気になる料金プランはこちら
ディスプレイ広告

最強配信!!スマートリスト・アナリティクスリマーケティング!

広告担当者や運用者でGoogleアナリティクスを使っている方は非常に多いように思います。アナリティクス上のデータを解析し、広告を調整することは多々あるかもしれませんが、アナリティクスのデータを直接転用し広告を最適化している方は少あまりいないように思います。

今回はGoogleアナリティクス上に蓄積された顧客リストを元に、広告を最適化する方法をご紹介します。

そもそもGoogleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。アクセス解析とはサイト内のユーザーの行動を分析し、最適化するものです。

サイトにはユーザーに達成して欲しい行動(コンバージョン)があります。アナリティクスの解析結果を元にコンバージョンを促せるように改善して行くことがアナリティクスの目的です。

Googleアナリティクスは基本的に無料で使用できます。Googleアナリティクスでは、サイト内のユーザーの行動を分析できます。例えば、「サイトの訪問者数」「訪問者の流入元は」「使われたデバイスは何か」などのデートを計測できます。

多くの担当者はこちらのデータを元に戦略策定やサイトの改修、広告の調整を行うと思いますがGoogleアナリティクスではそのデータを元に広告を最適化することが可能です。

Googleアナリティクスでは蓄積したデータを元に「スマートリスト」「スマートゴール」「GAリマーケティング」の3つの種類があります。3つの最適化の違いと設定方法について詳しく説明していきます。

なお、アナリティクスとGoogle広告の連携方法はこちら

Googleアナリティクスとアドワーズを正しく連携|2つのメリットを徹底解説広告の運用データをグーグル広告で確認して、アクセス周りはアナリティクスで分析、これらを切り分けて使っている方も多いのではないでしょうか?...

スマートリストとは

スマートリストとは、コンバージョン数を最大限に増やすことを目的とした、リマーケティングリストです。コンバージョンに至りやすいユーザーリストを複雑な設定不要で1クリックで設定できます。

スマートリストはGoogle アナリティクス上の蓄積データ( 位置情報、端末、ブラウザ、セッション時間、ページ閲覧深度etc..)を分析することで、その後のセッションでコンバージョンに至る可能性の高いユーザーを見極め配信することができます。

スマートリストは自動作成されます。しかし、自動作成にはいくつかの要件があります。

スマートリスト自動作成の要件:スマートリストは、トランザクション数とページビュー数が「eコマースのトランザクションが毎月500件以上」かつ、「1 日のページビュー数が10,000回を超えるサイト」で作成されます。

これに満たない場合は類似するビジネスから匿名で提供されたコンバージョンデータに基づいてスマートリストが生成されます。

設定方法方

① Google アナリティクスの「管理」を選択
② Google アナリティクスのプロパティ設定にある「ユーザー定義」から[ユーザーリスト]を選択
③ ユーザーリストを定義するGoogle アナリティクスのビューと、Google広告のアカウントを選択
④ ユーザーリストの定義の中にある[スマートリスト]をクリックし完了です!

スマートゴールとは

基本的にサイトの成果を図るにはコンバージョンタグを設置することである程度の計測は可能です。しかし、何かしらの理由で(サイトの性質上等)コンバージョンタグを設置出来なかったり、実店舗来場計測等の場合なかなか計測しきれません。

スマートゴールは、ウェブサイト上に明確なコンバージョンの指標がないサイトでも、最も品質の高いと判断される訪問をコンバージョンとして使用できる機能です。

スマートゴールは、匿名化されたコンバージョンデータを基に、コンバージョンに至る可能性が最も高いサイトへの「セッション時間」「閲覧ページ数」「地域」「デバイス」「ブラウザ」といった訪問データのシグナルを参考にして導き出された、CVに至る可能性の高いユーザーをリスト化します。

