ECによる集客

ECサイトへの効果的な集客術

ネットを活用して買い物を行うことが当たり前になってきた昨今、EC化率は年々上がってきています。
*EC化率とは、すべての商取引の内、電子商取引が占める割合のことを指します。


調査:経済産業省 商務情報制作局(平成30年4月)

図のようにECで売り上げを伸ばす大きなチャンスがやってきています。しかし、 EC化率の上昇に伴いECサイト数は年々増え、楽天やアマゾンなどのショッピングモールがより大きな力をつけてきています。

大手ショッピングモールに出店すれば、集客には困らない反面、出店料や手数料などが多くか買ってしまいます。しかし、自社ECサイトやネットショップへの集客となると、商品やサービスに高いブランド力や認知がないと、集客は簡単ではありません。

ECに大きなチャンスがある今、いかにライバルから抜きん出て、売上を上げるかがビジネスの分かれ目にもなります。

ECへの集客方法についてまとめました。

ECサイトへの集客方法

ECサイトは作成しただけでは誰にも見てもらえません。実店舗でもそうですが、お店がオープンしたらチラシをまき、お客さんに告知しなければ誰にも気づいてくれません。

ECサイトへの集客方法としては大きく分けて3つあります。

自然検索からの集客

自然検索とは、GoogleやYahoo!などのサーチエンジンの検索結果のうち、リスティング広告などの広告枠を含まない検索結果のことを指します。

青枠に囲まれた部分が自然検索となります。

自然検索に表示されるには、ユーザーが求めている質問(検索クエリ)に合致したサイトが表示される仕組みになっています。厳密にはもっと多くの要因があるのですが、詳しくは下記をご覧ください。

どちらから始めるべき?リスティング広告とSEOGoogleやYahoo!などの検索エンジンは毎日多くの人に利用されており、Webでの集客をはかる上では非常に効果的な施策です。サイトを...

自然検索は、表示するのに費用がかからないので、自然検索でユーザーを集客したいと考えている企業や担当者はとても多いと思います。

例えば靴下をECで販売している企業が自社ECサイトにユーザーを集客したいと考えていても、大手通販サイトが上位に表示されてしまうので、自社の靴下サイトには、ほとんどのユーザーは来てくれません。

1ページ目の上位に表示されているのは広告枠と大手通販サイトを除けば2社のみです。ですので、ただ自然検索からの集客を待っているだけでいつまで経っても集客はできません。

大手サイトより上位表示は難しいとしても、できる限り上位に表示しなくてはユーザーは来てくれません。

マクロミルの調査によれば、検索結果の1ページ目しか見ないユーザーは13.1%、2ページ目までは28.1%、3ページ目までは36.3%である事が明らかになった。つまり、3ページ目までしか見ないというユーザーは75.5%であり、4ページ以降に表示をされた場合、見てもらえない可能性が高いという事がわかった。

自然検索で上位に表示するには「SEO対策」を行う必要があります。

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、 検索結果で自社サイトを多く露出をするために行う対策のことです。

自社サイトを上位に表示するには、「SEO対策」を行い、サイトを構築していく必要があります。効果のあるSEO対策は知識のない人が簡単にできるものではないので、プロにお願いする必要があります。さらに、SEO対策の効果は短期間では効果が出るものではなく、長期間必要です。

つまり、実際には自然検索でユーザーを集客するには、長い時間とある程度の費用が必要になってきます。

SNSからの集客

ECサイト運営においてSNSは強力な集客ツールです。

SNSを使いファンを獲得しつつ、自社のブランディングや商品の紹介をしてECサイトへ集客を図ります。

ECサイトの運営においてオススメのSNSはInstagramとTwitterです。(提供する商品にもよりますが)

インスタグラムを使った集客

インスタグラムは他のSNSに比べて機能が充実しており、ECサイトへの集客は行いやすいと思います。

Instagramは画像をメインとしたSNSですので、商品数や多くの写真を用意できる場合はとても効果的に集客することができます。

ショッピング機能(ショップナウ)

インスタグラムを活用するEC事業者にとってはかなり重要度の高い機能です。

インスタグラムは投稿画像をリンクとして設定できない仕様になっていますので、商品を投稿しても、ECサイトまでの導線作成が難しいです。しかし、ショッピング機能を利用すれば、インスタグラムから購入までの動線がスムーズになります。

ショッピング機能(商品のタグが表示される)

