リスティング広告による集客

リスティング広告による集客

WEB広告と一口に言っても、SNS各媒体、ディスプレイ広告、記事広告など様々な方法があります。多くの方法がある中で、リスティング広告は比較的認知度も高く「やってみよう」と考える方が多くいます。

ただ、リスティング広告は設定から運用まで通して、比較的難易度が高い媒体です。しかしその分かなり強力な媒体でもあります。

そもそも、リスティング広告とは、「インターネット上で検索をした際に、その検索ワードに応じて検索結果画面に表示される広告」のことです。

自然検索でも同じですが、リスティング広告は検索結果画面のより上部に掲載することを目指しています。上位に表示さることで、ユーザーへの視認率が上がります。

自然検索はいわゆるSEO対策を行い上位表示につなげるものですが、リスティング広告は「ユーザの求めているもの(≒検索ワードに深く関連する情報)を提供できるサイト」ほど、上位に掲載されやすくなります。ですので、サイトに沿ったキーワード選定を行えば、効果的な集客を行えます。

リスティング広告のメリットは大まかに3つあります。

リスティング広告のメリット

上位表示が可能となる

ユーザーの大半は検索結果を回遊することなく、1ページ目の中からサイトを選択し、流入します。細かくいいますと、検索1ページ目、さらにその中の上位表示されているもサイトの中から興味がある物を選択して流入します。

自然検索で表示1位を獲得できれば、サイト流入も大きく跳ね上がります。しかし、SEO対策で1位を獲得するのには、かなりの努力が必要となります。検索結果最上部枠はリスティング広告が抑えていますので、検索結果最上部には表示することができません。

対し、リスティング広告は先ほども書きました様に、最上部を確保している上に、広告費用がかかりますが、しっかりとした設定を行えば、すぐにでも最上部に表示することができます。

リスティング広告が与える上位表示の恩恵は計り知れません。

その恩恵は計り知れません。

画面占有率が高まる。

リスティング広告には指名検索(自社の会社名やサービスなど、固有名詞のキーワードのこと)と呼ばれるものがありますが、『指名系キーワードって買う意味あるの?指名系はそもそも自然検索で流入してくれるから、広告を出す必要はないんじゃない?』と疑問に思う方がいます。

もしここで競合他社が自社のキーワードで広告を表示していた場合、検索結果の最上位に競合他社の広告が表示され、自社に流入するはずだったユーザーが競合他社に取られてしまう可能性が生まれてしまいます。

見込み顧客が競合他社に流れることは一番避けたい事象ですので、可能であれば指名キーワードでも広告を出し、画面占有率を高めていく必要があります。

モチベーションの高いユーザーに表示できる

リスティング広告の最も大きな利点はこれだと思います。

「検索する」というのは、その検索キーワードに関する情報を求めているということになります。検索という能動的アクションを起こしているので、インフィード広告やディスプレイ広告などの受動的広告に比べ、クリック率やコンバージョン率は高めに推移する傾向になりますので、高い広告効果が期待できます。

上記の様に多くの恩恵をもたらしてくれるリスティング広告ですが、最初にも書きましたようになかなかにハードルが高い広告媒体です。

しっかりと情報を集め運用していけば、不可能ではありませんので挑戦してみてください。

リスティング広告による集客についての記事