Google広告の機能

Google広告の機能

Google広告を始めるきっかけは、「ただなんとなく一番有名だから初めて見た。」という方が多いです。確かにGoogle広告はとても有効的なWEB広告の一つですが、他のSNS広告よりも設定や運用の難易度が格段に高いと思います。

理由としては2つあります。
1つ目は、Google広告は他の媒体に比べ設定できる項目数がかなり多く、アップデート回数も多いので、最適な配信を行うには知識や技術面で、かなりハードルが高い媒体だという事です。

よく見かけるミスとしては地域設定を行なっていな事もあります。
例)札幌のお店なのに地域設定を行わず、全国に配信してしまっている。

2つ目は、ユーザーへの訴求軸の数や、ターゲットのきめ細かさが他の媒体よりもとても多いので、細かなターゲティングができる反面、設定がとても難しい媒体です。

「札幌」などの地域設定だけではコンバージョンを獲得できません。
例)「小学生向け学習塾」であれば30〜40代の学習塾や勉強方法について調べている母親を狙う。など

SNSなどの他媒体と同じ感覚で始めると、設定項目の多さや、戦略の重要性によって苦戦します。しかし反対に、広告をサポートする機能も豊富にありますので、使いこなせば他の集客媒体よりも、ターゲティングの制度や細かな調整を行いやすいとても便利な強力な集客ツールです。

Google広告をサポートする便利ツール

例えば設定の切り替えを全て手動で行うにか数が多いものや、予算の調整など細かいものは、自動化ルールを設定することで、配信のオン/オフを気軽に行えるようになります。

それにより、アカウント画面に張り付くことなく、細かいフォローをすることができます。

例)札幌と函館に向けて広告を配信しているが、札幌の方がコンバージョン数が多い。そんな場合は自動で広告配信量が札幌に傾く。

他にも、リスティング広告の配信推移を分析する際にオークション分析機能がとても有効的です。リスティング広告は競合の入札状況によって成果が大きく変わる媒体です。オークション分析機能の、重複率やインプレッションシェアの確認する事で、インプレッションシェアや上部表示率などからより具体的に注目すべき競合の確認ができます。

分割機能併用して繊維を確認する事で、自分の出している広告だけでなく、競合の出している広告の順位等も確認できるので、自分だけでなく競合の状況分析も可能となります。

他にも広告の応用的な設定や表示情報を追加できるような使用必須の機能もあります。

以上のような機能が、Google広告にははとても多く、そのほとんどが、使いこなす事が出来ればとても有益な機能です。しかし、多くの方が、その機能の多さから使いこなせておりません。

Google広告で本当に大切な事

Google広告のツールはあくまで運用の補助機能ですので、そこを主軸に考えてはいけません。一番重要な事は誰にどのような広告を出すかを考える戦略策定が重要です。

検索順位、クリック単価、キーワード精査、オーディエンスやユーザー属性の変更など、Google広告は確認す項目が数多くあります。全てを分析するには、時間がいくらあっても足りませんので、目的を達成するには、誰にどのように出せばいいのかをしっかりと戦略を立てて考えていないと、どこを修正するべきか見当がつかず、多くの数値を見て悩むだけに終わってしまいます。

戦略策定を行なっていれば、短時間で効率よく使うべき機能を見つける事ができます。

何度も言いますが、Google広告の機能は補助機能に過ぎません。あくまで運用を行いやすくする、補足機能です。一番大切な事は、しっかりと戦略を立ててPDCAサイクルを何度も回す事です。そのサイクルを短時間で何度も回すための機能がGoogle広告にはいくつもありますので、多くの機能に振舞わされる事なく、うまく使いこなせるようになりましょう!

Google広告の機能についての記事