スマートゴールの使用要件はいくつかあります。

  • スマートゴール開始30日前に、Google広告から 1,000 回以上のクリックが、選択したGoogle アナリティクスのビューに送信されている
  • レポートビューに表示されるヒット数が、1日あたり100万件以下
  • アナリティクスアカウントで、[データ共有設定] の [Googleのプロダクトやサービス] がオンになっている

設定方法

① [管理] セクションで、[ビュー] 列の [目標] から、[+新しい目標]を選択すると、[スマートゴール] と表示されますので選択します。
② 「運用ツール」の中にある「コンバージョントラッキング」から「Google アナリティクス」を選択
③ インポートしたい項目にチェックを入れて、[インポート]ボタンをクリックして次のページに進みます
④ インポートするコンバージョン設定を確認し、[目標をインポート]ボタンをクリックしたら完了です!

GAリマーケティングとは

リマーケティング機能はもともとGoogle広告からも出来ますが既存のリマーケティング広告より、GAリマーケティングのほうがより精度の高い訴求が可能になります。

来のリマーケティングではサイト来訪を軸にしたターゲティングしか出来ませんが、GAリマーケティングでは100 以上の豊富なセグメント設定によりユーザーリストを作成でき、従来ではできなかったマーケティングの目的や期待する費用対効果にあわせたユーザーをターゲットにした広告配信を行うことができます。

設定方法

① Googleアナリティクスの管理画面から「管理」をクリックし、アカウントのリンクを行ったアカウント、プロパティを指定します。

② プロパティの列、「リマーケティング」→「リスト」の順に選択します。

③ 「+新しいリマーケティング リスト」を選択します。

公式コミュニティ内の記事に記載されているGAリマーケティングのセグメントによる分類事例をいくつか紹介します。

Ⅰ.新規にサイトに訪問したユーザー【新規顧客獲得向け】
ページに初めて訪れるユーザーをリピーターに変えるため、 新規ユーザーのみのユーザーリストを作成し、広告を配信することができます。

引用:Google アナリティクス リマーケティングでできること

Ⅱ.過去7⽇間のサイト滞在時間が○秒以上のユーザー【低単価CPA向け】
サイトコンテンツにしっかりと目を通したユーザーは有望な見込み顧客の可能性が高いです。有望な見込み顧客のみの質の高い配信ができます。

引用:Google アナリティクス リマーケティングでできること

Ⅲ.⽬標を達成したユーザー【複数のCVポイントがあるサイト向け】
一度コンバージョンしたユーザーに向けて広告を配信することができます。例えばECサイトでCVしたユーザーに他の商品を勧めたり、会員登録はしているが商品を購入していないユーザーに向けて広告を配信するなど確度の高い配信ができます。

引用:Google アナリティクス リマーケティングでできること

Ⅳ.SNS からサイトに流⼊したユーザー【SNS を利用している企業向け】
SNS 上の企業ページからサイトに流入したユーザーに対して改めて広告配信することで、SNS ページの活性化と SNS ページにおけるコンバージョンの増加が期待できます。

引用:Google アナリティクス リマーケティングでできること

まとめ

Googleアナリティクスは単なる解析で終わってしまっている方が多いですが、実際にコンバージョンまで結びつけることができるとても使い勝手の良いサービスですので、今まで使っていなかった方や、今回紹介した配信方法を使用していない方是非試してみてください!

ABOUT ME
池田健人
池田健人
ワンクルーズ初の新入社員。 新卒採用を行っていなかったワンクルーズで採用された強者。 仕事やプライベート、関わる全ての人たちの幸せを作る事が目標。
広告運用のご相談はこちら

株式会社ワンクルーズは、北海道札幌市を拠点にWEBプロモーション事業を行うマーケティングカンパニーです。WEBを駆使し、Hokkaidoから、全国そして世界を代表する企業を目指します。

様々なニーズに応じた的確なプランニングを行い、ローカルビジネスに特化したWEB広告の集客手法で、ローカル企業がいかにWEBで集客しビジネスを成功させるかをサポートします。

実績を評価されGoogle社から受けた動画取材

メールでのご連絡電話でのご連絡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です