情報を配信できる

情報量の豊富さは、従来の写真と文章だけのコンテンツとは比較にはなりません。

短時間でより多くの情報を動画は届けられるほか、文章や写真だけでは伝えきれない細かいニュアンスなど、商品やサービスに対して、より具体的な表現できます。

高いクリック率

動画コンテンツは、内容・質にも当然影響しますが、ユーザーに見てもらいやすいという特徴を持ちます。

先に記載しましたが、情報量の豊富さは、ユーザーに対して、より多くのクリックを促すことに繋がりやすい傾向にあります。

SNSとの相性がよく、拡散されやすい

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNS広告においても動画広告は活用されています。

SNSの場合はいいね!やシェアなどで他のユーザーに対しての拡散も期待でき、認知度向上という意味では、広告を配信していないユーザーに対しても広告を届けることが可能になります。

若者世代には最適な動画広告

10代・20代の主なメディアの平均利用時間はTVよりもインターネットが高くなっており、特にこの年代においては男女ともに動画投稿サービスの視聴に対しての、平均利用時間が長い傾向にあります。

特に10代では休日における動画サービスの平均視聴時間は60分以上ともいわれており、若者世代に対しては、動画広告が重要視されています。

若者を対象とした集客を実施したいという場合は、動画広告を検討してみてはいかがでしょうか。

動画広告で注意すべきポイント

動画広告の特徴を紹介してきましたが、メリットばかりではありません。

流行りだからといって、安易に出稿してしまうと、思いがけないところでユーザーが離れてしまったりすることもありますし、通常の画像とテキストによる広告よりも、製作コストが大きいことを念頭においておく必要があります。

そして何よりも重要なのが動画のクオリティです。

低いクオリティの動画は大きなマイナス要因となりうる

メッセージや意味が伝わらない、無駄に長いなど、視聴者を不快にさせるほどクオリティが低い動画は、企業イメージを下げるマイナス要因となりかねません。

しっかりとユーザーに対してメリットや価値を伝え、続きが気になるよう興味を引くような動画をしっかりと検討した上で進めましょう。

動画広告による集客を成功させるために

動画広告の特徴と、注意すべき点をふまえることを前提として、目的とターゲットをしっかりと定め、さらにはユーザーを引き付けるような動画を制作し、適切に運用することができれば、認知向上や、購買促進の効果が期待できます。

動画広告による集客についての記事