Google広告による集客

Google広告による集客

検索やマップ、カレンダー、動画、アプリに写真やクラウドなど、何かしらの形で毎日Googleを使っている人が大半だと思います。集客も同じく、Webを使った集客を考えるのであれば、Googleを使った集客は切り外せません。

Googleの集客には大まかにSEOとGoogle広告の2つに分かれております。

SEOによる集客

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

例えば「札幌 ラーメン」で上位表示したいのであれば、SEO対策のルールに則りサイトを改善していくことで、より上位に表示されます

SEO対策の一番の特徴として、広告と異なりユーザーを自社サイトに流入させることに、直接的な費用がかかりません。Webサイトに多くのアクセスを集めたいメディアにおいては必須の取り組みです。短期的に急激な流入は見込めませんが、中・長期的にSEO施策を行えば、常に一定の流入が見込めます。

よくある勘違いとしては「SEOは費用がかからないからやってみたい。」という方が見受けられます。確かにSEOは直接的な費用はかかりませんが、SEO対策を行うのには、かなりの技術が必要になりますので、必然的にプロに委託する必要があります。

【SEO施策にはそれなりの費用がかかる/短期的な効果は見込めない】こちらをしっかりと理解した上でSEO対策に取り組む必要があります。

Google広告による集客

Google広告とは、Google社が所有、または提携しているサイトが所有する広告枠を使った集客のことです。有名な集客方法としては『リスティング広告・ディスプレイ広告・動画広告』の三種類があります。

リスティング広告とは、検索結果に表示される有料の広告枠です。検索結果に対し、1クリックごとに対し、支払いが発生するCPC(Cost Per Click)という課金方法で掲載できる広告です。

検索キーワードベースで表示ユーザーを選べますので、何が欲しいのか明確なユーザー(いわゆる顕在層)に広告を表示できますので、他の広告より、クリック率やコンバージョン率が高くなる傾向にあります。

例えば、「札幌 ラーメン」で検索してくるユーザーはかなり札幌のラーメンに興味を持っているユーザーですので、比較的高い確率でコンバージョン(この場合は来店や通販購入)に繋がります。

 

ディスプレイ広告とは、webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像、動画広告やテキスト広告のことです。 バナー(画像)で表示されることが多く、「バナー広告」と呼ばれることがあります。

リスティング広告は検索画面に表示されるものですが、ディスプレイ広告は閲覧サイトの広告枠に表示されるものですので、表示される場所が違います。

ディスプレイ広告はサイトの広告枠に表示されます。ターゲット設定としてはユーザーのインタレストやサイトの属性によってターゲティングできます。リスティング広告のようにキーワードで明確にターゲティングできませんので、商品やサービスに興味がありそうな見込み顧客や潜在顧客に(いわゆる潜在層)ターゲティングできます。

例えば「札幌 ラーメン」の広告を配信するのであれば、ユーザーのインタレストで、「ラーメン」や「札幌 ラーメン」に興味のあるユーザーに絞り込んで配信します。

インタレストはあくまで興味ですので、検索してきて情報を求めている検索ユーザーに比べるとモチベーションは低く、クリック率やコンバージョン率が低く推移することが多いです。

ですが、クリック単価が安く推移する傾向がありますので、こちらも効果的な広告です。

ここ数年で大きく配信数を大きく伸ばしてきた動画広告ですが、一番有名な配信方法で言えばYouTube広告です。ユーチューブ広告は誰もが見たことあると思いますが、動画再生前、途中、後に動画広告を差し込む事ができます。

動画はテキストや画像と比較して、ユーザーに伝えることができる情報量が圧倒的に多いため、企業やサービスの魅力を伝えることができます。

しかし、動画広告はYouTube内の動画を見ているユーザーに配信するものですので、コンバージョンにはなかなか繋がりません。

しかし、先ほども書きましたように、伝えられる情報量は圧倒的ですので、ブランディングや認知拡大にはとても効果的です。

SEO・Google広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・動画広告)などの多くの集客方法がありますが、短期的・長期的集客を求めているのか、会社の規模や知名度によっても最適な集客方法は変わってきます。

予算に余裕がある場合はリスティング広告で短期的な集客を行い、中長期的な目線でSEO対策を行なっていくことが企業にとって一番効率的な施策です。

Google広告の集客事例

北海道を含め全国で合計10数店舗を展開している、フィットネスクラブのリスティング広告宣伝に関する事例を紹介します!

リスティング広告を始める前はチラシを使った集客のみで、新規入会数があまり伸びておりませんでした。

この業界は競合となるライバル会社が多いため、単発の広告運用では、満足のいく結果が出ませんでした。そのため運用していく中で何度も改善を繰り返し、コンバージョンに繋がる施策を練っておりました。

リスティング広告を運用しているとキーワードを調査し続けることで、必ず鍵となるキーワードが見つかってきます。例えば、先月と比較して問い合わせが減少した場合、どのキーワードから問い合わせが減ったのか、原因を調査していくこともできます。

今までは目立つ部分に掲載されていたとしても、競合他社が高い広告費を払ってさらに上位掲載されていたということもあり得ます。

逆にキーワードを分析することでクリックされていない・申し込みに繋がっていないキーワードを見つけられます。反応のないキーワードは止めて、効果のあるキーワードに予算を集中していくことで広告の精度を上げていきます。

長期的にリスティング広告を配信していると内容がマンネリになってきてしまう為、定期的にキャンペーンの訴求を行っていきました。またシーズンに合わせて広告文の追加を行っていきます。例えば、『夏までに~』『G.W期間~サービス』『~月会費無料!』など様々な内容で訴求しました。(しっかりクライアントと相談して許可を得ていました!)

期間限定を訴求する広告文は特に効果があります。ユーザーに「今このページを見ないと」と思ってもらう為に「期間」や「限定サービス」内容などは目立つように広告文に取り込んでいきます。

広告文で「~な女性」などターゲットを絞ることで「クリック率」は高くなりますが、母数自体も減少する為バランスを見て行う必要があります。

上記のような日々のキーワード精査等を素早く繰り返すことでパフォーマンスの向上を測りました。

その結果1月で300人を超える会員登録を獲得できるまでに至りました!

この高いパフォーマンスにクライアント様も戸惑っていました笑

Googleによる集客についての記事