沖縄での集客の成功事例

沖縄での集客の成功事例

WEB広告をいざ始めようにもどんな効果が出るのか分からないし、他社の成果をネットで見ても、「自社で同じ効果が出るのとは限らない」と不安に感じている方も多いと思います。

「どれくらい効果が出るのだろうか」「うちの会社でも本当に効果があるのか」という不安はほぼ全ての企業が抱えている悩みです。

特に地方では、あまりWEB広告は浸透しておりません。ここ数年で理解も深まってきてはおりますが、WEB広告をいまいち理解しきれていない担当者様もまだまだ多いのが現状です。

WEB広告は企業にとって無視しきれない広告手段となっておりますので、広告の概念を理解して、自社に最適な配信方法を見つけていく必要があります。

広告の種類

広告を始めたいと考えるなら、大まかにGoogleやyahoo!が提供するリスティング広告(ディスプレイ広告)かSNS広告のどちらかになると思います。媒体ごとに広告の特徴やメリットが違いますのでうまく使い分けることが大切です。

リスティング広告

リスティング広告には大きく2つのメリットがあります

検索結果で上位表示が可能となる

ユーザーの大半は検索結果を回遊することなく、1ページ目の中からサイトを選択し、流入します。細かくいいますと、検索1ページ目、さらにその中の上位表示されているもサイトの中から興味がある物を選択して流入します。

つまり、サイトの上位表示が可能になるリスティング広告はユーザーに認知されやすく流入してくれる可能性が高くなります。

モチベーションの高いユーザーに表示できる

リスティング広告の最も大きな利点はこれだと思います。

「検索する」というのは、その検索キーワードに関する情報を求めているということになります。検索という能動的アクションを起こしているので、インフィード広告やディスプレイ広告などの受動的広告に比べ、クリック率やコンバージョン率は高めに推移する傾向になりますので、高い広告効果が期待できます。

SNS広告

SNSはFacebookやインスタグラム。ツイッターなどいくつも種類がありますが、共通の特徴は以下の2つです。

画像とテキストを大きく表示可能になる。

他の広告ではサイトの端に用意されている広告枠に画像だけやテキストのみの広告を表示するという形式です。サイトの閲覧の邪魔にならないように枠が設定されていますので、広告だと気づくユーザーは少なく、そのほとんどがスルーされております。しかし、SNS広告はフィードと呼ばれる友達の投稿の間(いわゆるタイムライン)に大きく表示することができます。画像や長文のテキストで、ブランドや商品のイメージを存分に伝えることができます。

広告感がない

リスティング広告やディスプレイ広告はユーザー目線では「あからさまな広告」と捉えられ、敬遠されてしまう可能性があります。しかしSNS広告は友達の投稿の間に表示するので、広告感を消すことが出来ます。それにより自然とユーザーに寄り添うことが出来ます。

成功事例の一部をご紹介

同じ地域の成功事例を見ることで、より具体的なイメージが湧くかと思います!

下記記事の中から一部抜粋してご紹介します。

広告文を改善して目標CV数を達成したリスティング広告の成功事例

沖縄のブライダル会社のリスティング運用の事例です。

以前に内製でリスティング広告運用を行っており、コンバージョンポイントとしては来店予約やその他資料請求などお問い合わせ獲得を目的として広告を配信しておりました。

しかし、自社運用ではコンバージョン数が思うように上がらなく、ワンクルーズにリスティング広告の運用依頼がありました。

内製していた頃と比べ、1番の変更点は検索広告のテキスト文章です。

インターゲットを20~30代女性に設定し広告文を作成していきます。またホームページ内の内容をテキストに起こすだけの広告文ではなく、具体的に若い女性目線で見たくなる広告文を考えることが重要です。

競合他社と比較した際の違い、そして強みのあることを主張できる内容に変更いたしました。

価格や品質、キャンペーン内容、独自の特典などしっかりと強みを含んだ広告を考えていきます。例えば「~2/28までのお得な特典」や「6タイプのチャペル」など、具体的なアピールポイントを訴求していく事でユーザーの反響が高まります。イメージを膨らましやすくすることで安心にも繋がる為、ユーザーからのクリック率が上がる傾向にあります。

上記の様な事例をいくつかまとめていますので、自社に近い事例を確認して頂きて、リスティング広告のイメージを高めてください。

近しい事例がない場合はワンクルーズにご連絡下さい。喜んでいただける様な提案をさせて頂きます。

沖縄の集客の成功事例についての記事