Facebookによる集客

Facebook広告は高い費用対効果を出せるのか?

企業のWeb担当者であればFacebook広告について検討されたことがある方は、少なくないのではないでしょうか。

Facebook広告を考えている方・すでに配信している方・効果が出ないと止めてしまった方。と、状況は様々だとは思いますが、誰もが気になっていることとして、Facebook広告の費用対効果があげられると思います。

結論から言うとFacebook広告を使って集客できる可能性はまだまだあると思います。

しかし、効果を出すには最低限の知識と技術が必要になってきます。今から広告の出稿を考えている方は、この記事を読んで、広告の費用対効果を高める術を身に付けてください。

現在広告出稿中の方や、Facebook広告の配信で効果が出なかった方も、今一度この記事を読んで、自身の広告と見比べてみてください。きっとどこか違う点、考えきれていなかった点(戦略)があると思います!

Facebook広告の費用対効果

よく、いろいろな所で、Facebook広告は他の広告と比べて費用対効果が良い!なんて聞くかと思いますが、そもそも広告配信の目的(目標)をしっかりと決められている方が少ないと思います。

自社の目的をしっかりと定めなくては目標達成できたのか、費用対効果が良いのかは、判断はできません。まずは、自社の目的をしっかりと見定める事が大切です。

広告配信の目的は?

Facebook広告を配信する場合、よくある目的としては大きく2つあります。

会社または商品を知ってもらう認知拡大

1つ目はブランド認知拡大やブランドへの理解度を上げることを目的とした広告です。ブランディング広告の場合、おそらく、最終目的は競合商品より自社商品の方を先に思い出す。状態を作り出すことです。

例)ユーザー「リスティング広告といえばワンクルーズ!」

そのために、広告をクリックしてWebサイトを見て欲しいのか、フォロワーを増やしてファンを獲得したいのか等、更に細かい目的を設定する必要があります。

認知拡大広告は、費用対効果を設定するのはなかなか難しいです。なぜなら売上に直結しない分、価値を判断しにくいからです。

成果の計測(広告の価値判断)ができないと、成功なのか失敗なのかわからず、上司も努力を認めてくれません…。

ですので、ブランディング広告で、達成したい目的をしっかり作り、上司と共有することが大切です。

集客を行い売上に直結させる

こちらは、成果を図る方法が見つからなければ、広告の運用代理店などに聞いてみるのが一番手っ取り早いと思います。

ワンクルーズにご連絡いただければ、そのブランディングが費用対効果が高いのか、低いのか伝えた上で、ワンクルーズだと、どれくらいの費用対効果で広告を配信できるか提案させていただきます!

ワンクルーズ料金プランワンクルーズは取り扱い注意!? 集客出来すぎちゃって困ちゃう! 忙しくなって困っちゃう! 日本初!?ワンクルーズだけの明朗会計広告...

集客を行い売り上げに直結させる。とはその言葉通り、ユーザーを集客し、商品(サービス)を買ってもらう事です。商品の魅力をユーザーに伝え、金額や値引き率、限定感や特典などを強く訴求している広告なんか見たことあるのではないでしょうか。

こちらの費用対効果は、ブランディングよりは計りやすいです。商品の損益分岐点やLTV(ライフタイムバリュー)から、どれくらいの単価で集客すれば黒字になるか計算ができるからです。

他にも資料請求を獲得する広告であれば、商品の原価のうち、「割り当てられている広告費×成約率」から導き出すこともできます。

こちらも自社で計算することや、その目標を達成する事が現実的に可能かどうか分からなければ、プロに聞いてみることをお勧めします。

複数媒体で広告を配信することで最適化を図り、145組集客!今回の事例は、ハウスメーカーT社の事例です。T社は札幌を中心に全国展開している、大手ハウスメーカーです。今回の広告の依頼内容は、T社から...

Facebook広告の費用対効果高い理由

Facebook広告の費用対効果が高い理由はいくつかありますが、一番の要因は『高いユーザータゲティング能力にあります。』

ほとんどのWeb広告媒体は、広告を作って配信するだけではなく、誰に表示するかを設定する事ができます。

例えば、看護師の求人サイトの広告であれば、看護師に配信する必要があります。歯科衛生士に配信しても意味がありません。(当たり前ですね笑)

Facebookはこのユーザーの分類能力(例で言えば看護師と歯科衛生士を判断する能力)がとても高い事から、高い費用対効果で広告を配信する事ができます。

他の広告媒体はターゲティング精度が20%台と言われている中。Facebook広告は、他の広告媒体に比べ圧倒的に高い、90%超と言われております!

Facebook広告で可能なターゲティング

  •  地域
  •  年齢・世代・性別
  •  興味関心
  •  行動(旅行予定・アプリ利用状況など)
  •  学歴・職歴
  •  子供の有無(その年齢)
  •  ライフイベントetc…

他にも設定次第では自社製品の購入顧客の類似ユーザーに配信。なんてことも可能です。これらのターゲーティングが90%以上の精度でできるからこそ、Facebook広告は今でも根強い人気があるのです!

