ディスプレイ広告による集客

ディスプレイ広告による集客

Webサイトやアプリ上の広告枠に表示されるディスプレイ広告(バナー広告)は潜在層にアプローチできる広告です。ユーザーの興味関心に対して、キーワードやURLでターゲティングする事で、高い精度で広告を配信する事ができます。

サービスを知らない層へ認知させることが得意な広告手法で、潜在的なニーズを引き出すことができます。料金体系は、クリックされるごとに料金が発生するクリック単価制が主流です。他にも、広告の表示回数(1,000回など一定回数)に応じて料金がかかるインプレッション単価制をとる場合もあります。

検索広告(リスティング広告)はキーワードにより、広告表示相手を選定できます。それにより自社の商品やサービスを欲しているユーザーに的確に広告を表示する事ができます。検索広告は顕在層に訴求できますので、ディスプレイ広告よりもコンバージョン獲得率が高いと言われています。

しかしディスプレイ広告にはリスティング広告にはない多くの特徴がありますので、ディスプレイ広告を使えば多くのCVにつなげることも可能です。

ディスプレイ広告の特徴

画像や動画による訴求が可能になる

ディスプレイ広告はサイトの広告枠に、画像や動画による、ユーザーへの訴求を行うことができます。テキストのみではユーザーに伝えることができる量に限界があります。画像の情報量はテキストの数百倍と言われています。

それによりテキストでは伝えきれない商品やサービスの独自の雰囲気を伝える事ができます。

豊富なターゲティング方法

ターゲティングとは、条件を指定して広告の表示対象を絞ることを言います。先ほども書いたように、ディスプレイネットワークはユーザーの興味関心やWEBサイトの種類毎にターゲティングを行う事ができます。ターゲティング方法は大まかに2つのパターンがあります。

ターゲティングには、以下の2つが存在します。

  • 人のターゲティング
    広告を表示させる「人」を絞るターゲティングです。「◯◯に興味を持っている人」に広告を表示させる、といったイメージです。
  • 広告枠のターゲティング
    広告が表示される「枠」を持つサイト自体を絞るターゲティングです。「◯◯を扱ったサイトの広告枠」に広告を表示させるようなものです。

他にも類似ユーザーといったターゲティングもできます。類似ユーザーとは、ある条件を達成したユーザーに、近しい性質を持ったユーザーに広告を表示する事ができます。

条件の設定方法はかなり自由に設定する事ができます。例えば、商品を購入したユーザや、ある特定のページを訪れた事があるユーザーなど多くの設定を行う事ができます。アカウント内に一定のデーターが溜まっているアカウントであればかなり強力なターゲティングを行う事ができます。

リマーケティング広告が強力

オーガニック、広告問わず、自社サイトを訪れたユーザーをリスト化し、そのリストによりターゲティングを行う方法です。サイトを訪れると、その広告をネット上でずっと出てくることかありませんか?それがリマーケティング広告です。
簡単に説明しますと、一度サイトを訪れたが離脱してしまったユーザーを追跡する広告です。

サイトを訪れるユーザーの9割はコンバージョンすること無く離脱していると言われています。基本的にユーザーは商品を知ってから、比較・検討期間が必要になりますので、即決に至ることは少ないのです

ディスプレイ広告についての記事