ストーリーズにもショッピング機能は使用可能です。

ショッピング機能を使えば画像内の商品にタグ付けができ、タップすれば商品ページまで飛ばすことができます。

設定がなかなか難しいですが、EC担当者は是非利用して見てください。

Twitterを使った集客

Twitterの特徴に拡散性が高いというメリットがあります。他のSNSと比べ、いい投稿があると拡散される確率がとても高く、二次拡散による、宣伝効果が見込めます。

↓企業コラボによってもブランディングを図っている例

TwitterはInstagramのように画像をメインとしたSNSではありませんので、テキストで魅力を伝えたり、ユーザーとの交流を図ることでファンを獲得し、ECサイトへ集客します。

ツイッターを使った集客方法SNS広告というと、皆さんが真っ先に思い浮かべるのがFacebook広告です。理由を聞くと「有名だから」と答える方が大半です。しかし、ア...

しかしこれらの集客方法はすでにフォローしている既存顧客(ファン)へのアプローチですので(ツイッターの拡散性を除く)、新規開拓へは大きな効果がありません。

さらに、SEO対策やSNS運用は両方ともECサイト運営において、とても効果的ですが即効性はなく、長期的な運用により効果が出て来ます。

新規開拓を行いたい場合や、短期的に集客したい場合にはWEB広告で集客を図る必要があります。

広告を使った集客

上記で説明した自然検索とSNSを使った集客はもちろん効果的ですが、効果が出るまで長期的な時間が必要になって来ます。対してWEB広告を使えば、短期間で集客を行う事が出来ます。

自然検索ではサイト上位に表示するためにSEOを行い、長い時間かけてECサイトへの流入を促します。SNS集客ではアカウント運用を行い、ファンを獲得しつつ長い時間をかけてECサイトへの流入を促します。

どちらとも、ユーザーの目に止まるまでへの道のりが長く、短期的には効果が見込めません。

WEB広告を使えばユーザーの目に留まりやすい位置に表示する事ができます。

広告の種類

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo等のサーチエンジンの検索結果に表示されるテキスト型の広告です。自然検索の上部(または下部)に表示することのできる広告です。

広告ですので費用はもちろん掛かってしまいますが、上位表示するのに長期間必要なSEO対策とは違い、即座に上位ページに表示させることができます。

初めてリスティング広告の導入を検討されている方へ今の時代はWEBからの集客がカギになる!と考えているWEB担当者様は結構いると思います。そしてそれと同じくらい、Googleアナリティク...

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とはWebサイトやアプリ上の広告枠に表示できる配信方式です。表示できる広告は、テキスト・バナー画像・動画・GIF等様々なフォーマットで広告を配信することが出来ます。バナー画像を使った配信が多いので通称『バナー広告』と呼ばれています。

ディスプレイ広告はユーザーのターゲットを興味関心・性別・年収等で分類し配信できますので、自社のサービスを知らない潜在ユーザー層を狙って配信することができます。

検索広告は顕在的なニーズをもったユーザーに広告を配信できます。それに対しディスプレイ広告は潜在的なニーズを持ったユーザーに配信できるので、将来的な顧客の育成にも適しています。

SNS広告

SNS広告はSNS内のタイムライン(フィード)内などにフォロワーの広告に紛わさせて広告を表示する事ができます。

Twitter広告↓

Facebook広告↓

Instagram広告↓

SNS広告はターゲティングも正確です。自社ブログに興味のありそうなユーザーに絞って広告を配信できるので、高い費用対効果を見込めます。画像やテキストを使い企業やサービスの魅力を目一杯伝える事ができます。

こちらも広告ですのでもちろん費用がかかりますが、アカウントを長期間かけて育成し、ブログへの流入を増やそうとしていた事が、SNSで広告を配信すれば短期間で集客する事ができます。

まとめ

これはECサイトに限った話ではありませんが、自社サイトへの王道的な集客方法は、即効性のあるWEB広告を行い安定した集客をし、SNSアカウント運用でファンの拡大・集客能力の強化を図ります。

予算に少し余裕が出て来たところで、長期的目線を持ってSEO対策を始めることがサイト運営の王道パターンです。

集客方法を確立して安定した売り上げを出すことができれば、会社のビジネスチャンスも広がると思います。広告に関してわからないことや相談があればぜひワンクルーズにお問い合わせください!

ネット広告についてよくあるご質問料金について ネット広告の費用はどれくらいなの? ワンクルーズは1媒体月額10万〜から取り扱っております。他社の代理店では広告費用の...
ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。 ↓Twitterで広告に関係ありそうな事呟いています。
インターネット広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にインターネット広告事業を手掛けるWEBマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、札幌から、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です