Facebook広告で効果を出すために

Facebookで広告費用対効果を高めたいと思ったら最も気をつける点が2つあります。

  1. ターゲティングは正しく行われているか。
    先ほども書きましたが、Facebookはターゲティング精度が高い事から、費用対効果がとても高いとされています。せっかくターゲティング精度が高いのに、誤ったペルソナ設定が行われていると、高い費用対効果は見込めません。成果が出ないときは自社の見込み顧客像と、ターゲティングの間に乖離がないか、今一度確認してください!
  2. 画像は魅力的か
    『画像を制するものがFacebookを制する』といっても過言ではないほど、画像(バナー)は大切な要素になってきます。Facebook広告は画像を大きく見せる事ができる形式の広告です。ユーザーのほとんどは、テキストを見ずにバナーのみで広告を判断します。(もちろんテキストもみる方は一定数いますが。)

ですので、ユーザーが魅力的と感じる画像を作る必要があります、更にFacebookのバナーはなんども配信していると、ユーザーに飽きられてしまうので、頻繁にバナーを変える必要があります。

バナー作成はめんどくさい(お金がかかる)作業ですが、サボらず定期的に変えてあげてください!

【Facebook広告】画像作成ルールと魅力的な画像とはFacebook広告で魅力的な広告なのか、誰も見向きもしないダサい広告なのかを分ける、最も大切な要素の一つが『画像』です。 配信設...

Facebook広告の配信前のチェックリスト

最後にFacebook広告を配信する際に一度チェックするべき項目を下記にまとめましたので、確認用として使ってください!

  1. ピクセルは埋め込んだか
    計測用のピクセルがサイトに埋め込まれているか確認してください。ピクセルが埋まっていないと、コンバージョンが計測できず、費用対効果もわからないので、システム的にも最適化をかける事ができません。
  2. キャンペーン目的は最適なものを選んでいるか
    広告作成時にアカウント目標を決めていると思います。こちらを自分で決めた広告配信の目的と合致しているか確認してください。
  3. コンバージョンイベントは有効か
    先ほど確認したピクセルがしっかりと計測できている状態か確認してください。こちらが無効になっていると、システムが最適化をかけられず。費用対効果を上げる事が難しくなります。
  4. 予算と期間は適切か
    Facebook広告の配信期間と予算を念入りにチェックしてください。こちらの設定を間違えると、予算をはけなかったり、反対に予算を使いすぎて顔面蒼白。なんてことになってしまいます。
  5. ターゲットは(地域・年齢・性別・詳細ターゲット)間違いないか
    ターゲット設定は先ほどもお話ししたように、Facebookの要ですので、細心の注意を払って確認してください。僕は札幌に住んでいるのに、一度Instagramで大阪の居酒屋の広告を見た事があります。(おそらく配信エリア設定を間違えたのかと、、、)
  6. 配置は最適か
    Facebookでは広告の配信面はできる限り多い方が機会損失もなく、費用対効果が良い。と言っております。しかし、商材によっては不向きな配置もありますので、初めは可能な限り多くの配置に出稿し、パフォーマンスが悪ければ絞っていきましょう。
  7. 広告設定は間違っていないか。(画像、テキスト、URL、ニュースフィード、アクション)
    配信広告のテキストやURLなど間違った設定はないか、誤字はないか確認してください。一通り確認した後、最終確認として、広告をプレビューで確認してください。「見栄えがいいか、魅力的な広告か」今一度チェックしてください。問題なければ配信を開始しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。Facebook広告で費用対効果を高めるための大切なことについて書きました。

これらはとても重要なことです。しかし、本当に大切なことはPDCAサイクルをいかに素早く回すかです。最初に立てたターゲット設定や、広告クリエイティブ(テキストやバナー)がぴったりとハマって、ベストなものだということは、まずあり得ません。

自分の広告は間違っているかもしれないという疑念を常に持ち、広告の配信切り替えを行うタイミングの判断と、次の施策をいくつ用意しているか。によって、広告は素晴らしいものに変わっていきます。

一朝一夕で体得できる能力ではなく、広告配信を通じて学んでいくしかありませんので、頑張って試行錯誤を繰り返してください!

広告配信の切り替えタイミングがわからない、次の施策を決めかねている。バナーを切り替えるリソースがない。というような場合は代理店に頼んでみるのも、広告の費用対効果をあげるための一つの判断です。

ワンクルーズにご連絡いただければFacebookのバナーのみならず、集客に関するどんな相談に紋理ますので、悩んでいる方はぜひご連絡ください!

ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。 ↓Twitterで広告に関係ありそうな事呟いています。
広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にWEBプロモーション事業を行うマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、Hokkaidoから、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です